信用情報開示報告書の見方を解説!マークの意味と融資不可の判別法

信用情報開示報告書の見方を解説!マークの意味と融資不可の判別法

新しくビジネスをする、または既存のビジネスで融資を受けようとする際、非常に重要なのはあなたの信用情報がクリーンであるかどうかです。

どんなに立派なビジネス計画を作成しても、あなたの信用情報がクリーンでなければ、その融資は断られる可能性が大です。

今回の記事では、融資を受けようとする際に審査される信用情報開示書の見方と融資不可の判別法について詳しく解説します。

なお、自分で信用情報開示報告書を取り寄せる方法については、既存記事(自分はクレジットカードが作れる人なのか、信用情報開示報告書を見てみよう)を是非ご参照ください。

1.重要なのはCICのクレジット情報にある<入金情報>です

よく巷で「信用情報」と言われている言葉は略語で、正式には信用情報開示報告書と言います。信用情報は全部で3つの情報から成り立っていますが、一番重要なのは見出しにあるCICという個人信用情報機関の入金情報が重要です。

信用情報開示報告書の見方を解説!マークの意味と融資不可の判別法

この表をざっと見て、あるマークがついていないかどうかという点を担当者はチェックするのです。この表に書かれていることは、あなたの過去2年分のクレジット・ローン返済履歴です。記号によって、あなたが支払いを延滞したのかそうでないかを区別することができるのです。それでは、マークの見方について順に解説します。

①マークの見方

マークは月ごとに左から順に24個2年分ついています。$(ドル)マーク、空欄の場合は、あなたがきちんと支払いをしたという意味です。‐(ハイフン)の場合は、クレジット・ローンを利用していない月という意味なので、このマークがついていても特に問題はありません。

そのため、あなたの信用開示情報報告書の取引情報は$マークだらけ、または空欄だらけなのであれば、とりあえず信用情報についてはOKです。

その他融資の審査で見られる①ビジネス計画や②貯金額について、気持ちをシフトしていきましょう。

信用情報開示報告書の見方を解説!マークの意味と融資不可の判別法

次に、Pについて説明します。Pマークの意味は「リボ払い」ですので特に問題ありません。が、Pばかりがずっと並んでいると、「この人リボ払いをこじらせているな、、」という評価をされるかもしれません。

払える支払いなのであれば、融資を受ける前にスッキリしっかり一括払いで返してしまいましょう。

何故かというと、貯金額が少なくリボ払いや他のローンが多い場合この人、こんなにローンあるのに融資受けるということは、融資分をローン返済に充てたいんじゃないの?」とマイナスとして捉えられてしまうからです。

Q.開示報告書の≪入金状況≫に表示される$やAなどの記号は何ですか?

②どのマークがあるとマズイの?

ズバリ、Aがあると「約束の日に入金をされなかった」という意味ですので、融資を受けられない可能性が高いです。特に、Aが連続で2つ以上ある場合はブラック扱いの延滞となるので、融資を受けられる可能性も非常に低くなります。

 Rについては、保証人などの契約者以外の人が代わりに支払いをしたという意味があります。実際にはほとんど見られないケースですので、あまり気にしなくてよいマークです。その他B、Cについても、実際にはほとんど見られないケースです。

 2.融資不可の判別方法とは?

信用情報開示報告書の見方を解説!マークの意味と融資不可の判別法

①返済予定日より2か月以上の延滞はマズイ

8月4日が返済日だったけど、払えなかった。

翌月9月4日にも払えなかった。このように、元々の返済予定日より61日以上延滞する場合、CICでは「異動」と呼ばれるいわゆるブラック扱いの人となってしまいます。

ちなみに、CICはクレジットカード・ローンの最大手の信用情報機関ですが、消費者金融系の信用情報機関はJICCという別の機関があり少し状況は異なります。

JICCの場合は3か月以上の遅延でブラック入りとされますので、自分が借入している業者が消費者金融系の場合はAが2つまでならギリギリセーフ?と判断することもできます。

②過去に債務整理しているけど、借りられる?

債務整理とは、別名任意整理とも言います。債務整理している場合は、CICやJICCなど全信用情報機関で共有される情報システムCRINで「この人、債務整理しているよ」と情報共有されています。

債務整理をしたからと言って一生信用情報に傷がついたままという訳ではありません。しかし、債務整理をしてから2~3年以内の融資であれば、断られる可能性は大です。

③てっとり早いのは電話して聞いてみること

信用情報開示報告書の見方を解説!マークの意味と融資不可の判別法

以上、信用情報開示報告書のマークについて、少々辛口のコメントもしてきました。が、実際にクリーンな信用情報でない方でも、中には融資に通る場合もあるようです。そこが融資の難しいところですね。

自分の入金情報を調べたらAマークが2年間で1つあるけど、これって融資は可能?と気になる方もいることでしょう。実際に融資が可能かどうかは、信用情報プラスビジネス計画(モデル)プラス現在の貯金額という総合的な審査で判断されます。

そのため、明らかにAマーク・Pマーク・Rマークが3つ以上ついているというブラック扱いの入金状況なのでなければ、まずは融資のプロである融資担当者に相談することが早道です。

電話で簡単な質問に答えることで、あなたが融資を受けられるかどうかをジャッジしてくれます。

3.信用情報の保管期間は延滞や債務整理で最長5年間

現在はどこからも借入していないのに、入金情報は$マークだらけなのに融資に落ちた!こんな方もいらっしゃいます。それは、信用情報機関が信用情報開示情報を保管する期間が完済後5年間もあるからです。

信用情報開示報告書の見方を解説!マークの意味と融資不可の判別法信用情報開示報告書の見方を解説!マークの意味と融資不可の判別法

そのため、融資を受けようとする前はできる限り個人での延滞・強制解約など信用情報が低くなる行為は避けた方がよいでしょう。保管期間は最長で5年間ですので、延滞した金額や期間などによってはそれよりもっと短い場合もあります。

4.信用情報を少しでもクリーンにする方法

リボ払いなどで延滞履歴のついたローンやクレジットカードの信用情報は、完済後5年間ではなく解約後5年間となります。そのため、自分で延滞した覚えのあるカードやローン契約については、完済したらすぐに解約してしまいましょう。

「またお金借りられるかも」とずるずると使わないカードを持っていると、また同じように延滞してしまう可能性もあります。本当に生活に必要なカードのみを保持するのが、長期的にみて信用情報をクリーンにしていくコツです。

まとめ

融資でお金を借りたいけど、信用情報が気になって一歩踏み出せないという方は多くいます。程度によりますが、過去5年より前の延滞であれば融資についての信用情報はそれほど気にする必要はないでしょう。また、5年以内でも少額を1~2回程度1か月遅れの支払の場合は、融資担当者に融資可能か確認してみるとよいでしょう。

NEWTVに取材して頂きました

お知らせ

【リリースノート】 2017年11月27日(月)
NewsTVに取り上げられました!

【セミナーのお知らせ】 2017年10月23日(月)
埼玉県内の飲食開業者&会計事務所向け 飲食店開業にまつわるお金講座開催のお知らせ

【セミナーのお知らせ】 2017年10月18日(水)
創業融資のプロが語るセミナー開催のお知らせ

【セミナーのお知らせ】 2017年10月17日(火)
士業事務所の職員様向け 会計事務所ができるベストなサポートセミナー開催のお知らせ

【セミナーのお知らせ】 2017年09月21日(木)
会計事務所向け 融資セミナー開催のお知らせ

信用情報開示報告書の見方を解説!マークの意味と融資不可の判別法