ファクタリングを利用するために必要な書類とは?

ファクタリングを利用するために必要な書類とは?
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

ファクタリングを利用しようか検討している方は、どのような書類が必要なのかを確認しておきたいでしょう。

今回は、ファクタリングを利用して資金調達する際に、必要な書類をご説明いたします。

ファクタリングが利用できるか確認したい!という方は、下記の診断フォームから無料診断が出来ます。

ファクタリングで資金調達できる金額はいくら?資金調達無料診断フォーム

1.ファクタリングを利用するために必要な書類とは?

・現在の売掛金残高内訳一覧表

・運転免許証(免許書がない場合には、パスポート)

・住民票

・登記簿謄本 2通

・印鑑証明書 2通

・定款のコピー

・決算書2~3期分(2~3期を経過していない会社は、あるだけ)

・資金繰り表(6カ月先まで)

・売掛先企業に対する請求書及び契約書

※契約書がなければ不要

・通帳

※売掛先とどの程度継続的に取引をしているのかをチェックするために必要となります。

・納税証明書その3の3

・社会保険料納付証明書

※滞納がある場合は当局の受付印がある分割納付合意書

・賃貸借契約書

上記の資料が必要になります。

2.必要資料がほとんど必要なく、ファクタリングを利用できたら危ない!?

ファクタリング業者で、悪質な業者もあるのが現状です。

必要書類がほとんどいらず、すぐに資金調達を行うことができるファクタリング業者は、悪徳業者の可能性がありますので、必要書類があまりに少ない場合には、注意した方がよいでしょう。

まとめ

ファクタリングを利用するために必要な書類はすべてが必ず必要になるわけではありませんが、上記を揃えておけば、すぐに手続きを行うことが可能になるでしょう。

ファクタリングを利用するために必要な書類とは?

日本政策金融公庫の審査や手続きは最短でも1か月かかってしまうため、資金調達が間に合わない方で、売掛金がある方は、ファクタリングで資金調達する方法を検討してみましょう。

一度無料診断してみましょう。

資金調達無料診断フォーム

中小企業庁が認める認定支援機関の専門家があなたをサポートします!

~日本政策金融公庫からの融資実績700件以上~

  • 独立をするための資金が必要
  • 創業7年以内で資金調達を検討している
  • 低金利で融資を受けたい
  • 多額の資金を借入したい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

NEWS TVに取材して頂きました

融資を受けやすくする方法とは?

ファクタリングを利用するために必要な書類とは?