創業融資を成功させるための創業計画書|必要な資金と調達方法がポイント!!

創業融資を成功させるための創業計画書|必要な資金と調達方法がポイント!!

これから事業を始められる方が初めて日本政策金融公庫で融資を受ける場合には、必ず「創業計画書」を提出します。

すでに決算を迎えている事業の場合には、決算書等の数字を見ることで、その事業の成績や今後の展望を理解することが出来ます。しかし、まだ始めていない事業の場合、数字による根拠を得ることができません。

そこで、重要となる資料が「創業計画書」です。そして創業計画書の中でも、最も重要と言える「必要な資金と調達方法」です。

ここをしっかりと記載しておくことが融資成功のポイントとなりますので、書き方をしっかりと理解して下さいね。

1.創業計画書とは

創業計画書は主に、これから創業を予定されている方が、日本政策金融公庫で融資を受ける際に提出する書類のひとつです。

以下の融資制度を利用して融資を希望される方の場合には、必ず提出が必要となります。

創業融資を成功させるための創業計画書|必要な資金と調達方法がポイント!!

日本政策金融公庫は、創業者支援を積極的に行っています。そのため、他の金融機関よりも創業時の融資が受けやすい傾向にあります。

既に事業を行っている方の融資であれば、決算書等の数字から事業の見通しを把握し、返済能力があるかどうかの判断を行ないます。しかし、創業時、これから創業するという方の場合、数字から事業の見通しを判断することができません。

そのため、創業計画書の下記項目に記載してもらうことで、事業の見通しや返済能力などの判断基準としています。

創業融資を成功させるための創業計画書|必要な資金と調達方法がポイント!!

そして、この創業計画書の中で特にしっかりと記載する必要がある部分が「7.必要な資金と調達方法」です。

2.「7.必要な資金と調達方法」の左側は “必要な資金” について

左側は”必要な資金”を記載します。

創業融資を成功させるための創業計画書|必要な資金と調達方法がポイント!!

項目は(1)設備資金と(2)運転資金です。それぞれを詳しく見てみましょう。

(1)設備資金

事業を始めるにあたって必要となる設備の内訳と設備の購入にかかる金額を記載します。

会計処理上、資産に該当するものが対象です。

創業融資を成功させるための創業計画書|必要な資金と調達方法がポイント!!

記載した内容と金額の根拠を提示するために、それぞれの見積書を添付するようにしましょう。PCや車など販売店のwebページから金額が記載されているものを添付するという形でも問題はありません。

もし、既に購入している物がある場合には、領収書なども準備しておくと、自己資金から先に必要なものを購入したという証明になります。

(2)運転資金

運転資金は、人件費や賃料、水道光熱費、広告宣伝費、仕入など、事業を行うために必要な経費を記載します。

運転資金はそれぞれ、3ヶ月分程度を記載するようにしましょう。賃料や広告宣伝費、仕入れなどに関しては、見積などを添付して根拠を示すことが出来ますが、人件費等はしっかりと計算して計上するようにしましょう。

創業融資を成功させるための創業計画書|必要な資金と調達方法がポイント!!

適当な数字を記載すると「この人、ちゃんと考えていないな」と思われてしまうこともあります。どういった根拠でこの数字になったという補足資料を準備しておくようにしましょう。

3.「7.必要な資金と調達方法」の右側は資金の ” 調達方法 ” について

右側は“調達方法”を記載します。

創業融資を成功させるための創業計画書|必要な資金と調達方法がポイント!!

左側で記載した必要な資金をどのように調達するかを明確にするためです。

一つずつ確認して行きましょう。

(1)自己資金

自己資金はご自身が貯められた金額を記載します。事業用の資金として準備してきた金額を記入すれば良いので、貯金額をすべて記入しなければならないという訳ではありません。

【資本金は自己資金として見てもらえる??】

ご自身でしっかりと貯蓄されてきたお金を資本金に充ててしまったので、貯蓄が少なくなってしまったという方がいらっしゃいますが、ご自身でしっかりと貯蓄されたお金を資本金に充てている場合には、資本金も自己資金として判断してもらうことが出来ます。

-新創業融資制度を利用する場合―

新創業融資制度を利用される場合、自己資金要件があります。

3.自己資金要件

新たに事業を始める方、または事業開始後税務申告を1期終えていない方は、創業時において創業資金総額の10分の1以上の自己資金(事業に使用される予定の資金をいいます。)を確認できる方

日本政策金融公庫「新創業融資制度」要件より引用

左側の必要な資金に対し、1/10以上の金額は必要となりますので注意してくださいね。

(2)親・兄弟・知人・友人等からの借入

内訳(誰から借りた)と金額以外に、返済期間に関しても記載しておきます。自己資金が少ないので、ご両親から支援してもらったという場合には、こちらに記載します。

身内間での貸し借りとなると口約束などで済ませてしまいがちですが、借入契約書などを作っておくと、添付資料として提出することができるので面倒ではありますが、作成しておくようにしましょう。

(3)日本政策金融公庫 国民生活事業からの借入

融資希望額を記入します。

借りれるなら借りれるだけ借りたい!と高額な希望額を記載される方がいらっしゃいますが、初回の融資で高額な融資を受けることは難しいです。

また、必要な費用を左側で算出しています。必要な資金に対して、いくら足りないからいくら貸してもらいたいという説明が必要になりますので、すべての数字をしっかりと洗い出し、いくら融資を受ける必要があるのか記載するようにしましょう。

また、日本政策金融公庫には支店決裁権というものがあります。

創業時に

ご自身で融資の申込みをされている方の場合、1,000万円が上限

認定支援機関を経由して融資の申込みをされている方のの場合、2,000万円が上限です。

*上記の決裁権は無担保の場合です。担保付きの場合には上限が上がることもあります。

(4)他の金融機関からの借入

こちらは、協調融資を利用する場合に記載が必要となります。

―協調融資とはー

協調融資とは、2つ以上の金融機関から融資を受けることを言います。

日本政策金融公庫と他の金融機関での協調融資を利用する場合には、他の金融機関の融資を先に進める必要があるため、この欄に協調融資による借入先を記載します。

協調融資に関する詳細は下記をご確認下さい。

2つの金融機関から融資を受ける協調融資という方法とは?

4.左右の合計金額は必ず一致させること!!

一番下に、それぞれの合計を記載します。この時、左側「必要な資金」の合計と右側「調達の方法」の合計が同じ金額になるようにしてくださいね。

創業融資を成功させるための創業計画書|必要な資金と調達方法がポイント!!

まとめ

創業計画書は日本政策金融公庫から創業時の融資を受ける際に、融資の成功を左右する重要な資料です。

書き方の例など、日本政策金融公庫のHPに記載されていますが、そのまま書き写すということは避けるようにして下さいね。同じ業種であっても、創業される方の想いはそれぞれ異なるはずです。ご自身の想いをしっかりと記載したご自身だけのオリジナルの創業計画書を作成して下さい。

もし、1人で資料作成をすることが難しいという場合には、認定支援機関など融資の専門家に相談することもひとつの方法です。融資を成功させるために一番良い方法を選んでくださいね。

【関連記事】

日本政策金融公庫から融資を受けるため、正しい創業計画書を作成しよう!各項目のポイントを解説!

創業計画書の数字に説得力がないと、融資が通らない?

中小企業庁が認める認定支援機関の専門家があなたをサポートします!

~日本政策金融公庫からの融資実績600件以上~

  • 独立をするための資金が必要
  • 創業7年以内で資金調達を検討している
  • 低金利で融資を受けたい
  • 多額の資金を借入したい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

NEWS TVに取材して頂きました

SoLaboの融資成功事例

-飲食業界の成功事例-

インマインド・システムズ株式会社/野口代表
日本料理梅本/梅本代表
カジュアルイタリアン「リリーアン」/岡野オーナー
徳島ラーメン「ぱどる」/坂井オーナー
牛タン居酒屋「たんたん」/伊藤オーナー
株式会社加根古商店「かまベジ」/金子代表
錦福 香港美食/鞏オーナー
SAKR Bar 縁 enishi/吉沢代表
韓国屋台「ホンデポチャ」/金 代表
まつば屋 心平/石田オーナー
バル417/石塚オーナー
釜揚げうどん専門店『もと』/小倉代表
串揚げ「三平」/芦野代表
oh!BarDrive/森代表
韓国料理サムギョプサル「どにどに」/林オーナー
日乃屋カレー京急蒲田店/大久保オーナー

-接骨院・介護・福祉・医療業界の成功事例-

さがみ野こころ整骨院/山口院長
Life Conditioning Care 寺尾鍼灸接骨院/寺尾院長
からだ元気治療院(古河・猿山店)/玉橋代表
からだ元気治療院(流山店)/伊藤代表
ウィル鍼灸整骨院/菊池代表

-美容業界の成功事例-

Hangout misato/三浦代表
Elilume/和野代表

-制作・デザイン関係の成功事例-

動画制作等:株式会社BAUM/大谷代表
住宅・店舗設計等:オヘソファクトリー株式会社/藤江代表
イベント展示装飾デザイン等:株式会社シンクタス/阿部代表

-その他業種での成功事例-

株式会社オピアン/大津代表

株式会社SSC/長塚代表

融資を受けやすくする方法とは?

ソラボのご紹介マンガ作成して頂きました!

お知らせ

【セミナーのお知らせ】 2018年03月22日(木) / 04月03日(火) / 04月10日(火) / 04月18日(水)
創業融資のプロが語る「今の時代を生き残る士業になる為の武器とは!?」

【リリースノート】 2017年11月27日(月)
NewsTVに取り上げられました!

【セミナーのお知らせ】 2017年10月23日(月)
埼玉県内の飲食開業者&会計事務所向け 飲食店開業にまつわるお金講座開催のお知らせ

【セミナーのお知らせ】 2017年10月18日(水)
創業融資のプロが語るセミナー開催のお知らせ

【セミナーのお知らせ】 2017年10月17日(火)
士業事務所の職員様向け 会計事務所ができるベストなサポートセミナー開催のお知らせ

【セミナーのお知らせ】 2017年09月21日(木)
会計事務所向け 融資セミナー開催のお知らせ

創業融資を成功させるための創業計画書|必要な資金と調達方法がポイント!!