開業時に600万円を借りた成功事例【広告代理店編】

開業時に600万円を借りた成功事例【広告代理店編】
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

広告代理店を開業する際に、安心のためにお金を借りておきたいと考える方が多いのではないでしょうか?今回は、広告代理店が設立時に日本政策金融公庫から年利0.90%で600万円の融資をに成功した事例をご紹介致します。

 

0.広告代理店を開業してすぐに融資を受けることができた成功事例

開業時に600万円を借りた成功事例【広告代理店編】

2016年1月に融資を受けた方は、開業して1ヶ月目で融資を申し込み、年利0.9%で600万円借りることができました。

この会社の代表は24歳、自己資金150万円で融資の申し込みをしました。

借りることができた要因は、開業してすぐだったことと、自己資金が150万円あったことでしょう。

1.600万円は創業後すぐと、創業して数ヶ月経過後ではどっちが借りやすい!?

開業時に600万円を借りた成功事例【広告代理店編】

(1)創業時の融資の審査基準とは?

開業時に600万円を借りた成功事例【広告代理店編】

創業時の融資は、自己資金と、過去のご経験の2点で融資が決まってしまうケースがほとんどです。

そのため、自己資金が100万円以上あり、過去の経験がしっかりしている方は、創業してすぐ融資を申し込むべきでしょう。300万円~600万円程度であれば、融資を受けられる可能性が高いです。

もちろん、創業後すぐに起動にのり、利益が出ていればよいのですが、もし仮に利益が出ず、お金が必要になった場合には、融資を受けにくくなります。

つまり、創業後であれば、お金は本当に必要な時には借りにくいということです。

(2)創業して数ヶ月経過後の融資の審査基準とは?

業績がとてもよい場合には、審査の際に何も減点されることはありませんが、創業して数ヶ月後に融資を検討する方の多くは、思ったより売上が伸びない場合でしょう。

創業時は、自己資金と過去の実績がメインのチェックポイントだったにも関わらず、数ヶ月経過し、売上が思ったほど伸びていないケースは、日本政策金融公庫も、そのビジネスモデルに疑問を感じる可能性が高いです。

儲からないビジネスモデルと認定されてしまった場合には、融資を受けられる可能性は低くなってしまうでしょう。

日本政策金融公庫で一度融資を失敗すると、半年以上は借りられないと考えた方がよいでしょう。

もちろん信用金庫などでは、融資を受けられる可能性もありますが、日本政策金融公庫では一度失敗すると当分借りられないと覚えておきましょう。

【ポイント】

融資を受けるのであれば、創業当初がオススメ !

1回融資を受けておくだけで、将来融資を受けることが非常に楽になる!!

【公庫から融資を受けた結果将来の融資が楽になった事例①】

まだ一度も融資を受けたことがない会社が三井住友銀行へ1,000万円の融資の申し込みをしたにも関わらず、融資が落ちたことがありました。

その会社は、日本政策金融公庫に融資の申し込みをして、1,000万円の融資が通りました。 その半年後、三井住友銀行から3,000万円の融資が確定しました。

日本政策金融公庫が融資した会社とわかることで、他の金融機関とも取引しやすくなります。

【公庫から融資を受けた結果将来の融資が楽になった事例②】

まだ一度も融資を受けたことがない会社が信用金庫へ500万円の融資の申し込みをしたにも関わらず、融資が落ちたことがありました。

その会社は、日本政策金融公庫に融資の申し込みをして、500万円の融資が通りました。

その半年後、同じ信用金庫から500万円の融資が確定しました。

日本政策金融公庫が融資した会社とわかることで、他の金融機関とも取引しやすくなります。

2.低い金利で融資を受けられる仕組みとは?

融資専門の認定支援機関に依頼するだけで、創業して間もない方であれば、金利が1.25%以下となります。

更に、創業する方が女性や、29歳以下の男性、55歳以上の男性で開業一年以内に融資を受けた場合には、年利が0.9%となります。

*平成28年に融資をお手伝いした方の事例です。金利は融資当時の金利情報です。平成29年6月現在は金利が変わっていますのでご注意下さい。日本政策金融公庫の金利情報はコチラをご確認ください。

開業時に600万円を借りた成功事例【広告代理店編】

 

利息が安くなると説明すると、うさんくさい気がするかも知れませんが、ネットで『中小企業経営力強化資金制度』と検索することで、日本政策金融公庫のサイトにUPされておりますので、是非ご参照ください。 または、サイトを見ても少し複雑でわかりにくいかもしれませんので、日本政策金融公庫のお好きな支店にお問い合わせしてみてください。

詳しい担当者であれば、すべての仕組みを把握しているため、解説してくれるはずですよ!

詳しくは、下記サイトをご参照ください。

中小企業経営力強化資金を利用して、金利を安く融資を受けよう!

 

まとめ

広告代理店を開業し、開業してすぐ、融資を受ける場合には、とりあえず専門家に相談し、融資を受けましょう。

 

中小企業庁が認める認定支援機関の専門家があなたをサポートします!

~日本政策金融公庫からの融資実績700件以上~

  • 独立をするための資金が必要
  • 創業7年以内で資金調達を検討している
  • 低金利で融資を受けたい
  • 多額の資金を借入したい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

NEWSTVに取材して頂きました!

幻冬舎で資金調達の本を出版させて頂きました。

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

融資額を増やすための方法を解説

開業時に600万円を借りた成功事例【広告代理店編】