都市銀行や地方銀行から融資を受けるための基礎知識

都市銀行や地方銀行から融資を受けたいという人もいるでしょう。今回は、都市銀行や地方銀行から融資を受ける際に知っておくべき基礎知識をご紹介しておきます。

1.都市銀行とはどんな銀行?

都市銀行とは

みずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行などが都市銀行と呼ばれております。都市銀行は東京や大阪など大都市に本店があり、広域に展開している銀行のことをいい、主に大企業と取引を行っています。

そのため、創業時や創業間もない場合の融資であれば、都市銀行を利用するのは基本的に難しいでしょう。

2.地方銀行とはどんな銀行?

地方銀行とは

地方銀行は、各都道府県に本店をかまえ、その地方を中心に営業している金融機関です。

北海道銀行、東北銀行、群馬銀行、千葉銀行、富山銀行、八十二銀行などが地方銀行の例です。

都市銀行に比べると、規模が小さくなり、取引対象は地元の中小企業や個人がメインです。そのため、少額の融資にも対応する傾向です。

都市銀行に比べると、初回の融資でも対応してもらいやすい傾向ですが、初めての融資であれば基本的に保証協会付きの融資を提案されるでしょう。

保証協会付き融資とは、信用保証協会※が保証をしている融資のことをいいます。 万が一、借主の返済が滞った場合に、借主に代わって信用保証協会が金融機関に「立て替え払い」を行うという特徴があります。

金融機関としては貸し倒れのリスクを抑えて融資をすることができます。

※信用保証協会とは、小規模事業者・中小企業が金融機関から「事業資金」を調達する際に、保証人となることで融資を受けやすくなるようにサポートする公的機関です。

一方、信用保証協会の保証がなく、金融機関が直接事業者に融資をするのをプロパー融資といいます。プロパー融資は金融機関が100%貸し倒れのリスクを負うため、融資の審査が慎重に行われます。

そのため一定の事業実績がなければ、プロパー融資を利用できる可能性は低い傾向です。

3.都市銀行や地方銀行は創業時の融資を受けるのに適しているのか?

事業実績のない創業時に、都市銀行から融資を受けるのは難しいでしょう。

地方銀行は規模も様々です。創業に積極的な銀行があれば、あまり積極的ではない銀行もあるでしょう。

創業時に融資を積極的に行っているのは「日本政策金融公庫」または「信用金庫または信用組合」です。

日本政策金融公庫は政府が100%出資している、個人主や中小企業を支援することを目的とした政府系金融機関です。創業時でも積極的に支援してもらうことができ、創業時の融資(新創業融資制度)では、審査に通れば、無担保無保証で融資を受けられます

信用金庫(信用組合)とは、地域の方が会員(組合員)となって、地域の発展を目的とした協同組織の金融機関であり、主な取引先は個人や中小企業です。地方銀行よりも営業エリアが限られており、より地域に密着してます。そのため、創業時においても積極的に取り組む傾向があります。

まとめ

都市銀行や地方銀行からの融資は一定の事業実績が必要です。利益が出ている状況であれば検討するのも良いでしょう。

また、創業時の融資は日本政策金融公庫や信用金庫(信用組合)を利用することを検討しましょう。

株式会社SoLabo(ソラボ)があなたの融資をサポートします!

株式会社SoLabo(ソラボ)は中小企業庁が認める認定支援機関です。

これまでの融資支援実績は4,500件以上となりました。

「独立するための資金を調達したい」
「金融機関から開業資金の融資を受けたい」
「手元資金が足りず、資金繰りに困っている」
といったお悩みのある方は、
まずは無料相談ダイヤルにお電話ください。
融資支援の専門家が対応させていただきます全国対応可能)。

SoLabo(ソラボ)のできること

     

・新規創業・開業の相談受付、融資支援業務
・既存事業者の融資支援業務
(金融機関のご提案・提出書類の作成支援・面談に向けたアドバイス・スケジュール調整等)

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております