建設業の独立開業!日本政策金融公庫から1,000万円の資金調達に成功した事例

建設業の独立開業!日本政策金融公庫から1,000万円の資金調達に成功した事例
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

日本政策金融公庫から1,000万円という高額融資に成功した事例をご紹介します。

Tさんは建設業を開業するにあたって、機材の購入などの資金が必要でした。

自己資金300万円で、1,000万円の資金調達に成功したポイントとは何なのでしょうか?

Tさんの状況

Tさんが開始する業種は、建設業の中でも【非破壊検査業】というもので、壁などを壊さずに建物の状況を検査するものです。

非破壊検査業を開始する場合、検査のための高額な機材を購入する必要があり、自己資金だけでは賄うことができなかったため、今回日本政策金融公庫の融資の申し込みを決意されました。

Tさんは建設業で15年の経験があり、自己資金300万円を計画的に準備していました。

しかし、十分な業界経験があり、自己資金も計画的に準備していた場合であっても、創業時の初回融資で日本政策金融公庫から1,000万円の資金調達をすることは簡単ではありません。

建設業を開始する場合、機材の購入費が高額になってしまうため、融資を受けて資金調達をしようとお考えの方が多くいらっしゃいますが、十分な資金を調達するためにはしっかりとした準備が必要です。

 

高額融資に成功するためのポイントを確認していきましょう。

 

1.融資成功のポイント:専門家と作成した事業計画

創業時の融資では

・自己資金

・業界の経験

・事業開始後の売上の見込みがあるかどうか

が非常に重要なポイントになります。

Tさんから最初のご相談を頂いたとき、既に関係値のある企業と契約を結ぶことが決まっていましたが、まだ契約書を結んでいない状況でした。

しかし、日本政策金融公庫の融資では事業計画を作成して提出する必要があります。

事業計画に盛り込んだ売上の根拠を説明することが出来ない場合、計画性が無く事業が失敗してしまう可能性が高いと判断されてしまうので、事業開始後に契約を結ぶことができる企業が決まっている場合は、契約書を結び、売上の根拠として提出するようにしましょう。

契約書が無い場合は、見積書や請求書でも構いません。

 

また、今回Tさんの融資担当者は非破壊検査業の融資について経験があったため、事業内容にも理解がありましたが、非破壊検査業についての知識が全くない担当者の場合もあるでしょう。

あまり良く知られていない事業を開始する場合には、融資担当者にきちんと事業内容について説明できるように資料を準備するなどして準備しておくことが必要です。

 

Tさんは契約書などを提出して売上の根拠を説明することができ、融資の専門家に相談することで、根拠のある綿密な事業計画を提出することができたため、高額融資を成功することができました。

 

2.融資成功のポイント2:タンス預金をしない

建設業では、同業者が急に廃業してしまい、「廃業するので機材を購入してほしい」と言われることがあるようです。

機材を安く購入できるチャンスを逃さないためにも、建設業界では、すぐに現金が準備できるように手元にいくらの現金を置いておくことは一般的、という事でした。

Tさんも、融資サポートを依頼した当初は手元で現金を管理していましたが、仁保政策金融公庫の融資を申し込む場合、通帳に入っていない手元の現金は見せ金であると判断され、融資審査の-ポイントになってしまいます。

今回は、ご相談頂いた時にすぐに通帳に入金してもらったことや、現金で管理していた理由をきちんと説明することができたので、自己資金として認めてもらうことができました。

しかし、一般的には手元に置いている現金は、お金の流れを確認することが難しいために「融資を受けるための見せ金である」と判断されてしまうので注意が必要です。

これから融資を受けて資金調達をしようとお考えの方で、現金を手元で管理している場合は、通帳に入金しておくようにしましょう。

 

まとめ

十分な業界経験と自己資金がある場合でも、日本政策金融公庫から創業時に1,000万円の資金調達をすることは簡単ではありません。

綿密かつ実現可能な事業計画を作成して、融資審査のためにしっかりとした準備をしておく必要があります。

融資の専門家に相談することで、資金調達のサポートをしてくれるので、これから融資を受けようとお考えの方は一度相談してみてはいかがでしょうか?

 

中小企業庁が認める認定支援機関の専門家があなたをサポートします!

~日本政策金融公庫からの融資実績700件以上~

  • 独立をするための資金が必要
  • 創業7年以内で資金調達を検討している
  • 低金利で融資を受けたい
  • 多額の資金を借入したい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

NEWSTVに取材して頂きました!

建設業の独立開業!日本政策金融公庫から1,000万円の資金調達に成功した事例