信用金庫や信用組合から融資を受けるための基礎知識

信用金庫や信用組合から融資を受けるための基礎知識
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

創業時の融資や、初めて融資を希望する方で、信用金庫や、信用組合から融資を受けたいと考えている方も多いでしょう。

今回は、信用金庫や、信用組合から融資を受けるために知っておくべき基礎知識をご紹介致します。

1.信用金庫の基礎知識

信用金庫や信用組合から融資を受けるための基礎知識

信用金庫は、営業している地域が限定されております。その限定された地域の中小企業や個人事業主のための金融機関です。

創業時や、初めて融資をご利用になる方に向いている金融機関と言えるでしょう。

地域に密着しているため、毎月支払う必要がある税金を受け取りに来てくれるケースもあるようなので、創業間もない方にとって、とても丁寧なので、取引をしておくことで損することはないでしょう。

【事例】

税金の支払いをする際に、信金の営業担当者の都合が合えば税金を徴収しにきてくれます。

営業担当者から「定期積金をして欲しい」や、「従業員の方のクレジットカードを作って欲しい」などの営業を受けるケースもありますが、営業担当者に協力することで、良好な関係を構築し、将来的に追加融資を受けやすくなる可能性があります。

2.信用組合の基礎知識

信用組合は信用金庫と同様に営業エリアが限定されておりますが、信用金庫との違いとしては預金の受入れを原則組合員を対象としているなど、会員(組合員)資格が異なります。

信用金庫や信用組合から融資を受けるための基礎知識

信用組合は融資に関しては信用金庫とほぼ同様で、営業エリアが限定されており、個人や中小企業が主な取引先であり、地域の発展を目的としています。そのため、都市銀行や地方銀行よりも融資を受けられる可能性は高いといえます。

信用金庫と信用組合の違いについては下記記事で解説しておりますので、ご覧ください。

信用金庫と銀行・信用組合との違いとは?

3.信用金庫の融資に通るためのポイント

創業時や初めての融資の際には基本的に信用保証協会が保証を行う「保証協会付き融資」での取り扱いとなります。保証協会付き融資は信用金庫と保証協会それぞれの審査があり、信用金庫にとっては信用保証協会が保証するため、貸し倒れのリスクが低くなり、融資をしやすくなります。

信用保証協会の融資では、創業時であれば(1)保証できる業種であるか、(2)事業計画(資金の使い道も含む)、(3)自己資金があるかどうかを中心に総合的に審査されます。

(1)保証できる業種であるか

反社会的勢力は信用保証協会を利用できません。業種によっても保証対象外(農林・漁業、金融業、性風俗関連など)がありますので、事前に確認しましょう。

東京信用保証協会 ご利用いただけない中小企業とは

(2)事業計画

根拠がある売上計画を作成できているのか、融資をどのような使途で使用するか、返済能力があるのか審査されます。

(3)自己資金があるかどうか

下記東京信用保証協会のQ&Aに記載があるように自己資金は重要な項目という位置づけになっております。

東京信用保証協会 創業保証について

Q9 保証協会を利用して資金調達をする場合、自己資金は必要ですか?

「東京都制度融資」をご利用いただく場合、自己資金が要件に含まれないケースもありますが、当協会の保証審査において自己資金は事業経験とともに重要な項目になります。お客さまの創業計画をサポートさせていただく上で、創業に必要な資金の全額を借り入れでまかなうということは難しいとご理解ください。

※東京信用保証協会ホームページより引用

下記記事でも解説しておりますので、合わせてご覧ください。

信用金庫から融資を受ける可能性がある方へ【覚えておくべき5つのポイント!】

4.創業融資や初めての融資はどこから受けたらよいのか?

結論から言うと、創業時の融資は、日本政策金融公庫か、信用金庫または信用組合が良いでしょう。

日本政策金融公庫は個人事業主や中小企業を支援するための、政府が100%出資している政府系金融機関であり、創業する方に積極的に融資を行っています。

また信用金庫、信用組合は営業する地域が限られており、地域内の中小企業や個人が主な取引先であり、地域の発展を目的とした協同組織の金融機関です。

そのため、この2つの金融機関が融資を受けやすいといえます。

5.日本政策金融公庫と、信用金庫の決定的な違いは?

(1)日本政策金融公庫

信用金庫や信用組合から融資を受けるための基礎知識

日本政策金融公庫にお金を借りたいと申し込んだ場合、日本政策金融公庫が審査を行い、日本政策金融公庫が「貸しても良い!」と判断すれば、融資を受けることが可能です。

つまり、日本政策金融公庫のみで、貸す貸さないの判断をします。

(2)信用金庫(または信用組合)

信用金庫や信用組合から融資を受けるための基礎知識

信用金庫(信用組合)にお金を借りたいと申し込んだ場合、基本的に信用保証協会(保証協会付き融資)を提案されます。

保証協会付き融資の場合、信用金庫に加えて、信用保証協会が貸してもよい!と判断した場合にのみ、信用金庫からお金を借りることができます。

つまり、信用保証協会の判断次第で、借りられるのか借りられないのかが変わってきます。

(3)両者の大きな違い

信用保証協会を通すか、通さないかが大きく異なります。 信用保証協会を通すことで、融資を受けられるまでの時間が大きく異なります。

日本政策金融公庫は、申し込みから約1ヶ月から1ヶ月半で融資を受けられますが、信用金庫の場合、信用保証協会の判断を待たなければならないため、状況によりますが約2ヶ月から3ヶ月融資を受けるまでに時間がかかってしまうことがあります。

そのため、初めて融資は、日本政策金融公庫のほうが時間的には早い場合が多いです。

※信用金庫でも、プロパー融資(信用保証協会を通さない融資)を受けることもできるのですが、このプロパー融資を受けられる企業は、一定の事業実績が必要となる場合が多く、基本的に初めての融資では利用することはできません。

まとめ

信用金庫(または信用組合)は、地域密着の金融機関となりますので、取引をしておくことでお金が必要になったときに融資を受けられる可能性が高まります。

日本政策金融公庫と信用金庫については下記動画で詳しく解説しておりますので、ご覧ください。

状況により日本政策金融公庫と信用金庫のどちらから融資を受けたらよいのか(受けられるのか)異なりますので、一度専門家に問い合わせましょう。

株式会社SoLaboがあなたの融資をサポートします!







NEWSTVに取材して頂きました!

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

信用金庫や信用組合から融資を受けるための基礎知識