日本政策金融公庫の融資に失敗する方の10つの特徴とは?

日本政策金融公庫の融資に失敗する方の10つの特徴とは?
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

日本政策金融公庫に融資の申し込みをして、借入を失敗したくないですよね。

一度失敗してしまうと、審査に落ちた履歴が残ってしまいます。

履歴が残ってしますと、その後に融資を申し込む際に、その履歴を確認され、融資が受けにくくなる可能性もあります。

融資が受けにくくなる状況を作らないためにも、失敗する方の特徴を確認しておきましょう。

1.日本政策金融公庫の融資に失敗しやすい方の特徴

(1)過去に経験がない方

例えば、飲食店を開業したい方が、融資を受ける場合、過去に飲食店での勤務経験がある方が多いと思います。

この経験を活かして独立したいので融資を受けたい!という流れで融資を申し込むとお金を借りられる可能性が高いです。

このように、経験があれば、融資は受けやすく、未経験の場合には、融資は受けにくくなります。

《例外》

フランチャイズの場合には、未経験者でもできるように、仕組み化しているため、経験がない方でも融資を受けられるケースもあります。

ただし、フランチャイズだからどんなケースでも融資が受かる!ということではありませんのでご注意ください。

(2)自己資金がない方

自己資金が全くない、又は、自己資金がほぼないという方は、準備不足とみなされるため、融資を受けられる可能性はかなり低いです。

《例外》

ご両親にお金を出資してもらったり、友人に出資してもらった場合には、融資を受けられるケースもあります。

もちろん、家族や友人に出資してもらってたとてしも、自己資金がほとんどない場合には、かなり評価が低くなりますので、自己資金は少しでもよいので貯めましょう。可能であれば、100万円程度貯めて頂きたいです。

(3)計画性がない方

なんとなく開業してみたいからお金を貸してください!という形であれば、お金を借りられる可能性は非常に低いです。

融資を受けられる可能性が高い方は、計画を立て、その計画通りに準備してきた方です。準備不足な方は、融資を受けにくいことを覚えておきましょう。

(4)信用情報ブラックの方

携帯代毎月遅延して支払っている方や、クレジット事故を起こしている場合には、信用情報に傷が付きますので、融資を受けられる可能性が低くなります。

《例外》

クレジット事故などを起こしていても、数年経過しており、直近の数年で実績がある方であれば、お金を借りられる可能性もあります。

もちろんクレジットブラックの方で実績があっても確実に借りられるわけではありませんのでご注意ください。

(5)水道光熱費や家賃の月々の支払いに遅延が多い方

日本政策金融公庫は、貸したお金をキッチリ返済してくれる方にお金を貸したいと考えております。

水道光熱費や家賃の支払い遅延が度々ある方は、融資を受けにくくなります。

※年金や、保険料を支払っていないと、融資を受けられないという記事を書いている方もまれにいらっしゃるようですが、現状、年金や保険料をチェックすることはありません。もちろん払っていたほうがよいとは思いますが、現状は、借りるための要件には入っておりません。

※個人事業主の年金や保険料は、現状ではチェックされておりませんが、法人が、従業員の年金や保険料を滞納している場合には、融資がかなり厳しいのでご注意ください。

(6)自己資金が見せ金の方

見せ金は99%バレます。

バレた時点で、今後借りられなくなる可能性もありますので、姑息な手段を使うのはやめましょう。

日本政策金融公庫で融資を受けられなかった場合、日本政策金融公庫からは、しばらく融資を受けられない可能性もありますのでご注意ください。

融資を受ける際は、通帳を半年分チェックされます。

半年以内の間に、急にお金が増えている場合には、見せ金を疑われる可能性が高いので注意しましょう。

※自己資金についても詳細は、下記サイトをご参照ください。

融資を受けるための、自己資金とは?

自己資金ゼロから融資を受けるためにやるべきこととは?

(7)利息が高い金融機関からお金を借りている方

サラ金や、カードローン、クレジット・ローンを利用しており、現在も返済中の場合には、基本的には借りることは出来ません。

例えば、

通帳残高が20万円

カードローンが100万円

だった場合、自己資金はゼロと判定されてしまいます。

債務超過の場合には、融資を受けることが難しいとお考えください。

※ただしカードローンなどの借入額が少額な場合には、融資を受けられる可能性もあります。

(8)面談でキレてしまった方

日本政策金融公庫の面接官が厳しいことを言うかもしれませんが、キレてしまった方には絶対にお金は貸してくれませんので、絶対にキレないでください。

日本政策金融公庫の面接官は、基本的に融資を申し込みする方の味方ですが、面談の態度が悪ければ、面接官も態度が悪くなることもあるでしょう。

どんな理由があっても、面談ではキレてはいけませんのでご注意ください。

(9)準備不足で日本政策金融公庫の窓口に行く

日本政策金融公庫は、個人事業主や中小企業に優しい金融機関です。

ただ、準備不足の方に融資をしてくれるほど、優しいわけではありません。ご自身で融資手続きを進めたい!とお考えの方は、ちゃんと準備をしてから窓口に行ってください。

(10)日本政策金融公庫について詳しくない方に相談する

税理士や会計士であれば、日本政策金融公庫の融資に詳しいでしょ!と思っている方もいらっしゃるのですが、日本政策金融公庫の融資の仕組みをちゃんと理解している方はそこまで多くありません。

詳しくない方のアドバイスで進めてしまうと結果的に失敗してしまう可能性が高いのでご注意ください。

日本政策金融公庫に詳しいかどうかは、サポート実績を確認すれば見極められるでしょう。

2.借入を失敗しないためには?

上記1に当てはまっている方でも、半年から1年間しっかり準備をすることで、不利な条件を少なくすることができます。

そのため、早めにお金を借りるための準備をすることをオススメします。

日本政策金融公庫からの借入は、準備次第で借りられる可能性が高くなることを覚えておきましょう!

まとめ

日本政策金融公庫で融資に失敗してしまう方の特徴を理解することができたでしょうか? 1つでもあてはまるものがあれば要注意ですので、融資に失敗しないためにも確認しておきましょう。

もちろん上記に当てはまっていても、絶対に借りられないわけではありませんので、不安な方は一度ご相談ください。融資の専門家を経由することで、融資を受けられる可能性はあります。

《豆知識》

日本政策金融公庫で、融資を申し込み、審査に落ちてしまった場合には、しばらく日本政策金融公庫からは借りられない可能性が高いです。。

借入に失敗してしまうと、将来の計画が崩れてしまうと思いますので、融資失敗の可能性を限りなくゼロに近づけて融資を申し込むことをオススメします。

中小企業庁が認める認定支援機関の専門家があなたをサポートします!

~日本政策金融公庫からの融資実績700件以上~

  • 独立をするための資金が必要
  • 創業7年以内で資金調達を検討している
  • 低金利で融資を受けたい
  • 多額の資金を借入したい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

NEWSTVに取材して頂きました!

幻冬舎で資金調達の本を出版させて頂きました。

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

融資額を増やすための方法を解説

日本政策金融公庫の融資に失敗する方の10つの特徴とは?