マル経融資の審査基準は?マル経融資の基本から審査通過の秘訣まで解説

マル経融資の審査基準は?マル経融資の基本から審査通過の秘訣まで解説
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

マル経融資は、商工会からの経営指導を受けている事業者が利用できる融資制度です。低金利かつ運転資金・設備資金のいずれにも使用できるため、事業者にとって検討する価値のある制度と言えます。しかし、融資を受けるには審査に通過しなければいけません。マル経融資の審査はそもそもどのような審査基準でおこなわれているのでしょうか?

今回はマル経融資の基本のおさらいから審査通過の秘訣まで、詳しく解説します。

マル経融資とは

マル経融資とは日本政策金融公庫の「小規模事業者経営改善資金融資制度」の略称です。

事業を運営していくうえで資金は必要不可欠なものですが、資金を入手するには様々な条件や要件を満たさなければならず、ハードルが高いケースがあります。特に中小企業などで資金繰りに頭を悩ませている事業者の方であればなおさらでしょう。

マル経融資はそもそも資金繰りが厳しい小規模事業者の経営をバックアップすることを目的に設置された公的な融資制度です。経営状況が不安定でも民間金融機関より間口が広く、商工会議所や商工会などの経営指導を受けていれば利用することができます。

マル経融資は主に設備資金や運転資金と事業資金として広く活用することができ、最大で2000万円の融資を受けることができるのが魅力ですが、個人的な生活資金など事業の運営と関係のない利用用途では使用できないので注意しましょう。

マル経融資の基本的な概要は次の通りです。

対象者・従業員が20人以下の小規模事業者
借入用途・運転資金
・設備資金
融資限度額2000万円
利率1.21%(令和3年6月1日時点)
返済期間・運転資金:7年以内

・設備資金:10年以内

マル経融資のメリット・デメリット

マル経融資は小規模事業者にとって「借りやすい」というメリットがありますが、一方でデメリットもあります。

利用するときはメリットとデメリットを理解しておくようにしておきましょう。

メリット:比較的低金利かつ、無担保無保証で借り入れることができる

マル経融資は、中小企業の振興を目的としています。資金繰りが難しい小規模企業の事業主を救済するために設けられたという事情があるため、無担保および無保証人で借入れできます。そのため担保・保証人を用意できない事業者の方でもチャレンジしやすい環境が整っています。

また、金利が1%台と、カードローンなどと比べて低いこともメリットです。日本政策金融公庫では融資制度・使いみち・融資期間・担保の有無などによって異なる利率が適用されており、マル経融資は「特別利率F(1.21%)」の対象となっています。一般的なカードローンなどの金利が4%~15%程度であることを考えると、その低さがよくわかります。

参考|日本政策金融公庫 国民生活事業(主要利率一覧表)

デメリット:創業間もないと利用できず、受けるまでに準備期間も必要

マル経融資は低金利で無担保・無保証でも借りやすいという特徴がありますが、一方で創業1年以内の事業者は利用することができないという注意点もあります。というのもマル経融資に申し込むためには、直近2期分の決算書や確定申告書が必要なためです。創業直後で融資を考えているのであれば同じ日本政策金融公庫の新創業融資制度などの利用を検討してみてください。

ほかにも商工会議所又は商工会の指導を6ヶ月以上受けることも必須条件なので、「資金繰りが大変だから今すぐ借りたい!」と思ってもすぐに融資を受けることもできません。

マル経融資を利用するときはお金が手に入るまでにかかる期間を逆算して計画を立てるようにしましょう。

マル経融資の融資を受けるための5条件

マル経融資を小規模事業者であれば基本広く利用することができますが、次の5つの条件を満たしている必要があります。

条件1:従業員が20人以下の法人・個人事業主であること

マル経融資を利用できるのは「常時使用する従業員が20人以下の法人・個人事業主」です。さらに商業・宿泊業および娯楽業を除くサービス業は5人以下でなくてはいけません。

条件2:1年以上の事業実績があること

マル経融資を受けるためには事業を立ち上げてから1年以上経過している方が対象となります。

創業の資金としてお金を必要としている方には向かないでしょう。

条件3:商工会議所の経営指導を6ヶ月以上受けていること

マル経融資で商工会議所の経営指導が必要とされているのは、そもそも、経営改善に取り組む事業者のための融資制度だからです。経営改善に取り組んでいる証明ができなければマル経融資の対象とならないので注意しましょう。

「経営改善」という言葉に引っ張られて必要以上に難しく考えることはありません。2ヶ月に1回程度、会社を訪問して行われる経営指導を、この6か月間受けていれば条件を満たすことができます。

商工会議所の公式HPで全国の商工会議所の場所を検索することができるので、まだ経営指導を受けていない方は検索してみてください。

参考|日本商工会議所

条件4:税金を滞納していないこと

マル経融資の利用はあくまでお金を「借りている」状態になります。資金繰りが厳しい小規模事業者を支援する目的とはいえ、資金の返済を前提として資金を貸し出しています。そのため事業者の返済能力は重視されます。

例えば、払って当たり前の税金を滞納しているなどしていると、「納税できないほど資金繰りが悪化している」と判断されかねません。当然そのような事業者に融資はされないので、マル経融資を受けるときは身の回りで滞納しているお金を清算しておく必要があります。

条件5:日本政策金融公庫の融資対象外でないこと

貸金業やソープランド、パチンコ店、取り立て業などは日本政策金融公庫の融資対象外に分類されています。

これらの業種はそもそも日本政策金融公庫を利用できないので、マル経融資も利用できません。

マル経融資の審査の流れ

これまでマル経融資の基本的事項についてお話ししてきました。ここからはマル経融資の融資を受けるための具体的な審査の流れをご紹介します。

主な流れは次の通りです。

マル経融資の審査基準は?マル経融資の基本から審査通過の秘訣まで解説

出典:創業融資ガイド

ステップ1:まずは商工会議所の審査を受ける

まずは商工会議所で経営指導を受け、日本政策金融公庫に推薦してもらえるかどうかの審査を受けなくてはいけません。

6か月間の経営指導の後、必要書類を商工会議所に提出して申し込む

6か月間の経営指導後、経営指導員にマル経融資を希望すると、マル経融資の概要について説明と面談が行われます。きちんと経営の改善にしっかりと取り組んでいる場合には申し込みに必要な書類を受け取ることができるので、必要情報を記入し、商工会議所に提出することになります。

商工会議所で審査会が開催される

提出した経営指導の成果や決算書の数値などを提出した書類をもとに商工会議所で審査が行われます。無事に通過すると、自動的にそのまま日本政策金融公庫に推薦してもらうことができます。

ステップ2:商工会議所の審査結果と提出書類をもとに日本政策金融公庫が最終決定をする

商工会議所での審査に通過し推薦状を得ると、日本政策金融公庫で審査が行われます。推薦状を獲得したからと言って、100%最終審査に通過するとは限りません。日本政策金融公庫では推薦状のほかにも提出書類などをもとにあくまで総合的に判断されるからです。提出書類に著しい不足があったりすれば、当然審査は不合格になるでしょう。

無事に通過すると決定通知と一緒に借用書や個人情報の同意書などが送られてくるので、必要事項を記入したうえで返送します。

ステップ3:融資を受ける

返送した書類に不備がなければ、指定した預金口座に融資を受け取ることができます。

マル経融資で審査に落ちないために必要なこと

マル経融資の審査の流れについてご紹介しましたが、その中でも審査に通過するために特に重要なのは商工会議所の審査に提出する書類です。

商工会議所の審査に通過しなければ、そもそも日本政策金融公庫の最終審査に進むことすらできません。逆説的に商工会議所と日本政策金融公庫の間に信頼関係が結ばれているため、商工会議所の審査に通過すれば「商工会議所が認めたなら、大丈夫だろう」と日本政策金融公庫の審査でも多少通過しやすくなるのです。

そういう意味で商工会議所の審査はその後の展開を予想する上で重要になります。商工会議所の審査を受けるときは次の3つのことは絶対に守るようにしましょう。

その1:資金の使い道を明確にする

商工会議所は「経営状況の改善」を目的としてマル経融資を行うため、借入金を有益に使えるかどうかを重視されます。最低限、設備資金に充てるのか、人件費に充てるのか、その使用用途は明記しておきましょう。資金の使い道が具体的になっていないと、経営状況を改善する気がないと判断され、審査に落ちてしまうので要注意です。

その2:返済計画を提出する

どのような融資でも、借り入れるときは返済することが前提となっています。経営状況や今後の資金計画次第で返済が不可能と判断されると審査には通りません。

これは赤字の事業者は借りることができないということではありません。現時点で赤字でも、融資を受けた後の事業計画で経営状況が改善する見込みがあり、かつ実現性が高いと見込まれれば審査に通過する可能性があります。

大切なのは具体的な事業計画をもとにした返済計画書を提出することで、返済の意思をアピールすることです。

その3:税金の滞納問題を解決する

税金は払って当たり前です。電気代や電話代などといった公共料金の支払いが滞っている人は、慢性的に金銭が不足している人であると判断され返済能力なしみなされやすいです。融資を行う側としてはきっちり返済をしてもらえそうな人に優先的に支援しようと思うのは自然なことです。

もし、現在税金や生活費で滞納しているお金があるのであれば、マル経融資の審査を受けるのは時期早々です。まずは滞納金の返済を優先しましょう。

マル経融資の審査に落ちてしまう人の特徴

商工会議所の審査に通過し、書類もきちんと提出したはずなのに、それでも日本政策金融公庫の審査に落ちてしまう事業者の方も残念ながらいらっしゃいます。

審査に落ちてしまう方の特徴は主に次の2つです。ご自身は大丈夫かいま一度チェックしてみてください。

面談での印象が悪い

マル経融資の審査では日本政策金融公庫の担当者と面談をすることになります。面談では融資を受ける必要性や今後の事業計画などについて詳しく聞かれますが、そこできちんと答えることができなかったり、熱意が無いと判断されたりすると審査にマイナスになる可能性があります。

すでに借り入れをしている

またすでに消費者金融や金利が高い借り入れなどを行っているケースも審査に落ちやすくなるでしょう。

複数の借り入れを行っているとそれだけ経営状況が深刻だと思われやすく、いくつもの返済しなければならないお金を抱えていては「ちゃんと返してくれるのか?」と貸し手としても不安になるからです。

現在別の借り入れがあるのならマル経融資の審査の前にすべて返済しておくことを目指すようにすることが大切です。

新型コロナウイルスはマル経融資の審査に影響する?

2020年から世界的に大流行している新型コロナウイルス感染症。多くの事業者の方が緊急事態宣言などの影響で、事業に大きな被害を受けていらっしゃることでしょう。そんな昨今の状況で、マル経融資の審査は例年と比べて変化があるのでしょうか?

コロナ禍でも審査に大きな変化はない

結論から申し上げれば、コロナ禍でもマル経融資の審査に特別大きな変化はありません。

ですがマル経融資の制度の中では、新型コロナウイルスの感染拡大の煽りを受けた事業者の方々を支援するために、特別枠を設けています。

マル経融資の新型コロナウイルス感染症に関する拡充措置について

マル経融資の新型コロナウイルス感染症に対する措置では次の2つのレギュレーションがあります。

融資限度額は1,000万円、審査過程は変わらない

新型コロナウイルス感染症の影響により、直近1か月間等の売上高あるいは過去6か月(最近1か月を含む)の平均売上高が過去3年のいずれかの年の同時期と比較して5%以上減少しているか、似たような状況にある場合に利用することができます。

通常のマル経融資の融資額にプラス1,000万円が融資限度額となるので、条件に当てはまる方は利用を検討されてみてはいかがでしょうか。

通常の融資よりも優遇されている

利子や返済についても、通常の融資より優遇措置が取られています。最初の3年間金利が0.31%に引き下げられ、日本政策金融公庫が行っている「特別利子補給制度」と併用すれば実質3年間無利子で利用することができますし、据置期間も通常の期間よりも延長されているのです。融資を受けてもすぐに返済に追われるということがないので事業者の方にとっても利用しやすいでしょう。

まとめ

マル経融資の審査の流れや基準について解説してきました。

マル経融資を利用するには商工会議所の指導を受けるなど融資を受けられる条件がそろっていなくてはいけません。また、審査では経営改善の意思や返済能力をアピールする必要があります。

融資を受けるまでに時間がかかる上、審査も商工会議所と日本政策金融公庫の2段階で行われますが、融資を受けられば資金繰りが楽になるのも事実です。

いずれにしても利用する際はきちんとした計画性を持って審査に臨むようにしましょう。

株式会社SoLabo(ソラボ)が
あなたの融資をサポートします!

株式会社SoLabo(ソラボ)は
中小企業庁が認める
認定支援機関です。

これまでの融資支援実績は
4,500件以上となりました。

  • 「独立するための資金を調達したい」
  • 「金融機関から開業資金の融資を受けたい」
  • 「手元資金が足りず、資金繰りに困っている」
  • 「独立するための資金を調達したい」
  • 「金融機関から開業資金の融資を受けたい」
  • 「手元資金が足りず、資金繰りに困っている」

といったお悩みのある方は、まずは無料相談ダイヤルに
お電話ください。
融資支援の専門家が
対応させていただきます(全国対応可能)。

SoLabo(ソラボ)のできること

SoLabo(ソラボ)のできること

  • ・新規創業・開業の相談受付、融資支援業務
  • ・既存事業者の融資支援業務
    (金融機関のご提案・提出書類の作成・面談に向けたアドバイス・スケジュール調整等)
     
  • ・新規創業・開業の相談受付、融資支援業務
  •  
  • ・既存事業者の融資支援業務
    (金融機関のご提案・提出書類の作成・面談に向けたアドバイス・スケジュール調整等)

融資支援業務の料金

融資支援業務の料金

SoLabo(ソラボ)の融資支援業務は
完全成功報酬です。
融資審査に落ちた場合は、
請求いたしません。審査に通過した場合のみ、
15万円+税もしくは融資金額の3%の
いずれか高い方を
請求させていただきます。

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

マル経融資の審査基準は?マル経融資の基本から審査通過の秘訣まで解説