銀行の融資業務の流れとは

銀行の融資業務の流れとは
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

資金調達を検討した結果、「銀行で融資を申し込みたいけど、審査は通るかな」と不安になる事業主の方も少なくありません。せっかく融資を申し込んでも、審査が否決になるのであれば落ち込んでしまいますよね。

では、銀行など金融機関で融資を審査する際は、内部でどのような流れで審査をするか考えたことはありますか?

今回の記事では、融資の豆知識として知っておきたい「金融機関が融資の審査をする際の流れ」と「銀行担当者の役職」を解説します。

金融機関の役職(肩書き)について

金融機関の肩書きとは?

「やられたらやり返す、倍返しだ!」というセリフで一躍大ブームを起こした堺雅人さんの代表作である銀行ドラマ『半沢直樹』をご覧になっていた方も多いと思います。

あのドラマを見ていると、融資を受けたいと申し込んだあとの銀行内部にもさまざまな思惑が入り乱れているのだということが分かります。実際にもあんな内部になっているのでしょうか?

金融機関という組織に存在する肩書きからまず見ていきましょう。

【金融機関の肩書きとは?】

  • ①一般(職員・行員)
  • ②主任
  • ③係長
  • ④支店長代理
  • ⑤課長
  • ⑥次長
  • ⑦支店長

金融機関の役職は上記のように、だいたい①~⑦までとなっています。①は新卒時から30歳前後ぐらいまでの役職と言えるでしょう。主任になるとボーナスが一般時代と格段に変わります。⑦の支店長に30代でなれればエリートクラスです。平均年収も1,000万円を超えると言われています。

支店内の組織

【支店内の組織について】

銀行の融資業務の流れとは

支店長がトップの位置にいて、その下に渉外(しょうがい)担当、貸付担当、事務担当がいるというイメージになります。融資担当はこの中で「貸付担当」に位置します。

約席とは、一般企業で言うと課長のような存在でハンコを押す権限を持っています。

ちなみに、渉外担当は漫画『銀行渉外担当:竹中治夫』を見ている方は分かると思いますが、富裕顧客を担当して外貨預金や投資信託などの販売を担当します。

融資の流れ

今度は、銀行の融資担当者の流れについてみていきたいと思います。

銀行の融資業務の流れとは

上記画像のように、支店長までに「渉外担当者約席」と「融資担当者約席」のハンコをもらわなければ、承認まで辿り着かないことがわかります。なお、支店長の権限でハンコを押せる融資は支店長決済と言います。役員会まで持ち込むのはかなり融資額が高額で取引先も国や超大手企業の場合が多いようです。

貸付担当者と良い関係を作る方法

 

融資担当者から渉外担当者約席または貸付担当者約席まで融資の話が通せないと、融資OKのハンコは押してもらえません。では、どのようにしてアプローチすればいいのでしょうか?

①挨拶のためのアポ取り

まず、金融機関の担当者へ渉外担当者の方へご挨拶をさせていただきたいのでお時間をいただけないか、と一度アポ取りをします。「外貨預金に興味がありまして」「投資信託のご説明を受けたい」でも結構です。しかし、口実を使う場合には実際に検討しましょう。

渉外担当者が難しければ、貸付担当者約席にご挨拶をさせていただけないかと相談しましょう。

②社長とあいさつに行く

事業主であるあなたが社長の場合はあなたが自ら渉外担当者にあいさつに行きましょう。ある程度の規模の事業所の場合は、事業所内の総務などを受け持つ秘書ポジションの方がまずアポ取りをし、アポが取れた場合は社長とナンバー2の立ち位置の方とでご挨拶に伺います。この時、手ぶらではなくきちんと業績推移表などの一連のアピール書類を持って行った方が良いのはいわずもがなです。

③毎月訪問して業務状況報告をする

「今後も毎月訪問して業績などの情報提供をしてもよいでしょうか?」と訪問の最後に許可を求めましょう。よほどの大手銀行である場合やよほどの業績が悪い会社以外では、断られないことも多いと聞きます。

まとめ

金融機関での融資審査の流れや役職について簡単に解説しました。町でよく見かける金融機関ですが、その内部がどのようになっているかは、なかなか掴みにくいのが実情ですので、参考にしていただければ幸いです。

株式会社SoLabo(ソラボ)が
あなたの融資をサポートします!

株式会社SoLabo(ソラボ)は
中小企業庁が認める
認定支援機関です。

これまでの融資支援実績は
4,500件以上となりました。

  • 「独立するための資金を調達したい」
  • 「金融機関から開業資金の融資を受けたい」
  • 「手元資金が足りず、資金繰りに困っている」
  • 「独立するための資金を調達したい」
  • 「金融機関から開業資金の融資を受けたい」
  • 「手元資金が足りず、資金繰りに困っている」

といったお悩みのある方は、まずは無料相談ダイヤルに
お電話ください。
融資支援の専門家が
対応させていただきます(全国対応可能)。

SoLabo(ソラボ)のできること

SoLabo(ソラボ)のできること

  • ・新規創業・開業の相談受付、融資支援業務
  • ・既存事業者の融資支援業務
    (金融機関のご提案・提出書類の作成・面談に向けたアドバイス・スケジュール調整等)
     
  • ・新規創業・開業の相談受付、融資支援業務
  •  
  • ・既存事業者の融資支援業務
    (金融機関のご提案・提出書類の作成・面談に向けたアドバイス・スケジュール調整等)

融資支援業務の料金

融資支援業務の料金

SoLabo(ソラボ)の融資支援業務は
完全成功報酬です。
融資審査に落ちた場合は、
請求いたしません。審査に通過した場合のみ、
15万円+税もしくは融資金額の3%の
いずれか高い方を
請求させていただきます。

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

銀行の融資業務の流れとは