ノンバンク融資で事業資金を調達する方法

ノンバンク融資で事業資金を調達する方法
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

銀行融資の審査が難しいと感じ、ノンバンク融資を検討される方も多いのではないでしょうか。

今回は、ノンバンク融資について、メリット・デメリット、資金調達までの流れをわかりやすく解説していきます。

1.ノンバンク融資とは?

まずは、ノンバンク融資の概要について詳しく解説していきます。

(1)ノンバンク融資は銀行以外の融資

ノンバンク融資とは、言葉通り、銀行以外のノンバンクが行う融資という意味です。

ノンバンクとは、銀行以外の金融機関のことで、与信業務(取引先の信用度をはかって貸出や支払などを行うこと)に特化しています。

銀行という名前でないものでも、信用金庫や信用組合など、預金機能を持つ金融機関は、ノンバンクとは呼びません。

(2)ノンバンク融資を行う金融機関

ノンバンク融資を行う金融機関は、預金機能のないノンバンク、つまり、「信販会社」「クレジットカード会社」「消費者金融会社」「リース会社」「事業金融専門会社」「不動産金融専門会社」などです。

信販会社とは、商品の売り手の信用度をもとに代金後払いで販売する「販売信用取引」を主にしている会社のことです。自動車を購入するときの自動車ローン(オートローン)でよく利用されます。

消費者金融会社とは、個人との信用に基づいて無担保・保証人なしで融資を行う金融機関を指します。中には事業者に対しても、融資を実行します。

2.ノンバンク融資のメリット・デメリット

ノンバンク融資のメリットとデメリットをしっかり理解しておきましょう。

(1)ノンバンク融資を行うメリット

ノンバンク融資では、次のメリットがあります。

メリット①銀行融資と比べると融資実行までが早い

ノンバンク融資では、銀行融資と比べると融資実行までが早いです。

銀行などの金融機関では、審査に1~2週間ほどかかるケースが多い一方で、ノンバンク融資では、最短当日審査や最短3営業日審査などが主流です。

また、銀行などの金融機関と比較して、ノンバンク融資では提出書類が少なく、準備時間もそれほどかからないため、融資実行までが早くすむのです。

メリット②独自の審査基準で、審査に通りやすい

銀行などの金融機関や信用保証会社の審査基準は似たものが多いため、どの金融機関で融資を申し込んでも、審査の通りやすさに違いはでません。

一方、ノンバンクは独自の審査基準を持つところが多いため、銀行系に比べると、審査が通りやすい傾向があります。

メリット③アプリからの申し込み・生活費の併用OKなど、利便性が高い

ノンバンクの種類にもよりますが、アプリからの申し込みができたり、資金の使いみちで生活費の併用が認められたり、銀行などの金融機関よりも利便性が高い傾向があります。

(2)ノンバンク融資を行うデメリット

ノンバンク融資にはデメリットもあります。

デメリット①融資可能な金額が少ない

ノンバンク融資では、銀行融資と比較し、融資金額が低い傾向にあります。
審査基準が独自で、審査期間が短いため、融資金額が高く設定しにくい事情もあるでしょう。
大きな金額の資金調達をしたい企業が、ノンバンク融資をあまり利用しないのは、それが理由です。

デメリット②銀行などと比べて金利が高い

ノンバンク融資は、銀行などの金融機関と比較して金利が高い傾向にあります。

他の金融機関と比べ、返済されないリスクが高めのノンバンクが利益を出すには、金利を高く設定しなければならない事情があります。

デメリット③利用後に銀行からの信用が悪くなる

ノンバンク融資を利用すると、銀行からの信用が悪くなる傾向があります。

過去にノンバンクの利用実績があるだけで、資金繰りが悪く、収益力のない事業と評価される恐れがあるため、事業融資のノンバンクの利用は慎重になった方がよいでしょう。

3.ノンバンク融資の資金調達までの流れ

ノンバンク融資の資金調達までの流れについて、解説していきます。

ノンバンク融資で事業資金を調達する方法

画像素材:創業融資ガイド

(1)ノンバンクを選ぶ

ノンバンクを選びます。2つのポイントをおさえましょう。

ポイント1:会社の情報が信頼できる

ノンバンク融資を取り扱うところは多数あります。あまり耳にしたことがないような街金融業者などのノンバンクは、金利が法外だったり、契約内容が悪質だったりするので、気を付けましょう。

信頼できるノンバンクを選ぶなら、大手金融機関が親会社でグループ傘下であるなど、ホームページで会社の資本関係などの情報を見極めたうえで選びましょう。

ポイント2:融資条件が明示されている

ノンバンクを選ぶときは、ホームページなどで融資条件をきちんと確認しましょう。

ノンバンクの中には、融資条件が明示されていないために、契約後に金利があげられたり、借入金額が減額されたりするなど、利用者にとって不利になるケースも見られます。下調べは十分にしておくことをおすすめします。

(2)ノンバンク融資を申し込む

ノンバンク融資の申し込み方法はいくつかあります。

  • 来店での申し込み
  • 郵送での申し込み(必要書類を準備して郵送する)
  • 電話申し込み
  • WEB上の申し込み(WEB上で専用フォームに従い必要情報を入力する)
  • スマートフォンアプリでの申し込み

自身の状況に応じた申し込み方法を選択しましょう。WEBやアプリでの申し込みについては、即日審査が可能なことが多く、さらに利便性が高いといえます。

(3)ノンバンク融資の審査を受ける

ノンバンク融資の審査は、ノンバンクによって独自の審査基準を持ちますが、主に次の情報をもとに審査されます。

  • 提出された情報が本人確認情報や正しいものであるかの判定
  • 他社の借入状況
  • 現在の収入状況など

審査に要する時間はネット申し込みなどで最短30分ほどですが、ケースによっては時間がかかることもあります。

(4)契約完了・融資実行

審査が終了すると、審査結果がメールや電話で通知されます。その後、契約が完了すれば、融資が実行でお金が手に入ります。少額融資であれば、即日で融資実行されるケースが多いです。

まとめ

今回はノンバンク融資についてメリット・デメリット、ノンバンク融資の資金調達までの流れを解説しました。

経営者にとって状況に応じた資金調達方法を選択するためにも、ノンバンク融資についても理解を深めましょう。

株式会社SoLabo(ソラボ)が
あなたの融資をサポートします!

株式会社SoLabo(ソラボ)は
中小企業庁が認める
認定支援機関です。

これまでの融資支援実績は
4,500件以上となりました。

  • 「独立するための資金を調達したい」
  • 「金融機関から開業資金の融資を受けたい」
  • 「手元資金が足りず、資金繰りに困っている」
  • 「独立するための資金を調達したい」
  • 「金融機関から開業資金の融資を受けたい」
  • 「手元資金が足りず、資金繰りに困っている」

といったお悩みのある方は、まずは無料相談ダイヤルに
お電話ください。
融資支援の専門家が
対応させていただきます(全国対応可能)。

SoLabo(ソラボ)のできること

SoLabo(ソラボ)のできること

  • ・新規創業・開業の相談受付、融資支援業務
  • ・既存事業者の融資支援業務
    (金融機関のご提案・提出書類の作成・面談に向けたアドバイス・スケジュール調整等)
     
  • ・新規創業・開業の相談受付、融資支援業務
  •  
  • ・既存事業者の融資支援業務
    (金融機関のご提案・提出書類の作成・面談に向けたアドバイス・スケジュール調整等)

融資支援業務の料金

融資支援業務の料金

SoLabo(ソラボ)の融資支援業務は
完全成功報酬です。
融資審査に落ちた場合は、
請求いたしません。審査に通過した場合のみ、
15万円+税もしくは融資金額の3%の
いずれか高い方を
請求させていただきます。

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

ノンバンク融資で事業資金を調達する方法