信用情報ブラックでも資金調達する2つの方法

信用情報ブラックでも資金調達する2つの方法
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

信用情報ブラックの方でも資金調達をしたいという方もいらっしゃるでしょう。

今回は、信用情報ブラックでも資金調達する2つの方法をご紹介致します。

1、そもそも信用情報ブラックって何?

信用情報ブラックでも資金調達する2つの方法

信用情報は、国が運営している個人信用情報機関によって管理されております。

管理している機関が3つあり、そのどれか一つでもブラックとして、登録されてしまうと、そのブラックの情報が共有されてしまいます。

≪3つの個人信用情報機関≫

(1)日本信用情報機構(JICC)

日本信用情報機構(JICC)は主にクレジットカードやキャッシング系の信用情報機関です。

(2)全国銀行個人信用情報センター(KSC)

全国銀行個人信用情報センター(KSC)は、主に銀行系の信用情報機関です。

(3)株式会社シーアイシー(CIC)

株式会社シーアイシー(CIC)は、割賦販売法及び貸金業法に基づく指定信用情報機関の信用情報機関です。

≪ブラックリストに登録される原因≫

信用情報ブラックでも資金調達する2つの方法

①クレジットカードの支払遅延

②クレジットカードの代金未払い

③携帯電話料金の未払い

④奨学金の支払遅延

このようなことが過去にあると、ブラックリストに登録されてしまうため、借入をすることが非常に難しくなります

信用情報ブラックでも資金調達する2つの方法

2、ブラックリストに登録されると弊害がでるもの

・クレジットカードを作成できないケースがあります。

・金融機関からの融資が難しくなります

・キャッシングが難しくなります

・クレジットローンが難しくなります。

3、ブラックリストの履歴が消えるまでの期間はどれくらい?

(1)日本信用情報機構(JICC)

信用情報ブラックでも資金調達する2つの方法

(2)全国銀行個人信用情報センター(KSC)

信用情報ブラックでも資金調達する2つの方法

(3)株式会社シーアイシー(CIC)

信用情報ブラックでも資金調達する2つの方法

5年から10年は、ブラックリストから消えないとお考えください。では、ブラックリストに載った状態で資金調達する場合には、どうすればよいのでしょうか?

4、ブラックリストに載っていても日本政策金融公庫から借りられる可能性も?

過去にブラックリストに載ってしまい、まだ履歴が消えていない方でも、現在の状況が良ければ、300万円から500万円程度であれば、日本政策金融公庫から融資を受けられる可能性はあります。

例えば、過去にクレジットの遅延を繰り返してしまい、ブラックリストに登録されてしまった方でも、直近1年から2年の間に信用情報に問題がなければ、日本政策金融公庫の融資が通るケースもあります。

一方で、自己破産や個人再生、特定調停などの債務整理をした人は、返済能力が低いと判断されるため、公庫の審査に通るには厳しいです。

過去に債務整理をした人は、個人信用情報機関からブラックの履歴が消えるまで融資を待つか、融資以外の資金調達方法を検討してください。お金を金融機関から借りる融資ではなく、投資家らの出資であれば、資金調達ができるかもしれません。

審査に不安ならSoLaboの無料診断を試す

信用情報に関して日本政策金融公庫の審査に通るか不安がある方は、当サイトを運営する株式会社SoLaboの無料診断をお試しください。無料診断は、申込者の債務状況を加味して、公庫の融資の可否を専門家が判断しています。

信用情報ブラックでも資金調達する2つの方法

5、ファクタリングを利用する

信用情報ブラックでも資金調達する2つの方法

信用情報がブラックだったとしても、資金調達を行うできる方法がファクタリングとなります。

すでに事業を始めているという前提が必要ですが、ブラックの人が資金調達をする方法としてファクタリングがあります。

ファクタリングとは、取引先の売掛金をファクタリング会社に売却する資金調達方法です。ファクタリングは借入ではなく債権の売却なので、信用情報がブラックの人でも利用可能です。また、申込から最短即日で入金も可能なので、ファクタリングは緊急の資金調達に向いた手段と言えます。

ファクタリングのデメリットは手数料が高いこと

ファクタリングには、手数料が高いというデメリットがあります。手数料は売掛金の10.0%~20.0%となるケースが多いです。例えば、100万円のうりかけきんで20.0%の手数料を取られた場合、手数料で20万円を引かれることになります。

手数料が高いので、ファクタリングを繰り返すと長期的な資金繰りが悪化していき、事業が再生不能になるケースもあり得ます。

とくに、1、2年の間に返済が苦しくてブラックになってしまった人には、ファクタリングで高い手数料を支払うということは厳しいはずです。そのため、ファクタリングを利用する場合には、1回に抑えた方が良いでしょう。

また、中にはOltaのように最大の手数料が10.0%を下回る業者もありますので、ファクタリングを利用する場合には、手数料の低い業者を検討してください。

信用情報ブラックでも資金調達する2つの方法

まとめ

債務整理や延滞をしたことがあり、信用情報に傷がある人は、日本政策金融公庫や民間の金融機関から融資を受けるには難しいです。ただし、個人信用情報機関からのブラック履歴が無くなっている人や、直近2年程度の返済履歴に問題のない人であれば、融資を受けられる可能性はあります。

SoLaboには、公庫の審査に不安でお問い合わせされる方もたくさんいらっしゃいます。

日本政策金融公庫からの融資が厳しいと当社の担当者が判断した場合でも、信用保証協会への紹介など、他の資金調達方法も提案してまいりますので、融資の審査に不安な方は、ぜひSoLaboにお問い合わせください。

株式会社SoLaboがあなたの融資をサポートします!









NEWSTVに取材して頂きました!

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

融資額を増やすための方法を解説

信用情報ブラックでも資金調達する2つの方法