エンジェル投資家からお金を借りる方法とは?

エンジェル投資家からお金を借りる方法とは?

エンジェル投資家という言葉はご存じですか?

エンジェル投資家は「創業間もない起業家にお金を出資してくれる個人投資家」を指す言葉です。

創業後すぐの時期は、会社としての実績はすぐに上がらない企業が多いので、1,000万円などのまとまった資金を銀行から借りるのは簡単な事ではありません。

「銀行ではお金を借りられそうもないので、個人投資家からお金を借りたい」。

そんな考えでエンジェル投資家について調べる方は多くいます。今回の記事ではそんな方のために、個人投資家からのお金の借り方と注意点をご紹介します。

1.エンジェル投資家とは?

①起業して間もない小さい会社に投資

「エンジェル投資家」。改めてこのネーミングを眺めると、すごいインパクトですよね。

エンジェル投資家からお金を借りる方法とは?

銀行の場合、絶対に返済してくれる人にしか貸してくれないでしょう。

しかし、エンジェル投資家の場合は少し人情や期待が入る点が特徴です。

銀行の担当者が会ってもくれないような条件の方でも、ネットで気軽にエンジェル投資家にトライできる場合もあるのです。

日本のエンジェル投資家で有名人と言えば、サッカーの本田圭祐選手。

彼がベンチャー企業に5,000万円を投資することを明らかにしたニュースが記憶に新しいでしょう。

その他にも、ソフトバンクの孫正義さんや元楽天副社長の島田氏など、大手IT企業の社長も多く出資しています。

エンジェル投資家の増えた背景には、起業応援税制という税制が挙げられます。経済産業省では、条件を満たすエンジェル投資家とベンチャー企業に向けて減税措置を実施しています。そのため、エンジェル投資家から資金調達をしたいのならば、まずは自分が以下の対象要件を満たすベンチャー企業になるのが早道です。

エンジェル税制の対象要件

②ベンチャーキャピタルとの違いは資金額と審査面

エンジェル投資家からお金を借りる方法とは?

ベンチャーキャピタルとは、将来有望と思われる企業に融資をしてくれる投資を行う組織のことです。

ベンチャーというと、何だかアメリカのシリコンバレーなどの世界都市での話と捉える方もいますが、日本にも多くのベンチャーキャピタル会社が存在します。

例えば、大手のSMBCベンチャーキャピタル。

SMBCとはご存じ三井住友銀行グループです。他には商社系の伊藤忠テクノロジーベンチャーズや大学系の東京大学エッジキャピタル。

IT系ではモバイルインターネットキャピタルなど。さらに言えば、ベンチャーキャピタルは日本ベンチャーキャピタル協会という一般社団法人があり、随時セミナーや講演会も行っているほど活発に活動しています。

一般社団法人日本ベンチャーキャピタル協会

さて、エンジェル投資家の場合は個人投資家ですので審査に関しては基本的に個人投資家自体がOKと思えば、お金を貸してくれます。

しかし、ベンチャーキャピタルの場合は銀行同様明確な審査基準を持ちます。

また、エンジェル投資家が1,000万円程度の資金を提供してくれるのに対して、ベンチャーキャピタルでは最低1億円程度の資金からが貸し出し対象のケースが多いです。1億円以下の資金提供を銀行以外でお考えなら、エンジェル投資家からお金を借りるのも選択肢の一つとなります。

ベンチャーキャピタルに関しては、当サイトの既存記事ベンチャーキャピタルとは?そしてその仕組みは?も是非ご参照ください。

2.エンジェル投資家からお金を借りるには?

エンジェル投資家からお金を借りる方法とは?

では、エンジェル投資家からお金を借りるにはどうすればいいのでしょうか?具体的な策をいくつかご紹介します。

①起業家&投資家マッチングサイトから投資家を探す

資金調達したい起業家と有力な起業家にお金を投資したい投資家。

この2人がネット上で簡単に出会えるマッチングサイトがあります。このサイトの利用方法はカンタン。トップページから右上にある無料会員登録をすれば、すぐに投稿できます。

日本最大級の起業家&投資家マッチングサイトFounder

投資家募集|投資家と起業家のためのマッチングサイト【BMF】

但し、何の考えも持たずに適当に投稿しても誰も融資はしてくれません。実際に資金提供に結び付けるには、しっかりしたビジネスプラン(事業内容)や予想収益、投資家への還元方法、そして株式の所有について明確な文章を見せることがマストです。いくらエンジェル投資家といっても、将来の展望のない事業内容には投資はしてくれません。

②飲食店に出資して欲しいならこのマッチングサイト

店舗経営という形で企業したい方は、それに特化したマッチングサイトがあります。こちらも利用登録料は無料です。

PFC|飲食関係の事業に投資

こちらのサイトでは他の業種と共に、飲食店向けの投資も掲載されています。個人投資家は掲載するにあたり50万円の預かり金を支払わなければいけないので、登録数は少ないのが現状です。しかし、その分充分に調査された個人投資家が掲載されているようですので、サイト自体の信頼性は問題なさそうです。

③クラウドファンディング

エンジェル投資家の応用編がクラウドファンディングです。

これは、ある事業に賛同する不特定多数の人が少額ずつ出資してくれる制度で近年注目されています。クラウドファンディングで出資する人の中には、多額の資金を持つ投資家もいますが、中には子育て中の主婦や学生さんなど、お小遣い程度の金額を投資するミニ・クラウドファンダーもいらっしゃいます。

そのため、「一人のお金持ちにアピールする」エンジェル投資家へのアピール法ではなく、「多くの人の共感を得る」ことがクラウドファンディングでの資金調達を成功へ導きます。

3.エンジェル投資家と銀行以外で資金を調達する方法

①日本政策金融公庫からお金を借りる

日本政策金融公庫は、100%日本政府出資の政策金融機関です。日本経済の発展のために農業の支援や教育ローンなどによりお金を貸してくれる機関です。この日本政策金融公庫は、創業した人、または創業して間もない人にも低金利でお金を貸してくれます。

日本政策金融公庫でお金を借りるメリットとしては、まずは政府系の金融機関なので借り先として安心です。また、他と比べ低金利で返済も長期。無担保・無保証人で借りられるプランもあります。

②ビジネスプランコンテストに応募する

エンジェル投資家ではありませんが、ビジネスプランコンテストで優勝すると賞金がもらえます。コンテストで優勝すれば、エンジェル投資家から融資を受ける際のアピール材料になります。というか、エンジェル投資家がビジネスプランコンテストの優勝者をチェックしている可能性は大です。

特に最近では高校生のビジネスプランコンテストも活発で、優勝者は夕方のニュースで取り上げられたりもするので注目度も高いです。

ミラサポ|ビジネスプランコンテスト

他者のビジネスプランは「ビジネスプラン コンテスト」などと検索すれば閲覧できます。他者のビジネスプランを見る事は、自分のビジネスプランを見直すという点でも良い経験になりますね。是非、過去の優勝者のビジネスプランをチェックしてください。

③起業家同士でつながって情報をもらう

起業家の知り合いがいれば情報交換できますよね。資金調達に関しての経験をアドバイスしてくれる人も現れるかもしれません。例えば、六本木ヒルズで定期的に行われている「朝活」では、様々なバックグラウンドを持つ人々の話を聞き発信することが可能です。

Hills Breakfast – 六本木ヒルズ

資金調達と話はズレますが、自分の興味のある業界の人の話を一度聞きに行くのも大切です。直接ではありませんが、間接的な資金調達のヒントになるかもしれません。他にも、シリコンバレーのスタンフォード大学で行われる起業家向けのサミットも開催されています。敷居は非常に高いですが、シリコンバレーとつながってIT系企業で絶対に成功してみせる!という方には、多く得るものがあるイベントだと思います。

4.どの方法が一番お金を借りやすい?エンジェル投資家VS銀行

結論から言うと、いずれもお金を借りる本人のしっかりした準備や事業内容が明確でないとお金を借りることは難しいでしょう。しかしながら、より企業の業種やビジネスプラン自体に重きを置くのがエンジェル投資家です。

銀行の場合、融資を受けようとするとまずは財務内容や損益計算書、貸借対照表などの会計書類をしっかりチェックします。

不良債権がないか、在庫は適正なのか、負債はどれくらいなのかなどを審査し、返せない要素のある人には絶対お金を貸しません。また、銀行の場合は回収スピードが速いです。500万円かりた場合、返済期間は5~7年程度の場合が多いのです。

このため、書類関係が苦手、ビジネスプランには絶対の自信がある、銀行ではどうしても借りられない、こんな方はエンジェル投資家からの投資を考えてもよいかもしれません。

5.エンジェル投資家についての注意点とは

エンジェル投資家からお金を借りる方法とは?

エンジェル投資家についても、メリットばかりではありません。

まず、エンジェル投資家自体の文化が一般人にも浸透してきたのが比較的最近です。そのため、最近できたと思われるマッチングサイトが多くあり、中には本当に投資をしてくれるのか疑問を感じさせるサイトや投稿しても何も反応のないサイトもあるようです。

気軽な投稿だけで何百万円も貸してくれる人はこの世にいません。気軽な審査でお金を借りたいのであれば、むしろカードローンの審査の方が現実的かもしれません。エンジェル投資家を見つけるのであれば、そのサイト自体の信用性や投資家の経歴なども十分に審査しましょう。

まとめ

エンジェル投資家は、日本経済の発展のために貢献しているのは事実です。しかし、投資家は元起業家でもあったため、ビジネスを見る目はしっかりしています。銀行ほどの明確な審査基準はないですが、その分ビジネスプランの魅力や先見の明がないとまとまったお金を借りるのは難しいでしょう。

創業してすぐは、日本政策金融公庫からお金を借りやすいので、借りるべき?

創業してすぐは、日本政策金融公庫からお金を借りやすいと言われております。

詳しくは下記サイトでご確認ください。

創業時に無担保無保証で受けられる融資制度はあるのか?

NEWTVに取材して頂きました

お知らせ

【リリースノート】 2017年11月27日(月)
NewsTVに取り上げられました!

【セミナーのお知らせ】 2017年10月23日(月)
埼玉県内の飲食開業者&会計事務所向け 飲食店開業にまつわるお金講座開催のお知らせ

【セミナーのお知らせ】 2017年10月18日(水)
創業融資のプロが語るセミナー開催のお知らせ

【セミナーのお知らせ】 2017年10月17日(火)
士業事務所の職員様向け 会計事務所ができるベストなサポートセミナー開催のお知らせ

【セミナーのお知らせ】 2017年09月21日(木)
会計事務所向け 融資セミナー開催のお知らせ

エンジェル投資家からお金を借りる方法とは?