プロパー融資とは 審査基準、メリット・デメリットを解説

プロパー融資とは 審査基準、メリット・デメリットを解説
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

銀行が行っている事業者に向けた融資は2種類があります。

1つ目は保証付き融資。これは信用保証協会をはさむ融資方法です。2つ目が今回のテーマにもなっている、プロパー融資です。

今回の記事では、銀行から融資を受けたい方向けに、プロパー融資について詳しく解説します。

1.プロパー融資とは?

(1)プロパー融資と保証付き融資

まず保証付き融資を先に解説します。

保証付き融資とは、金融機関と中小企業を大きく結ぶ役割をしている信用保証協会が、銀行との間に立ち、保証人になってくれる融資です。

信用保証協会は、返済が困難となった事業者の債務保証をすることによって、助ける役割を担っています。

つまり、下図のように、信用保証協会が保証人となり、お金を借りたいが返済力等の不足で借りるのが困難な事業者も融資を受けることが可能になることが、保証付き融資です。

プロパー融資とは 審査基準、メリット・デメリットを解説

※「代位返済」とは、代わりに返済することを意味します。中小企業が、返済できなければ、信用保証協会が、代わりに金融機関に返済します。

プロパー融資とは 審査基準、メリット・デメリットを解説

信用保証協会の審査で重要なポイント、審査期間や必要書類を徹底解説

2020.10.30

次に、プロパー融資は、保証付き融資とは反対に、信用保証協会を全く挟まず、銀行から直接融資を受ける方法のことを指します。

つまり、プロパー融資とは、事業者自身が銀行から直接お金を借りることです。

プロパー融資とは 審査基準、メリット・デメリットを解説

(2)プロパー融資と保証付き融資の使い分けはどうすればいい?

プロパー融資は、金融機関が100%リスクを負います。一方、保証付き融資は、信用保証協会がリスクを負います。

※状況により、信用保証協会と金融機関のそれぞれがリスクを負うこともあります。それぞれがリスクを負う場合には、それぞれの保証割合を確定させて進めます。

実績の乏しい創業時は、倒産しやすいと考えれられているため、基本的には保証付き融資しか利用することができません。

プロパー融資とは 審査基準、メリット・デメリットを解説

「プロパー融資」と「信用保証付き融資」の違いや使い分け方とは

2017.03.24

2.プロパー融資の審査基準とポイント

プロパー融資が保証付融資や銀行カードローンと違う点は、金融機関が100%をリスクを負うため、審査が非常に厳しいことです。

金融機関での審査も慎重になり、融資実行までに時間がかかります。

金融機関からプロパー融資を受ける場合、基本的には事業の実績が重要です。

一般的には、3回以上決算が終了しており、かつ、決算状況も良ければプロパー融資を利用できるケースもあります。

審査基準で特に金融機関からチェックされているポイントを次の図にまとめました。

プロパー融資とは 審査基準、メリット・デメリットを解説

3.プロパー融資のメリットとデメリット

プロパー融資のメリット・デメリットは次の通りです。

プロパー融資のメリット・保証料無料

・限度額がない

プロパー融資のデメリット・保証付き融資に比べて審査が厳しい

・返済期間が短い

各項目を順番に見ていきましょう。

プロパー融資のメリット

①保証協会に支払う保証料が無料

プロパー融資を利用する場合、保証協会を利用することはありませんので、保証料は無料です。

保証協会を利用した場合の、保証料の額は融資の額や返済期間にもよりますが、例えば、1,000万円の融資を受けると約5~50万円もの保証料を払うことになるのです。

プロパー融資を利用できれば、この保証料が不要になります。

②限度額が無い

プロパー融資ではその限度額に上限がありません。

仮に創業時にはあまりお金がかからなくても、会社が大きくなるにつれて設備投資等の資金が必要になってきます。

限度額がないプロパー融資ではかなりの好都合です。ただし、プロパー融資を利用できる企業は、業績が良い企業に限定されます。

デメリット

①審査が厳しい

審査基準にもまとめましたが、プロパー融資の審査は保証付き融資に比べて非常に厳しいです。

安易に申し込むと、落とされてしまう可能性が高くなります。

②返済期間が短い

保証付き融資に比べて、プロパー融資の方が返済期間は若干ですが短くなる場合が多いです。

返済期間が長くなれば会社の経営も変動します。そのため銀行からすると、「金額の回収ができなくなるかもしれない」と、判断され返済期間が短くなってしまうのです。

業績がよく、何度もプロパー融資を利用している会社であれば、返済期間も長くなってきます。

4.プロパー融資を受けるために必要なこととは?

プロパー融資は、創業期の事業者や中小企業にとってなかなか利用するのが難しい融資です。

一般的には、3回以上決算が終了していなければ利用することができません。

定期積金や、定期預金の残高が多い場合には、プロパー融資を受けやすくなる金融機関もあるようです。

但し、最近は開業するお客様の支援に力を入れている金融機関で、いきなりプロパー融資を受けられる場合もあります。金融機関からお金を借りる場合には、プロパー融資になるのか、保証協会付き融資になるのかを確認しましょう。

5.日本政策金融公庫はプロパー融資?

日本政策金融公庫の融資制度は、信用保証協会を経由しないため、プロパー融資といえます。

プロパー融資は、基本的には審査が厳しいのですが、日本政策金融公庫は、中小企業を支えることを目的とした政府系金融機関のため、プロパー融資にもかかわらず、他の金融機関に比べると融資の難易度が低い傾向があります。

日本政策金融公庫には、無担保・無保証で融資を受けられる「新創業融資制度」があります。無保証ということは、万が一倒産した場合に代表者が責任を負うリスクが無く、プロパー融資と比べると、利用しやすいメリットがあります。

創業間もない会社や、初めて融資を受ける方が借り入れしやすいため、起業・創業を考えている方の資金調達の選択肢として検討をおすすめします。

日本政策金融公庫の融資受けられる?
無料で診断する>

電話で無料相談する(平日9時~19時)

プロパー融資とは 審査基準、メリット・デメリットを解説

日本政策金融公庫とは?特徴や事業内容をわかりやすく解説

2020.09.24

まとめ

プロパー融資では、多額の融資ができ信用保証料がの支払いがない反面、その審査は非常に厳しく、審査に通過するのは難しいです。

融資による資金調達を希望されているなら、まずは、民間金融機関の保証付き融資や、日本政策金融公庫の創業融資などを利用するところから検討しましょう。

株式会社SoLabo(ソラボ)が
あなたの融資をサポートします!

株式会社SoLabo(ソラボ)は
中小企業庁が認める
認定支援機関です。

これまでの融資支援実績は
4,500件以上となりました。

  • 「独立するための資金を調達したい」
  • 「金融機関から開業資金の融資を受けたい」
  • 「手元資金が足りず、資金繰りに困っている」
  • 「独立するための資金を調達したい」
  • 「金融機関から開業資金の融資を受けたい」
  • 「手元資金が足りず、資金繰りに困っている」

といったお悩みのある方は、まずは無料相談ダイヤルに
お電話ください。
融資支援の専門家が
対応させていただきます(全国対応可能)。

SoLabo(ソラボ)のできること

SoLabo(ソラボ)のできること

  • ・新規創業・開業の相談受付、融資支援業務
  • ・既存事業者の融資支援業務
    (金融機関のご提案・提出書類の作成・面談に向けたアドバイス・スケジュール調整等)
     
  • ・新規創業・開業の相談受付、融資支援業務
  •  
  • ・既存事業者の融資支援業務
    (金融機関のご提案・提出書類の作成・面談に向けたアドバイス・スケジュール調整等)

融資支援業務の料金

融資支援業務の料金

SoLabo(ソラボ)の融資支援業務は
完全成功報酬です。
融資審査に落ちた場合は、
請求いたしません。審査に通過した場合のみ、
15万円+税もしくは融資金額の3%の
いずれか高い方を
請求させていただきます。

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

プロパー融資とは 審査基準、メリット・デメリットを解説