美容室を開業時に日本政策金融公庫から融資を受けるためポイント

美容室を開業時に日本政策金融公庫から融資を受けるためポイント
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

銀行や信用金庫等の金融機関から融資を受けて開業しようとお考えの方もいらっしゃるでしょうが、これまでの業績や信用度が少ない創業時に銀行等の金融機関の融資審査に通ることは難しい傾向です。

今回は、美容室開業時の資金調達のために日本政策金融公庫の融資を受けるポイントについてご紹介します。

公庫の審査通過のためにおさえておきたいポイント

美容室での経験はどれくらい?

美容室を開業時に日本政策金融公庫から融資を受けるためポイント

美容室を開業する場合のほとんどが、ご自身がスタイリストとして勤務することがほとんどでしょう。

日本政策金融公庫の審査では、今回開業するまでにどれくらいの経験があるかを必ず確認します。特に美容室の開業において、技術や経験はとても重要と言えます。

また、独立するまでの勤務先で店長などの管理職として、経営についてのノウハウを身に付けていることもとても重要です。

公庫に提出する書類の一つに事業計画書がありますが、作成した事業計画を実現できるほどの経験があり、経営ノウハウもある人材であることをアピールしましょう。

経験や技術に基づく実現可能な事業計画は、貸したお金を返してくれるかどうかの大切な判断材料です。

自己資金はどれくらい貯めた?

美容室を開業時に日本政策金融公庫から融資を受けるためポイント

美容室の開業に向けてどれくらい計画的にお金を貯めたかを確認することで、美容室開業の準備の計画性を推し量ることができるでしょう。

また、自己資金が少なく借入額を増やして開業した場合、月々の返済額も大きくなり結果として創業時の資金繰りを苦しめる可能性もあります。

日本政策金融公庫以外の金融機関から融資を受ける場合であっても、自己資金がどれくらいあるかは必ず確認されます。

公庫の新創業融資制度を利用する場合は借入金額の約10分の1以上の自己資金が必要と言われています。これから美容室開業を目指している方は、自己資金額の目標を設定し、貯めておきましょう。

信用情報の確認

美容室を開業時に日本政策金融公庫から融資を受けるためポイント

金融機関から融資を受ける場合、個人の信用情報は必ず確認されます。

具体的には、これまでの借入返済履歴、債務整理などの履歴、水道光熱費の滞納など、さまざまな情報を確認した上で公庫での融資が可能かどうか判断されます。

信用情報はCICを利用しWeb上で確認できます。公庫の融資を申し込む前に一度ご自身で信用情報を確認しておくのがよいでしょう。

CICの信用情報開示報告書の見方を解説!マークの意味と融資不可の判別方法

借りたお金は何に使う?

美容室を開業時に日本政策金融公庫から融資を受けるためポイント

公庫から融資を受けて、今あるローンを全額返済する「借換え」を目的にしていませんか?公庫はあくまで創業し事業を応援するための融資を実施していて、借換え目的の融資は実施していません。

そのため、融資を受けた金額で何を買って、店舗の改装にはどれくらいの金額が必要なのか、家賃はどれくらいになるのかなどの見積書などが必要です。

美容室を開業するためには、内外装工事代、保証金、シャンプー台や施術のための機械といった備品費用などの設備投資をおこなうことが多いでしょう。

まとめ

今回は美容室開業の資金を公庫から調達する場合のポイントについてご紹介しました。

美容室開業の融資審査では、美容室の経験年数、自己資金額、個人の信用情報、資金用途が確認されます。特に美容師としての経験年数、自己資金額は融資において重要でしょう

公庫から事業資金を調達して、創業時に安定した資金繰りを行うことは潰れないお店経営の第一歩です。

創業融資を受けて、開業された美容室を取材してきました。

三郷駅に開業した美容室の取材記事はこちら

新宿御苑に開業した美容室の取材記事はこちら

本厚木に開業した美容室の取材記事はこちら

株式会社SoLabo(ソラボ)が
あなたの融資をサポートします!

株式会社SoLabo(ソラボ)は
中小企業庁が認める
認定支援機関です。

これまでの融資支援実績は
4,500件以上となりました。

  • 「独立するための資金を調達したい」
  • 「金融機関から開業資金の融資を受けたい」
  • 「手元資金が足りず、資金繰りに困っている」
  • 「独立するための資金を調達したい」
  • 「金融機関から開業資金の融資を受けたい」
  • 「手元資金が足りず、資金繰りに困っている」

といったお悩みのある方は、まずは無料相談ダイヤルに
お電話ください。
融資支援の専門家が
対応させていただきます(全国対応可能)。

SoLabo(ソラボ)のできること

SoLabo(ソラボ)のできること

  • ・新規創業・開業の相談受付、融資支援業務
  • ・既存事業者の融資支援業務
    (金融機関のご提案・提出書類の作成・面談に向けたアドバイス・スケジュール調整等)
     
  • ・新規創業・開業の相談受付、融資支援業務
  •  
  • ・既存事業者の融資支援業務
    (金融機関のご提案・提出書類の作成・面談に向けたアドバイス・スケジュール調整等)

融資支援業務の料金

融資支援業務の料金

SoLabo(ソラボ)の融資支援業務は
完全成功報酬です。
融資審査に落ちた場合は、
請求いたしません。審査に通過した場合のみ、
15万円+税もしくは融資金額の3%の
いずれか高い方を
請求させていただきます。

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

美容室を開業時に日本政策金融公庫から融資を受けるためポイント