日本政策金融公庫(公庫)で融資が確定した後に必要なこととは?

日本政策金融公庫(公庫)で融資が確定した後に必要なこととは?

日本政策金融公庫からの融資が決まった場合、最後に提出しなければいけないものがあります。

最後に提出しなければいけないものを提出後に、お金が支払われることになります。

融資確定後、何が必要になるのでしょうか?

 

1.必要書類

書類
必要書類 入手先
「ご融資のお知らせ(兼借用証書)」 日本政策金融公庫から送られてきます。
印鑑証明書 市区役所  町村役場 (※お時間がかかる場合もありますので、お早めのご準備をお勧めします。)
預金口座振替利用届 日本政策金融公庫から送られてきます。
収入印紙 郵便局など

融資を受ける方がご用意するのは、印鑑証明書のみです。個人名義で借りる場合には、個人の印鑑証明書、法人名義で借りる場合には、法人の印鑑証明書をご用意ください。

それ以外の資料はすべて公庫から郵送されてきます。 郵送物の中に、返信用封筒があります。簡易書留でお送りするのですが、この送料は公庫が負担するようになっております。

書類を提出し、公庫に到着後、3営業日後に着金となります。 不備があれば、その分融資実行までに時間がかかりますので、十分確認しながら書類をご用意しましょう。

【注意点1】

法人名義でお金を借りる場合、借用証書を記載する際に、会社名と、代表者の名前も記載しますが、代表者の名前を記載し忘れるミスが多いようです。

そのため記載する際は、文章をよく読んで記載するようにしましょう。 ※他に必要書類がある場合がありますので、その際は公庫の担当者の指示に従ってください。

【注意点2】

預金口座振替利用届を作成する際に、口座振替を利用する銀行の印鑑が必要になります。

印鑑は、銀行のどの支店窓口でも対応可能ですので、お近くの銀行窓口へ行ってください。

ハンコを押して貰うだけなので、支店が空いていれば10分程度でハンコをもらえます。

2枚にハンコを押してもらった後、1枚はその銀行へ提出し、もう1枚は公庫に提出するため回収しなければなりません。

銀行担当者が不慣れな場合、2枚とも回収されてしまうことがあるそうなので、1枚は返してもらうと覚えておきましょう。

(例)

三井住友銀行神田支店の口座を作成した場合、神田支店又は神田支店以外の支店窓口へ訪問すると書類にハンコを押してもらえます。

その押印された書類の1枚を返してもらってください。

【注意点3】

印鑑証明書の金額は、借りた額によって異なります。

国税庁HP

上記のサイトを参照してください。

2.入金までどれくらいかかるのか?

必要書類提出後、3営業日後に入金されます。

入金される際、振込手数料は、借主負担となりますので、 手数料が引かれた金額が入金されます。

まとめ

少しでも早くお金を借りたい方は、印鑑証明書だけは、用意しておくとスムーズかと思います。

必要書類をすぐに提出できれば、入金のタイミングが早くなるということを覚えておきましょう。

お知らせ

日本政策金融公庫(公庫)で融資が確定した後に必要なこととは?