美容室の創業!夢の独立で高額融資1000万円を借りることができた事例

美容室の創業!夢の独立で高額融資1000万円を借りることができた事例
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

今回ご紹介するのは、長らく美容師として経験を積んできたKさんの融資事例です。Kさんはご自身の夢である「自分の店を持ちたい」という美容室の開業のために弊社へご相談され、結果的に1000万円もの高額融資に成功しました。

初めての融資で1,000万円の融資に成功するとは、なかなか珍しいケースです。場合によっては、300万円までに減額されてしまう場合もありますからね。

その成功の秘訣はなんだったのでしょうか?早速みていきましょう。

~Kさんの当時のご状況~

  • 自己資金は200万円
  • 美容室経験は13年程
  • 400名の指名客がいらっしゃる

・【秘訣1】美容師業界は比較的融資を受けやすい

美容室の創業!夢の独立で高額融資1000万円を借りることができた事例

まず、大前提として美容師の方が開業される場合はそれ以外の業種と比較し、融資は受けやすい状況にあるという点があるかもしれません。

なぜ融資を受けやすいのか?それは、美容師の方には固定客(指名客)がついていて、独立した場合にそれらの顧客がついてくるので売上が立ちやすいと考えられるからです。

もう一つの理由は、美容室の場合は設備費がかかる、と金融機関がわかっているということが挙げられます。スケルトン(居抜き)物件であっても、規模によっては500~600万円以上の内装費がかかります。その点が認められたことが、高額融資の成功への一つのカギとなりました。

・【秘訣2】半年間で定期的に貯めた自己資金が功を奏した

美容室の創業!夢の独立で高額融資1000万円を借りることができた事例

融資の際は最低100万円程度の自己資金があるかが審査の基準の一つになります。これは、返済能力があるのかという点だけでなく、融資を受ける事業主に計画性があるかをはんだんするための基準であると言えます。

Kさんの場合、美容室(会社)に勤務しながらお金を貯めようとしましたが中々うまくいかなかったので、半年前にフリーランスとして起業するために会社を退職していました。そして、融資を受けようと申し込む前に半年間をかけて少しずつ預金をしていったのです。

もし、Kさんが200万円をキャッシングなどから一括で借りて、それを日本政策金融公庫へ自己資金として提示したなら融資は難しかったことでしょう。

なぜなら、融資の審査で預貯金があるか(自己資金があるか)を見る目的は計画性があるか

という点ですので、200万円が一括で振り込まれた通帳を見た日本政策金融公庫の担当者はあなたにこう聞きます。

融資担当者:このお金はどこから振り込まれたのですか?

あなた:アコムです

融資担当者:では、融資が成功した場合はアコムに返済しなければいけないのですか?

この他にも、生活資金が足りないのではとみられる場合も融資は失敗に終わる場合があります。税金滞納の場合、生活資金が足りないのではとみられる要因となります。

・【秘訣3】十分な経験と指名客400名超のスゴ腕!顧客名簿が決め手となった

美容室の創業!夢の独立で高額融資1000万円を借りることができた事例

一番大きな秘訣として、Kさん自身の美容室としての腕前が確かなものであったという点があります。そう、Kさんは美容師として13年間もの勤務実績があり、400名以上の指名客がいました。

融資の決め手となったのは、これらの実績をきちんと書面化して提示できた点にあります。

Kさんは指名客情報を個別に以下のようにリスト化していたのです。

  • いつ(何月何日)来店したか
  • どういったサービス(カット、カラーなどサービス名や使った薬品など)を提供したのか

このリスト化は日本政策金融公庫の融資を受ける点で非常に重要です。いくら口頭で「オレには指名客がたくさんいるんだ」とアピールしても、それを信じるための証拠がないと融資担当者も鵜呑みにはできません。

このリスト化から、しっかりとした顧客管理ができている→経営能力がある、といった一連のイメージをKさんは融資の審査でアピールすることができました。また、顧客リスト売上根拠としても利用できます。これだけのお客さんがいるから、独立してもこれだけの売り上げが上がりますよ、という説明がしやすくなるのです。

・【秘訣4】コンテストでの受賞歴でアピールできた

美容室の創業!夢の独立で高額融資1000万円を借りることができた事例

美容師やシェフなど「手に職」系のお仕事で企業されたい方は、コンテストなどの受賞歴があると技術力の高さを融資の際にアピールできます。

Kさんの場合も美容系のコンテストでの受賞歴があり、その証拠である賞状もご持参いただきましたので、日本政策金融公庫の融資担当者がその技術力を認める要因となりました。

まとめ

美容室は比較的、融資がおりやすいジャンルの業種です。Kさんの場合は13年の勤務実績と400名の顧客リストという強力な武器がありました。あなたが融資を受ける場合、Kさんと全く同じという状況ではありません。

自分に合った融資戦略を練ることが大切です。美容室開業でのご相談は、融資専門家にお気軽にお問合せください。

 

 

 

中小企業庁が認める認定支援機関の専門家があなたをサポートします!

~日本政策金融公庫からの融資実績700件以上~

  • 独立をするための資金が必要
  • 創業7年以内で資金調達を検討している
  • 低金利で融資を受けたい
  • 多額の資金を借入したい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

NEWSTVに取材して頂きました!

幻冬舎で資金調達の本を出版させて頂きました。

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

融資額を増やすための方法を解説

美容室の創業!夢の独立で高額融資1000万円を借りることができた事例