JICCとは?

JICCとは?
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

クレジットカードの支払い履歴や携帯電話代の滞納履歴など、お金の借り入れや支払いについての個人情報を扱う機関(=信用情報機関)の一つにJICCがあります。

今回の記事では、JICCの特徴や融資の審査で注意すべきJICC攻略法をご紹介します。

1.信用情報機関とは?

個人のクレジットカードやローンなどの契約内容や支払い状況・利用残高などの情報を持つのが信用情報機関です。日本の3大信用情報機関はCIC(シーアイシー)、JBA(全国銀行個人信用情報センター)、そして今回ご紹介するJICC(日本信用情報機構)の3つです。

※CICについては、当サイトの以下既存記事も是非あわせてご覧ください。

CICとは?

JICCとは?

 信用情報機関はあなたがクレジットカードやローンに申し込む時点で、その申込情報をクレジットカード会社などから得ています。

そして、無事審査に通り利用開始後も、引き続きあなたの支払い履歴や残債情報はクレジットカード会社などから信用情報機関へ提供されています。まるで、子供が学校で行っていることが親に電話連絡されているようですね。

信用情報機関がなぜあるのか?それは、賃金業法(正式名:賃金業の規制等に関する法律)という法律において規定されているからです。日本では、上記の3大信用情報機関は指定信用情報機関として経済産業大臣により指定されています。

ちなみに、信用情報機関があなたの信用情報を提供するのは賃金業に関わる場合のみ。この情報を元にCM送付などの営業や社員採用などの人事に使うことが禁止されています。

2. JICCの特徴

①消費者金融系の金融機関が集まってできた機関

CICはクレジットカード会社が集まって作られた組織ですが、JICCはアコムやプロミスなどの消費者金融機関を中心にして作られた信用情報機関です。設立は昭和61年。本社は東京都上野にあります。

②JICCに加盟している賃金業者はどこ?

現在(平成30年10月現在)、加入業者は892社あります。有名なところではアコムやアセットクラウド、アプラス、アルク、SMBCモビット、NTTドコモ、オリックスクレジット、クレディセゾンなどがあります。全体的には、消費者金融系の業者がメインになっています。銀行の場合は、ネット銀行が中心です。

加盟業者を調べたい時は、以下のPDFを参照してみましょう。

JICC|加盟貸金業者の一覧はこちら[PDF:433KB]

※上記URLをクリックすると、JICCの公式ページにリンクします

③延滞情報が消滅するのが早い

お金を借りる側として一番気になるのは、自分の信用情報がどうなっているのか、という点ではないでしょうか?カードやローンはつくったけれど、一度も延滞していない方。この型の信用情報は特にキズがついていません。

延滞情報 自己破産 個人再生 任意整理 申込 契約・借入

返済

延滞解消から1年 5年 5年 5年 6か月 5年

けれども、決められた期日にあなたの口座からカード利用代金が引き落としできなかった場合、自己破産や任意整理などの場合、上記の期間でJICCはあなたの信用情報を保持します。JICCの特徴としては、延滞情報の保持期間が短いという特徴があります。

CIC・JBAの場合は5年間ですが、JICCでは1年となっています。

3.融資の審査で注意すべきJICC攻略法!

①日本政策金融公庫は JICC とも連携している

JICCとは?

アコムなどで滞納してJICCに自分の延滞履歴を持たれてしまっている!こんな方が日本政策金融公庫の融資を受ける場合はどうなるのでしょうか?

よくご相談いただくのは、「日本政策金融公庫はCICと提携しているけど、JICCとは提携してないよね?だから、JICCの信用情報のキズは関係なく融資を受けられるよね?」という内容です。

日本政策金融公庫が提携している信用情報機関はCICですが、実はJICCの情報も閲覧することが可能です。その証拠に、日本政策金融公庫の個人情報についての文書の最下部で以下のような記載があります。

(2)前(1)の機関と提携する個人信用情報機関 ・ 株式会社日本信用情報機構(http://www.jicc.co.jp/)

〒101-0042 東京都千代田区神田東松下町 41-1 TEL 0570-055-955

主に貸金業、クレジット事業、リース事業、保証事業、金融機関事業等の与信事業を 営む企業を会員とする個人信用情報機関

ややこしいですが、日本政策金融公庫は CIC と連携しています。そして、CIC は JICC と連携していますよ、という内容の記載です。消費者金融での借り入れで延滞や残債が気になる方で融資の際にそれらを隠して申請する方もいらっしゃいます。しかし、隠してもバレてしまいますので正直に申告しましょう。

(※)個人信用情報機関及びその加盟会員による個人情報の利用・提供

※上記URLをクリックすると、日本政策金融公庫の個人情報関連の資料(PDF)へリンクします

②不安なら自分で情報開示してみよう

JICCとは?

ネットでは、JICCの信用情報についてマークの読み方や保持期間などの情報が溢れています。もしあなたが融資を受ける上で、もしくは新たにクレジットカード作成などでの審査で不安なのであれば、ご自身で自分の信用情報をチェックすることが可能です。

JICC|情報開示手続き等のご案内

※上記URLをクリックすると、JICCの公式ページにリンクします

情報開示とは平たく言えば、あなたがJICCに対して「わたしの(俺の、僕の、オイラのetc)信用情報を見せて」とアクションを起こすことです。スマホから申し込みできる手続きもあるので、気になる方は一度チェックしてみてください。

情報開示手続きには、以下の書類と開示手数料1,000円(税込み)が必要です。

・運転免許証または運転経歴証明書
・各種保険証(カード式・折りたたみ式)
・マイナンバーカード(個人番号カード)
・パスポート
・住民基本台帳カード(写真付)
・在留カードまたは特別永住者証明書
・各種障がい者手帳
※本人確認書類は日本の官公庁が発行した有効期限内のもので、氏名・現住所・生年月日が確認できるものに限ります。

窓口開示が一番手っ取り早いという声も多く寄せられています。土日はお休みですので、月~金の10:00~16:00に間で窓口で手続きをしましょう。

まとめ

JICCの特徴は消費者金融系の賃金業者が集まってできた信用情報機関ということ。もう一つは、延滞履歴の保持期間が短いということが挙げられます。

もしあなたが起業で日本政策金融公庫に融資を申し込む場合、1年以内にJICCの延滞履歴が2回以上あるのであれば、情報が削除されてから(延滞から1年経過してから)申し込む方が融資の通過率は上がります。

中小企業庁が認める認定支援機関の専門家があなたをサポートします!

~日本政策金融公庫からの融資実績700件以上~

  • 独立をするための資金が必要
  • 創業7年以内で資金調達を検討している
  • 低金利で融資を受けたい
  • 多額の資金を借入したい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

NEWSTVに取材して頂きました!

幻冬舎で資金調達の本を出版させて頂きました。

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

融資額を増やすための方法を解説

JICCとは?