そもそも創業融資とは?どんな方法があるのか?

そもそも創業融資とは?どんな方法があるのか?
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

“起業をお考えの方”“既に起業をされている方”にとっては、馴染みのある言葉かもしれませんが、「創業融資」という言葉を聞いて、ピンとこない方もいるかと思います。

どうして起業を考えている方には馴染みのある言葉なのか、創業融資と呼ばれるものにはどんな方法があるのか、今回は「創業融資」について、詳しくお話していきます。

1.創業融資って?

何か新しい事を始める時には、それなりの資金が必要となります。

その新しい事柄が「事業」であった場合には、特に大きな資金が必要です。

創業融資というのは、「起業を考えている」「独立しようと思っている」「開業を目標にしている」などのように、事業に関して新しく始める際に、自身で集めた資金だけでは足りず、他者から資金を借り、事業のスタートを目指すことを指します。

そもそも創業融資とは?どんな方法があるのか?

融資は、資金を借りているのだから、返すことが大前提にあります。

では、創業融資として分類されるものとして、どんな方法があるのかを見ていきましょう。

 

2.創業融資にはどんな方法があるのか?

金融機関

一般的に知られている方法として、金融機関を通して資金を借りることです。

その中でも、多く利用される金融機関の一つが、「日本政策金融公庫」です。

「日本政策金融公庫」は、国が100%で出資をしている政府系金融機関であり、創業融資についても力を入れていることで有名です。

また、他の金融機関に比べて、金利が比較的低いということもあり、創業を考えている方の多くが利用することも分かります。

もちろん、私たちが身近に利用する「銀行」や「信用金庫」等でも融資のサービスを行っているため、もし興味がある方は調べてみると良いでしょう。

そもそも創業融資とは?どんな方法があるのか?

家族や友人

あまり創業融資としては、考えられにくい方法ですが、家族や友人、親戚等から資金を借り、起業を目指すということも、立派な創業融資です。

大きな資金が動くため、友人から借りるということは、起業後のよっぽどの自信がない限り難しいかもしれませんが、家族ともなれば、別です。

“身近な存在”かつ“起業に関しても比較的応援してくれる”という面から、資金を借りることもあるのではないでしょうか?

資金を借りたら、返すことが大前提ですが、仮に起業に失敗してしまったとしても、“家族だからこそ許される”ということも、考えられます。

そもそも創業融資とは?どんな方法があるのか?

 

3.創業融資で金融機関を利用するなら…

上記でご説明した創業融資の方法の中で、「金融機関」を挙げましたが、金融機関を利用する場合には、非常に厳しい審査に通らなければ、資金を借りることはできません。

金融機関側も、大きな資金を動かすことになるため、“本当に貸しても大丈夫なのか”ということを見分けなければならないのです。

審査方法は、提出された書類と面談によって決められていきます。

面談ももちろん重要ですが、金融機関側の担当者は、書類についても事細かに確認し、質問をしてきます。

創業融資に関しての知識が曖昧では、審査にも当然通りません。

そもそも創業融資とは?どんな方法があるのか?

そんな状況を回避すべく、ここで重要な存在なのが、専門家です。

税理士・行政書士・社会保険労務士・司法書士等が主に融資の支援を行っています。

また、多くの方が利用する日本政策金融公庫の融資で、【面談に必要な書類の作成】や【面談に関するアドバイス】などを行ってくれる機関も多く存在しています。

現に、一人で融資を申込むよりも、専門家や専門機関からのサポートがあった方が、融資に通りやすいということも明らかになっています。

起業をお考えの方は、金融機関に申込む前に、まずは、専門家・専門機関に相談を行うことをオススメします。

 

4.融資ではなく資金を集める方法は?

上記では、融資を受け、資金を集める方法についてご説明しましたが、融資ではなく、資金を集める方法はないのか、というのは気になるところです。

もちろん、融資ではなくても資金を集める方法は存在します。

その代表例というのが、以下の通りです。

そもそも創業融資とは?どんな方法があるのか?

一度は耳にしたことがある言葉もあるのではないでしょうか?

これらの方法で集まった資金については、基本的に返済ということはありません。ですが、それなりのデメリットも存在します。

▪クラウドファンディング

……支援者が集まらず未達成になってしまうと集まった資金も0円に

▪投資家

……多額の資金を投資してもらっているため、経営に口を出されることもある

▪補助金や助成金

……支払われるのが遅い為、別で資金を集めておく必要がある

これらのデメリットを踏まえたうえで、起業を進めていく中で、自身に合う進め方ができるのが一番理想だと言えます。

 

まとめ

今回は、創業融資についてお話しさせていただきました。

融資と言っても、金融機関から受けるものもあれば、意外な家族・友人から受けることも創業融資と言える事には、驚いた方も多いかと思います。

起業を進めていく中で、自分に合った形で資金を集めることができることが一番理想だと言えます。

中小企業庁が認める認定支援機関の専門家があなたをサポートします!

~日本政策金融公庫からの融資実績700件以上~

  • 独立をするための資金が必要
  • 創業7年以内で資金調達を検討している
  • 低金利で融資を受けたい
  • 多額の資金を借入したい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

NEWSTVに取材して頂きました!

幻冬舎で資金調達の本を出版させて頂きました。

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

融資額を増やすための方法を解説

そもそも創業融資とは?どんな方法があるのか?