クラウドファンディングでの失敗。その後のことと失敗から気付くこととは。

クラウドファンディングでの失敗。その後のことと失敗から気付くこととは。

 自分の夢の実現をするために利用する人が多いクラウドファンディング。

考えたプロジェクトを専用サイトへ投稿し、賛同いただいた方々から支援金をいただき、夢実現に近づけるということで、注目を集めています。

目標金額が達成した場合には、支援金が手元に入り夢実現が可能となってきますが、必ずしもプロジェクトが達成するとは限りません。

もちろん、目標金額に届かず未達成となって終わることも少なくありません。

クラウドファンディングでの失敗とは、プロジェクトの未達成ということを意味します。

そこで、未達成となってしまったプロジェクトのその後のことと、未達成から学ぶ課題などをお教えします。

1.未達成のプロジェクトとその後について

目標金額に届かず、未達成となった場合プロジェクトはそのまま終わってしまいます。

終わってしまっても、プロジェクトに賛同し、支援してくれた方々はいます。

まずはその支援をしてくれた方々へ、どのような対応をしていけばいいのかをご説明します。

対応の仕方は、クラウドファンディングにある3つの支援タイプによって分かれます。

支援タイプ①

クラウドファンディングでの失敗。その後のことと失敗から気付くこととは。

このタイプの支援では未達成の場合、支援者が支援した際の銀行口座へ返金されます。

支援額の管理は、クラウドファンディングの運営会社が管理をしているため、企画者と支援者の直接的なトラブルは少ないと言えるでしょう。

支援タイプ②

クラウドファンディングでの失敗。その後のことと失敗から気付くこととは。

このタイプの支援でも未達成の場合、支援してもらった金額がそのまま支援者へ返金されます。

金融型の方と同じく運営会社の倒産などがない限りは、返金が約束されているため企画者と支援者のトラブルは少ないと言えます。

支援タイプ③

クラウドファンディングでの失敗。その後のことと失敗から気付くこととは。

このタイプの支援では、名前から「寄付型」とあるように、達成や未達成に関わらず返金などの約束はありません。

震災時の募金や貧困生活を送る世界の子供たちへの募金などと同じで達成などがなく、実行されることがほとんどです。

支援者がプロジェクトの内容を詳しく理解していない場合、トラブルとなることもありますので、プロジェクト内容に詳しく記載することでトラブルを防ぐことができるでしょう。

 

このように支援タイプによって対応は変わりますが、支援タイプ①・②は、返金される【達成後支援型】、支援タイプ③は、返金されない【即時支援型】とも言われています。

クラウドファンディングでの失敗。その後のことと失敗から気付くこととは。

支援タイプによって対応の仕方は変わりますが、どのタイプに関しても、支援者の方への感謝を忘れてはいけません。

未達成となってしまったことへのお詫びと、支援してくれたことへの感謝をしっかり言葉で表すことが大切になってきます。

2.未達成になってしまった理由

未達成となってしまったプロジェクトを見ていくと、どのプロジェクトも達成へ届かない理由が見えてきます。

その理由をまとめてみます。

クラウドファンディングでの失敗。その後のことと失敗から気付くこととは。

■投稿プロジェクトの内容が不十分

投稿しているプロジェクトの内容が、分かりづらいと、伝えたいことも伝わりません。

支援者へ分かりやすくまとめないと、支援金も集まりづらくなります。

書く文章が、第3者から見ても分かるように書き、文章だけではなく写真や動画が多くある方が見やすくもなります。

■支援額とリターンが釣り合わない

これは、支援タイプの中でも購入型に限りますが、支援者の中には、支援額に応じたリターンを楽しみにしている人も多くいます。

支援額に応じたリターンを用意することも達成へ近づくための一つと言えます。

■目標とする金額に根拠がない

支援者は何も知らないところからプロジェクトを見るため、「このプロジェクトにはこれだけの価値がある」ということを明確にする必要があります。

目標金額が多すぎても少なすぎてもよくありません。

この作業にはこのくらいの人数と時間とお金がかかるという所まで明確に分かると、なおいいでしょう。

■プロジェクトの目的がはっきりしない

プロジェクトを投稿するということは、資金を必要としているということ。

ですが、どうして資金を集めたいのか、集めて何をしたいのか、集める目的がはっきりしてないと目標金額には届きません。

■個人的なもののプロジェクト

プロジェクトの中には企画者の趣味や興味があることに関する投稿も多く見られますが、達成後の目的があまりにも個人的なものでは賛同されないことが多いです。

多くの人にとって価値があるものの方が支援金は集まりやすいです。

■達成後のプロジェクト実行が見られない

目標金額に達成し、集まった支援金でプロジェクトを実行することがクラウドファンディングです。

支援金を集めるためには、支援者から賛同をいただくこと。

自身の目標としていることにプロジェクトが向いているのかどうかを確認しましょう。

3.達成へ向けての課題

未達成だからと言って諦めるのではなく、何を変えたら達成へ近づいていくのか、達成するために改善できることは必ずあります。

未達成になってしまう理由を見たうえで、気を付けるべきこと、達成に向けての課題を見ていきましょう。

 クラウドファンディングでの失敗。その後のことと失敗から気付くこととは。

《投稿文は分かりやすくまとめる》

書く文章は非常に大事です。

会ったこともない人へ支援をするわけですから、自分がどういう人物なのか、どのようなプロジェクトをし、何のために役立てたいのか…などを詳しく書くようにしましょう。

また、文章だけではなく、写真や動画も必要です。

写真や動画があるだけで支援者も目で見ることができ、理解もしやすくなります。

《プロジェクトの目的を伝える》

行おうとしているプロジェクトの目的も非常に重要です。

「これがしたいからやる」という、呆然な考えでは何も伝わらず、達成へは遠くなります。

プロジェクト達成が必要な理由・プロジェクトの目的を明確にし、支援者へ伝えましょう。自分の思いを伝えるということを頭に入れて考えましょう。

《達成後の活動方法も書く》

達成した後のプロジェクトの活動方法を書いておくと尚更いいでしょう。

達成後にまず何をするのか、集まった支援金をどのように使っていくのか、支援金の使い道等を書くことにより、支援者からの信頼にも繋がります。

また、募集期間中にも活動報告等をこまめに載せることで信用度も高まります。

4.一番重要なこと

クラウドファンディングを利用することで、達成でも未達成でもどちらに対しても大切なことと言えるのは、支援者の方への感謝です。

会ったこともない自分に対して支援をしてくれるということは、今の世の中では難しいことです。

クラウドファンディングの利用でプロジェクトへの新たな繋がりも見えてくるかもしれません。

支援をしてもらっているということがどんなにすごいことなのかを考え、有難く受け止め、感謝の気持ちを実際に言葉にして伝えるようにしましょう。

まとめ

新しい資金調達方法として話題のクラウドファンディング。

始めるからには誰もが達成させたいものです。

未達成になってしまう理由と達成へ向けての課題をまとめましたが、達成させるためには、プロジェクトの必要性を自分が一番に理解し見る人に分かりやすく伝える事。

また、未達成となってしまっても、直接的なトラブルは少ないかもしれませんが、会ったことのない自分へ支援をしてくれた方々への感謝の気持ちを忘れない事が大切になります。

お知らせ

クラウドファンディングでの失敗。その後のことと失敗から気付くこととは。