会社設立にかかる初期費用ってどれくらい?何にどれだけお金がかかるの?

会社設立にかかる初期費用ってどれくらい?何にどれだけお金がかかるの?

会社を設立するにあたり、資本金の設定やら色々とお金の事を考える機会も多くなります。そもそも、会社を設立するとしたらどれくらいのお金を用意しないとならないのでしょうか?

業種や規模によっても変わりますので絶対にいくら必要!とは言い切れませんが、こういう部分にお金がかかるという参考にしていただければと思います。 

1.最低限必要な「設立登記」費用

会社を設立するには、定款(会社を運営するために必要なルールを定めた、会社内で適応する法律のようなもの)を作成し法務局に登記の申請をする手続きが必要です。

【設立項目決定→定款の作成・認証→登記書類の作成→会社設立登記→開業届】という順で行い、設立登記には費用が発生します。

会社設立にかかる初期費用ってどれくらい?何にどれだけお金がかかるの?

この表から考えると、約25万円かかる計算になります。

ちなみに「定款にはる収入印紙代」に「電子定礎の場合は不要」とあります。4万円削減できるなら電子定款にしたいと思いますよね。電子定款にするためには専用の機器が必要となるため、機器の購入で逆にお金がかかってしまうという事が考えられます。

では、あきらめて4万円払うかとなりますが、「会社設立代行業者」という設立代行の業者を使うと費用も時間も節約できるかもしれません。

会社設立代行業者は電子定款を作成する機械を持っているところがほとんどです。

数万円程度で実施してくれるので、仮に1万円で代行してもらうと、

設立登記にかかる費用25万円-定款用収入印紙代4万円+代行費用1万円=22万円と

3万円ほど安くなります。代行費用が4万円より高くなる場合は自分でやったほうがいいことになります。代行費用がいくらかかるのかはしっかり確認が必要です。

2.事務所関連費用

自分の自宅をオフィスにする、あるいは個人事業からの法人成りで現在の場所をオフィスにするという場合以外はオフィスを用意すると思います。

オフィスの選択肢としては「賃貸オフィス」「レンタルオフィス」「バーチャルオフィス」「自宅」と分かれますが、自宅以外はそれぞれに費用が発生します。

それぞれの違いは割愛させていただきますが、事務所を借りる場合は下記のような費用が発生すると考えられます。

(1)仲介手数料

仲介業者を利用して事務所を探した場合にその業者に払う費用です。

家賃の1ヶ月分程度が相場ですが、無料の場合もあるようなので事前に確認しておきたいところですね。

(2)敷金・保証金

敷金は居住用、保証金は事業用として使われることが多いようです。

主に退去する際の原状回復費用で、キレイに使用していると退去の時に返金されることがあります。事務所の場合は家賃の6ヶ月から10か月が相場のようです。契約の内容によっては、何年以上の入居で何パーセントを保証金として返金など段階的な契約の場合もあるようです。

(3)礼金

物件の大家さんに支払う費用です。こちらも家賃の1ヶ月分が相場になります。

大まかに分類すると上記のような費用がかかります。他にも、レンタルオフィスを使用する場合は、「前払い家賃」が発生します。自宅を事務所と兼用で使用する場合は、このあたりの費用は不要となりますが、事務所を借りて会社設立をした方が信用度があがり大きな仕事が取りやすい傾向にあるようです。

会社設立にかかる初期費用ってどれくらい?何にどれだけお金がかかるの?

家賃15万円で前払い家賃が発生すると仮定してシュミレーションすると、135万円かかります。事務所を借りる場合は、コストをなるべく抑えられるように、どのようなタイプのオフィスを借りるのか、借りる際にどのような費用が発生するのかをしっかり検討する必要があるようです。

3.事務用品関連費用

会社を運営していくには事務用品は絶対に必要ですね。

パソコンやデスクなど最低限必要な備品類でシュミレーションしてみます。

会社設立にかかる初期費用ってどれくらい?何にどれだけお金がかかるの?

プリンターなどの印刷機器はリースにするという方法もありますが、上記の内容でざっと、62万円です。

事務用品に関しては値段も様々なので、初期費用を抑えたい場合はここで調整するという方法がベストではないかと思います。電子機器などは安すぎて保証内容が不十分だったり、すぐに壊れてしまい結果的に余計なお金がかかるという事の無いように注意が必要です。

 4.広告関連費

せっかく会社を設立したのですから、会社を知ってもらう必要があります。

会社の顔となる企業ロゴを作成し、営業ツールである名刺を印刷し、ネット社会でしっかりアピールするためにはホームページを開設するという宣伝の必須3点セットというところでしょうか。

(1)企業ロゴの作成

大辞林には『企業やブランドイメージを印象付けるように、ロゴタイプやマークを組み合わせて図案化したもの』がロゴマークであると記載されています。

ロゴデザインを製作してくれるデザイン会社は多数あります。価格もまちまちなようですが、テキスト部分(ロゴデザイン)で3万円、ロゴマークで5万円くらい、まとめて頼むと10万円程度が相場と言えそうです。

(2)名刺作成

名刺に関してはある程度の情報が記載してあればよいという場合と、しっかり作りこみたい場合で価格は大きく異なります。

自社でデザインして印刷のみ外注という場合であれば数千円でも作れます。

デザイン会社にデザインをしてもらう場合はこちらも3万円~5万円はかかる場合があります。印刷会社などでデザインから印刷まで安くできる場合もあるのでコストとデザインのバランスを見ながら効果的に作成することをおすすめします。

(3)ホームページ開設

企業サイトや情報サイトの全般をホームページと言います。新規で取引をする際などにどんな会社かをホームページで確認するなど、最近ではホームページがあるのは当たり前な世の中になっているのではないでしょうか?

ホームページ制作の相場はだいたい20~30万円くらいのようです。ここまで、広告関連費用でざっと43万円くらいかかるということですね。

まとめ

ざっと会社設立にかかる初期費用をシュミレーションしてきました。

それではまとめてみましょう。

会社設立にかかる初期費用ってどれくらい?何にどれだけお金がかかるの?

総額265万円となりました。会社設立には最低でも300万円は用意しておいた方がよいということですね。法務省の統計では企業資金は500万円がもっとも多いという結果があるようです。会社設立時の計画をしっかりと作成し、設立当初から従業員を雇うなど

コストがかかる部分を洗い出しておきましょう。しっかりと計画しておけば資本金を設定する時にも役にたつと思います。

お知らせ

会社設立にかかる初期費用ってどれくらい?何にどれだけお金がかかるの?