広告代理店が開業時に600万円を金融公庫から借りた事例

広告代理店が開業時に600万円を金融公庫から借りた事例
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

今回は、広告代理店が設立時に日本政策金融公庫から年利0.9%で600万円の融資をに成功した事例を紹介します。

借入申込時の状況

今回紹介する事例の事業主は、当時25歳の男性で、資本金50万円で会社を設立しました。自己資金としては、個人の通帳に50万円、会社の通帳に150万円(開業直後の売上)がありました。

この方の場合、会社の通帳にある150万円を自己資金として日本政策金融公庫に借入を申し込みました。当時、年齢は 25歳と若かったですが、10代のころからHP作成やWEB集客の勉強をしていた過去の実績も評価され、600万円の融資を受けられたと考えられます。

創業時の融資のポイント

広告代理店が開業時に600万円を金融公庫から借りた事例

創業して半年程度経過してしまうと、売上の実績の開示を求められます。その時に、あまり実績がない場合には融資が難しくなったり、借りられる額が減少することもあります。

そのため、創業してすぐの融資の方が「借りやすく」かつ「借りられる金額も増加しやすい」傾向があります。

自分で融資を受ける場合と、認定支援機関を経由して融資を受けるのはどっちが良いか?

認定支援機関で、かつ、融資実績がある会社を経由して融資を受けると、審査に必要な資料(事業計画書や創業計画書等)の完成度が上がり、審査での印象アップにつながります。
自分で準備する場合、どのような資料を作れば正解かがわからない状況なので、資料の完成度が低いと融資審査がうまく進まない可能性もあります。準備の手間を省き、事業の準備に集中するためにも、融資のプロフェッショナルにサポートを依頼するのも手です。

まとめ

広告代理店を開業しようと考えている方は、創業してすぐに借入することのも資金調達の選択肢のひとつです。借入を申し込もうか迷っているようでしたら、まずは情報収集ベースで、当社のような融資支援をしている認定支援機関に問い合わせてはいかがでしょうか。相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

株式会社SoLabo(ソラボ)が
あなたの融資をサポートします!

株式会社SoLabo(ソラボ)は
中小企業庁が認める
認定支援機関です。

これまでの融資支援実績は
4,500件以上となりました。

  • 「独立するための資金を調達したい」
  • 「金融機関から開業資金の融資を受けたい」
  • 「手元資金が足りず、資金繰りに困っている」
  • 「独立するための資金を調達したい」
  • 「金融機関から開業資金の融資を受けたい」
  • 「手元資金が足りず、資金繰りに困っている」

といったお悩みのある方は、まずは無料相談ダイヤルに
お電話ください。
融資支援の専門家が
対応させていただきます(全国対応可能)。

SoLabo(ソラボ)のできること

SoLabo(ソラボ)のできること

  • ・新規創業・開業の相談受付、融資支援業務
  • ・既存事業者の融資支援業務
    (金融機関のご提案・提出書類の作成・面談に向けたアドバイス・スケジュール調整等)
     
  • ・新規創業・開業の相談受付、融資支援業務
  •  
  • ・既存事業者の融資支援業務
    (金融機関のご提案・提出書類の作成・面談に向けたアドバイス・スケジュール調整等)

融資支援業務の料金

融資支援業務の料金

SoLabo(ソラボ)の融資支援業務は
完全成功報酬です。
融資審査に落ちた場合は、
請求いたしません。審査に通過した場合のみ、
15万円+税もしくは融資金額の3%の
いずれか高い方を
請求させていただきます。

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

広告代理店が開業時に600万円を金融公庫から借りた事例