初めての法人カードなら「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カード」がおススメ!

初めての法人カードなら「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カード」がおススメ!
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

法人カードとは、法人(会社)用のクレジットカードのことを言います。これから創業される方の中には、法人カードを作った方が良いのかと悩まれている方もいらっしゃるのではないでしょうか?また、すでに事業をスタートされている経営者の方で、個人のクレジットカードをそのまま使用されている方もいらっしゃると思います。

法人カードは経費の管理が簡単になる、ビジネスに役立つサービスが受けられるなどのメリットがあるため是非、創業時に作成してもらいたいのですが、具体的にどんなメリットがあり、どのカードが良いのかわからないという方のために、今回は、法人カードのメリットやおすすめの法人カードについて紹介します。

-初年度年会費無料キャンペーン実施中-

下記の申込ボタンから「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カード」にお申し込みいただくと、※初年度の年会費(20,000円/税抜)が無料!無料でプラチナカードが所有できるチャンスです。お見逃しなく!!(キャンペーン期間中なら追加カードも初年度無料です!)

初めての法人カードなら「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カード」がおススメ!

※初年度年会費無料キャンペーンについて

キャンペーン期間は2019年9月1日(日)~2019年11月30日(土) 上記、URLからお申し込みをしカードを発行された方が対象(対象期間中にお申し込みを完了し2019年12月31日(火)までにカードを発行された方)となります。

1.法人カードを持つメリット

法人カードと個人のクレジットカードの違いで触れたように、法人カードは個人のクレジットカードよりも限度額が大きく、ビジネスに役立つ付帯サービスがあるという点はメリットと言えますが、上記2つ以外にも法人カードには以下の4つのメリットがあります。

初めての法人カードなら「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カード」がおススメ!

メリット1:経費管理がラクになる

法人カードを作った方が良いと言える最大のメリットは経費管理がラクになるという点です。個人のクレジットカードをそのまま使用してしまうと、経費とプライベートの仕訳けが必要です。

しかし、法人カードであれば、カードで利用したもの=経費となり、利用履歴をそのまま経費として計上することが可能です。

法人カードは会計ソフト等と連携しているものが多く、連携しているソフトを使用していれば、利用履歴をそのまま取り込むことができるため、経費管理がラクになります。

メリット2:年会費も全額経費計上できる

クレジットカードの年会費は経費として計上することが可能です。個人のクレジットカードの場合、プライベートとして利用している割合と経費として利用している割合に応じて、年会費を按分する必要があります。

しかし、法人カードであれば、年会費をまるまる経費として計上することが出来ます。

メリット3:個人と会社の使い分けが明確になる

個人のクレジットカードを使用してしまうと、経費とプライベートを分けることが難しくなります。また、事業で必要な物を購入した結果、限度額がいっぱいになってしまって、プライベートの買い物ができなくなる可能性もあります。

経費とプライベートの支払いを明確に分けておくことで、税務調査などが入った際にも使用用途をきちんと説明することが出来ます。個人のクレジットカードを事業でも使用してしまうと、税務調査などの際にも不利になる可能性があります。

メリット4:追加カードで複数人が所有できる

法人カードは追加カードの発行が可能です。創業直後は代表者が所有しておけばよいですが、会社の規模が多くなったら役員にそれぞれカードを持たせることも出来ます。

ただし、カードの利用限度額は変わりません。例えば利用限度額が200万円の法人カードを作成し、追加カードを2枚発行したとしても、3枚のカードの利用限度額は合わせて200万円です。200万円×3枚にはならないため、注意してください。

2.法人カードと個人のクレジットカードの違いとは?

クレジットカードは個人で持っているから法人のカードを作る必要はないとお考えの方も多いと思います。しかし、法人カードはビジネスで利用することが想定されているクレジットカードであり、ビジネスでは断然、法人カードの方が利用しやすいという特徴があります。

法人カードと個人のクレジットカードは大きくわけて4つの違いがあります。

違い1:利用限度額

初めての法人カードなら「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カード」がおススメ!

個人の利用限度額(ショッピング枠)は50万円~100万円程度が一般的です。もちろん、カードのランクによってはこれ以上の限度額が設定されているものもあります。

しかし、法人カードの場合、経費の支払いを想定した利用限度額が設けられているため、200万円~500万円程度と、個人の利用限度額よりも大きく設定される場合があります。

例えば、50万円の仕入れをカードで行った場合、個人のクレジットカードを利用すると、今月も50万円分の仕入をしたいと考えていても、前月分の支払いが完了しないとクレジットカードを利用することが出来ません。

限度額が大きく設定されている法人カードであれば、余裕をもって利用することが出来ます。

違い2:付帯サービス

法人カードの特徴はビジネスで利用しやすいようになっているという点です。

例えば、使用した経費の明細データをダウンロードできるようになっていたり、会計ソフトと連携できるサービスがあるなど、法人カードならではのサービスが付帯されています。

カード会社によって付帯サービスは様々ですが、ポイントやマイルなどを上手く活用することで、出張などにかかる経費の削減にもつながります。

違い3:キャッシング機能

初めての法人カードなら「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カード」がおススメ!

法人カードの場合、基本的にはキャッシング機能がありません。これは、貸し倒れのリスクを防ぐためではないかと考えられます。

法人カードでもキャッシング機能が付いているカードもありますが、キャッシング機能が付いているカードの場合、一般的な法人カードよりも審査が厳しくなる傾向にあります。

違い4:支払い回数

個人のクレジットカードの場合、一括払い、分割払い、リボ払いなど支払い方法を選択することが可能ですが、法人カードは基本的には一括払いのみです。

3.創業時に作成するなら「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カード」

法人カードと一言でいっても、実にたくさんのカードがあります。どれにすれば良いかわからないという方におすすめのカードが「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カード」です。

「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カード」は個人与信型となるので、一般的な法人カードとは異なるサービスも多くあります。

-初年度年会費無料キャンペーン実施中-

下記の申込ボタンから「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カード」にお申し込みいただくと、※初年度の年会費(20,000円/税抜)が無料!無料でプラチナカードが所有できるチャンスです。お見逃しなく!!(キャンペーン期間中なら追加カードも初年度無料です!)

初めての法人カードなら「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カード」がおススメ!

※初年度年会費無料キャンペーンについて

キャンペーン期間は2019年9月1日(日)~2019年11月30日(土) 上記、URLからお申し込みをしカードを発行された方が対象(対象期間中にお申し込みを完了し2019年12月31日(火)までにカードを発行された方)となります。

「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カード」の概要

発行対象者法人代表者/個人事業主
年会費/追加カード年会費20,000円(税抜)(年間200万円以上利用で翌年年会費10,000円(税抜)/3,000円(税抜)
利用限度額一律制限なし
ポイント還元率/マイル還元率0.5%(海外利用時0.1%)/ANA:0.3% JAL:1.125%(最大)
ETCカード無料(最大5枚まで)
ショッピング保険年間最高300万円
旅行傷害保険(海外/国内)最高1億円/最高5,000万円
発行期間最短3営業日
キャッシング機能あり(上限300万円)

「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カード」の5つのおすすめポイント

おすすめポイント1:リーズナブルな年会費

「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カード」は法人カードのランクでもっとも高い「プラチナランク」のカードですが、年会費は20,000円(税抜)。

さらに、年間200万円以上(ショッピングのみ)、カードを利用すると、翌年の年会費が10,000円(税抜)と半額になります。

個人のクレジットカードなど一般的なプラチナカードは5万円前後、10万円以上の年会費がかかるものが多いなか、20,000円でプラチナカードを所有できるのはすごいです!

おすすめポイント2:永久不滅ポイントで経費削減に役立つ!

クレジットカードは利用によってポイントが貯まるサービスが多くありますが、ポイントには有効期限が設定されていることがほとんどです。

しかし、「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カード」は有効期限のない「永久不滅ポイント」がウリです。

貯まったポイントは利用代金の支払いの他、オフィスの備品購入、ギフトカードやマイルに交換することが出来ます。

「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カード」永久不滅ポイントの最大の魅力はJALのマイル還元率非常に高いこと。1,000円の利用で最大11.25マイルとJALカードよりも高いマイルが獲得できます。

おすすめポイント3:ビジネスサービスもたっぷり!

「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カード」は年会費がリーズナブルでありながら、ビジネスサービスも充実しています。

  • 24時間365日、コンシェルジュが対応
  • 旅行傷害保険あり(海外旅行最高1億円、国内旅行最高5,000万円)
  • プライオリティ・パスに無料登録
  • セゾンマイルクラブ登録でポイントが自動でJALマイレージになる

なんといっても、プライオリティ・パスの無料登録はかなり魅力的です。1200ヵ所以上の空港ラウンジが無料で利用できます。プライオリティ・パスは通常、プレステージ会員で426ドル(米)の年会費がかかりますが、「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カード」はこの年会費が無料!これはかなりお得です。

おススメポイント4:海外利用もOKなキャッシング機能付き

法人カードと個人のクレジットカードの違いでも紹介しましたが、法人カードの多くはキャッシング機能がついていないケースが多いです。

しかし、「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カード」はキャッシング機能があります。

キャッシングの上限額は300万円とかなり高額です。さらに、海外でのキャッシングも可能です。海外出張中に急にお金が必要になった場合でも、現地通貨で引き出しが出来るので大変便利です。

おススメポイント5:優待価格で利用可能なビジネスサービスもある

ビジネスアドバンテージ

レンタカーや宅配サービスなど経費の支払いが料金交渉の手間なく、いつでも優待価格で利用することが出来ます。「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カード」を利用することで、知らない間に経費削減が出来ちゃいます。

クラウド型会計ソフトfreee

クラウド会計ソフトとして有名なfreeeが3ヶ月間無料で使用できます。

顧問弁護士サービス リーガルプロテクト

ベリーベスト法律事務所が提供する法人向けの顧問弁護士サービスが優待価格で利用できます。弁護士以外にも弁理士や司法書士、税理士、行政書士のサポートを受けることが可能です。

-初年度年会費無料キャンペーン実施中-

下記の申込ボタンから「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カード」にお申し込みいただくと、※初年度の年会費(20,000円/税抜)が無料!無料でプラチナカードが所有できるチャンスです。お見逃しなく!!(キャンペーン期間中なら追加カードも初年度無料です!)

初めての法人カードなら「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カード」がおススメ!

※初年度年会費無料キャンペーンについて

キャンペーン期間は2019年9月1日(日)~2019年11月30日(土) 上記、URLからお申し込みをしカードを発行された方が対象(対象期間中にお申し込みを完了し2019年12月31日(火)までにカードを発行された方)となります。

「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カード」の審査について

プラチナカードということは審査も厳しいのではと思ってしまいますが、「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カード」は登記簿や決算書が不要で申し込みが可能です。

法人カードは設立3年以上、黒字でないと作れないという噂を耳にすることもありますが、登記簿や決算書の提出が不要な「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カード」は創業時でも簡単にお申し込みいただけます。

初めての法人カードなら「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カード」がおススメ!

オンラインでの申し込みであれば24時間いつでも申込が出来ます。申込後、30分以内に受付完了メールが届きます。受付完了メールに記載されている受付番号(16桁)は、手続きに必要となりますので、メールはきちんと保存しておいてください。

その後、確認の電話がかかってきます。申し込みの意思確認が行われ、審査結果がメールで届きます。審査に通過すると、郵送でカードが送られてきます。

せっかく法人カードを作るなら信用力が高まる高ステータスカードがベスト!

法人カードには「一般カード」「ゴールドカード」「プラチナカード」と3つのランクがあります。せっかく、法人カードを作るならば、高ステータスな「プラチナカード」が良いでしょう。

初めての法人カードなら「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カード」がおススメ!

ステータスの高いカードを使うことで、取引先からの信用力が高まることもあります。プラチナカードを持つならば、年会費もお手頃な「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カード」をおすすめします。

-初年度年会費無料キャンペーン実施中-

下記の申込ボタンから「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カード」にお申し込みいただくと、※初年度の年会費(20,000円/税抜)が無料!無料でプラチナカードが所有できるチャンスです。お見逃しなく!!(キャンペーン期間中なら追加カードも初年度無料です!)

初めての法人カードなら「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カード」がおススメ!

※初年度年会費無料キャンペーンについて

キャンペーン期間は2019年9月1日(日)~2019年11月30日(土) 上記、URLからお申し込みをしカードを発行された方が対象(対象期間中にお申し込みを完了し2019年12月31日(火)までにカードを発行された方)となります。

法人カードを利用することで、ビジネスがもっとスマートになるはずです。創業時のもろもろの手続きと一緒に、法人カードの申し込みもすませてしまいましょう。

※「アメリカン・エキスプレス®」はアメリカン・エキスプレス®の登録商標です。株式会社クレディセゾンはアメリカン・エキスプレス®のライセンスに基づき使用しています。

株式会社SoLaboがあなたの事業をサポートします!









NEWSTVに取材して頂きました!

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

融資額を増やすための方法を解説

初めての法人カードなら「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カード」がおススメ!