連続起業家?シリアルアントプレナーって何?

連続起業家?シリアルアントプレナーって何?
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

シリアルアントプレナーという言葉を知っていますか?

連続して(serial)事業を開始する起業家(entrepreneur)という意味で、初めて聞いたという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

連続して起業するシリアルアントプレナーについて、会社を経営する時の知識として知っておくことをオススメします。

1.シリアルアントプレナーって何?

前述の通り、事業を連続して開始する起業家のことをシリアルアントプレナーと言います。

日本においてまだまだなじみのない言葉ですが、起業の先進国でもあるアメリカでは、新規事業を繰り替えし立ち上げるシリアルアントプレナーとして活躍する起業家は多く存在しています。

もちろん、最初に開始した事業を育て、会社を大きくするために経営を続けることが一般的です。起業後10年以内に倒産してしまう可能性は95%とも言われています。

倒産してしまう会社がほとんどである状況の中で、1つの事業で経営を継続していくことはとても簡単なことではありません。

事業が失敗してしまう可能性が高い中で、いくつもの事業を新規で開始しているシリアルアントプレナーの特徴とはどのようなものなのでしょうか?

(1)連続して起業した事業の全てが成功ではない

先程ご説明したとおり、起業してから10年以内に約95%の企業起業が倒産すると言われています。

起業家として一度失敗してしまったら、新しく事業を開始しない方がよいのでしょうか?一度失敗したら、起業家には向いていない、ということなのでしょうか?

 

決して、一度起業に失敗したからと言って、起業家に向いていないということはありません。

 

一度起業し失敗したことで、失敗から多くのことを学ぶことも可能です。

連続して起業をし、数多く事業に失敗してきた経験を詰んでから最終的に成功を手にするシリアルアントプレナーもいます。

 

もちろん、事業に関して失敗したことから何も学ぶことができなければ、いくら新しい事業を開始しても失敗を繰り返してしまうでしょう。

 

(2)成功しても連続して起業する?

シリアルアントプレナーは、事業が成功していても、その会社を譲渡したり、売却したりなどして新規事業を開始するケースも多くあります。

なぜ、シリアルアントプレナーは好調な事業であっても手放して新規の事業を開始するのでしょうか?2つの理由が考えられるでしょう。

①事業の未来を考えている

実施している事業が今現在好調であっても、10年後にも同じように好調な経営を続けることができるでしょうか?

好調な事業であっても、10年後に現在同様の売上を確保することは非常に難しいでしょう。

将来的な部分を考えた場合、シリアルアントプレナーとして活躍している起業家は、事業か好調な時に会社を売却し、売却した資金を元手に新規事業を開始する道を選択することでしょう。

②事業のピークかも?

実施している事業がとても好調で充分な売上を確保できていても、今がピークかもしれない!と判断して会社を手放し、新規事業を開始するシリアルアントプレナーも多いでしょう。

現在実施している事業が好調である場合、利益をキープしておくことができても、利益を拡大することが困難であるかもしれません。既存事業を辞め、新規事業で今より大きな利益を確保したい!と考える方もいるでしょう。

 

事業に関して経過を観察しているシリアルアントプレナーは、事業が好調である時期に手放すこともあるのです。

2.シリアルアントプレナーには資金力が必要!

シリアルアントプレナーとして活躍するためには、新規事業を開始するための資金力が必須です。

既存事業が好調な時期に売却することで、より多くの資金を調達することができます。

シリアルアントプレナーの資金調達

シリアルアントプレナーの多くが、会社を売却・譲渡することで新事業立ち上げのための資金調達をしています。

株式を公開することで会社の価値を最大に引上げでM&Aによって会社を売却する方法や、事業内容や技術を売却前に認めてもらうことで高額で売却する方法など、より多くの資金を調達するために事業を実施している時からシリアルアントレプレナーは様々な努力をしています。

3.連続して起業するメリットってなに?

シリアルアントプレナーとして連続して起業するメリットとは何なのでしょうか?

連続して起業する場合、すでに実施している事業や会社を売却・譲渡することになりますが、シリアルアントプレナーとして起業する場合、事業を売却・譲渡することによっていくつかのメリットを得ていると言えるでしょう。

(1)売却によって大きな金額を手に入れられる

起業して事業を開始した場合、どうすれば事業を成功に導くことができるのか、より多くのかたに技術を認めてもらうことができるのか、毎日必死に業務に専念することになるでしょう。

シリアルアントプレナーとして、これまで実施してきた事業を売却し、新規事業を立ち上げる場合、事業が好調の時に手放すことになります。

これまで必死に、事業成長のために取り組んできたものを全て手放す代わりに、大きな資金を手に入れることができるでしょう。

新規事業を開始する場合であっても、手元に大きな資金を持っていることは強みになります。

(2)自由な時間を確保できる?!

これまで会社を成長させるために必死に働いてきた方でも、会社を売却し資金を手にすることで、自由な時間を確保することが可能になります。

自由な時間の使い道はそれぞれですが、新規事業を開始するための準備期間として十分な時間を確保することが可能になるでしょう。

(3)経験値があがる!

シリアルアントプレナーとして起業した場合、起業家としての経験値をかなり上げることができるでしょう。

1つの事業を、成功した後もずっと続けた起業家と、成功した事業を売却し、同じ期間でいくつかの事業を立ち上げた起業家では、経験値が変わります。

事業を売却し、新規事業を開始することで、経営者として大きく成長することができるでしょう。

4.シリアルアントプレナーに向いている人とは?

経験値を詰むためにシリアルアントプレナーになろう!と考えていても、事業を一度成長させ売却し、新規事業を開始する流れを繰り返すことは容易ではありません。

シリアルアントプレナーになり、継続して新規事業を開始するためにはいくつかの条件を満たしている必要があるでしょう。

(1)事業を成功させるために

開始した事業に真剣にとりくみ、日々の業務の中で、事業を成長期に至らせるための努力ができる人でなければ、シリアルアントプレナーとして成功することは難しいでしょう。

日々働いていく中で、大きな壁にぶち当たることも、もちろん想定しておくべきです。

また、開始した事業が失敗してしまうことも少なくありません。

失敗してしまっても、原因や改善できる点などをしっかりと見つめ、これからの起業に活かせるような真摯な姿勢が必要です。

(2)起業する気持ちを維持できる?

シリアルアントプレナーとして起業する場合、何度も起業を繰り返し、起業後も再び事業成功のために必死に働くことになるでしょう。

複数回の起業の中で、どれだけ同じ気持で取組むことができるかが大切です。

新規事業を開始する前に売却した会社を超えるためには、モチベーションが下がってしまうと意味がありません。

これまでの経験を活かし、さらなる成長を遂げられるように、常に気持を維持しておく必要があります。

(3)事業計画をきちんと作成できる?

何度も新しい会社を起業することになりますが、[もう三回目の起業だから事業計画はだいたいで大丈夫]等という考え方ではシリアルアントプレナーとしては成功しません。

新規事業を開始する前には、リスクを考慮した綿密な事業計画を作成しておくことが成功のための第一歩です。

まとめ

今回は連続起業家であるシリアルアントプレナーについてご紹介しました。

事業を売却したり譲渡したりして新規事業を立ち上げることに対して、あまり良い印象を持っていない方も多いでしょう。

経営がうまくいかないから会社を売却したの?

という考え方かもしれません。

しかし、起業大国であるアメリカでは、会社を売却することは、素晴らしい事業であるからこそ売却することができ、さらに良い事業を開始するための一歩である、という考え方が浸透しています。

様々な経験を詰み、経営者として成功するために、シリアルアントプレナーを目指してみませんか?

中小企業庁が認める認定支援機関の専門家があなたをサポートします!

~日本政策金融公庫からの融資実績700件以上~

  • 独立をするための資金が必要
  • 創業7年以内で資金調達を検討している
  • 低金利で融資を受けたい
  • 多額の資金を借入したい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

NEWS TVに取材して頂きました

融資を受けやすくする方法とは?

連続起業家?シリアルアントプレナーって何?