開業前に日本政策金融公庫から1,000万円を借りた成功事例【飲食店編】

開業前に日本政策金融公庫から1,000万円を借りた成功事例【飲食店編】

飲食店を開業するには、お金がかかります。お金が無く開業を諦めている方もいらっしゃるでしょう。そんな方には、是非読んで頂きたいのですが、開業前でも1,000万円の融資を受ける方法です。成功事例をもとに1,000万円を借りるためのノウハウをご紹介致します。

1.開業前にお金を借りるには、何が必要か?

はてな

(1)自己資金を貯める

融資を受けるためには、自己資金が必要となります。1,000万円の融資を受けることに成功した方は、自己資金350万円ありました。

過去に飲食店で仕事をした経験があり、自己資金で200万円程度でも1,000万円の融資を受けることはできるでしょう。

最低でも少しずつ貯めた自分のお金が100万円以上必要になると考えておきましょう。

ご結婚されている方であれば、夫婦で100万円をなんとか貯めましょう。

100万円を貯めることができればお金を借りられる可能性が高いです。

※見せ金では、自己資金とは認められませんのでご注意ください。

見せ金についての詳細は、下記をご参照ください。

日本政策金融公庫に見せ金は通用するのか?

 

【開業まで1年以上ある方へのオススメ】

自己資金を貯めるために、『定期積金』を利用してお金を貯めることをオススメします。定期積金とは、まずご自身で自由に積立期間を選びます。

最終的な目標額を計画的に積み立てることができます。

(例)100万円を貯める目標と設定する

毎月5万円を20ヶ月に渡り貯めている。 毎月5万円を貯めなければならない状況を作ることで、目標金額を貯めやすいでしょう。

 

(2)ご両親や親戚に協力してもらう

自己資金を300万円以上貯めている方であれば、ご両親に協力してもらわなくても1,000万円程度の融資を受けることができるケースが多いです。

しかし、自己資金100万円程度の場合には、500万円程度であれば、借りられる可能性が高いですが、今回はあくまで1,000万円を借りるためのノウハウですので、自己資金300万円未満の方はご両親や親戚に協力してもらいましょう。

ご自身の自己資金と、ご両親に協力してもらうお金を合わせて300万円以上にすることができれば、1,000万円程度のお金を借りられるケースが多いでしょう。

※少しでもお金が多いほうが融資を受けられる可能性はあがりますので、1円でも多く貯金することを目標にしてください!

【ポイント】

・開業準備のために生活を切り詰めて100万円以上貯めれば1,000万円借りられる可能性があります。

・自己資金が少ない場合には、ご両親に協力してもらうことで、1,000万円借りられる可能性があります。

2.水道光熱費は、毎月クレジットカード払いにしておく

公庫の融資では、水道光熱費の支払い状況を把握されます。クレジット払いにしておけば、毎月払い忘れることはありませんよね。

支払い期日に遅れて支払っていると評価が下がりますので、絶対に支払い期日に遅れないようにするためにもクレジットカード払いをお勧め致します。

支払い忘れることがなければ、もちろんコンビニ払いでも問題ありません。

3.CICで個人情報をチェックする

CIC(http://www.cic.co.jp/)で個人情報をチェックしてください。

融資の面談を受ける前に前もって確認しておくことで、融資担当者の印象が良くなることがあります。

クレジット事故がある場合には、CICの情報に☓がつきます。この☓の情報は公庫はすぐに確認できます。

☓がついている場合には、融資を受けられる可能性が低いです。

4.融資専門の認定支援機関に依頼する

日本政策金融公庫がUPしていた資料を添付致します。 無題 認定支援機関とは、国に認められた専門家で、その専門家からの紹介で融資を受ける場合、専門家のお墨付きのビジネスモデルだと判断されます。

そのため、融資が通りやすくなります。

また、融資を専門に行っている方は、公庫の担当者と何度もやり取りをしているため融資の成功率があがります。

※認定支援機関は20,000社以上ありますが、創業融資を得意な業務している方はほとんどいません。

毎年20本以上の融資実績がある会社を選ぶことをオススメします。

※専門家に頼むと、手数料をとられるから嫌だ!とお考えの方も多いかと思いますが、専門家を通すことで、中小企業経営力強化資金という制度を利用することができ、この制度を利用すると、ご自身で行う融資よりも利息が約1%安くなります。

1,000万円の融資で返済期間が7年であれば、利息が1%下がった場合、トータルの利息支払い額が約40万円安くなります。

もし、このサービスを40万円以下で受けられるのであれば、専門家を通すべきではないでしょうか。

5.資料作成を融資の専門家と一緒に作成する

融資の資料は、専門家の意見を聞きながら作成していきましょう。ご自身で資料作成した場合には、不備が多いケースが多いようです。

資料に不備が多いと融資を受けられる確率が下がるためです。

一度融資を申し込んでから、失敗した後に、専門家に依頼しても、公庫からは融資を受けることができなくなりますので、ご注意ください。

まとめ

1,000万円の融資を受けたいとお考えの場合には、自己資金は100万円以上貯めてください。

さらに、融資成功率を上げるために、ご両親に協力してもらえるように交渉しましょう。

お勧めの関連記事

日本政策金融公庫で融資を受けるために必要な38のノウハウ

日本政策金融公庫で融資を受けるために必要な38のノウハウ

お知らせ

開業前に日本政策金融公庫から1,000万円を借りた成功事例【飲食店編】