銀行融資の審査期間と審査結果を解説

銀行融資に申し込んだ人や、これから銀行融資を受ける予定の人は、審査にかかる時間や審査結果の連絡方法が気になりますよね。どのくらい時間がかかるのか事前に分かれば、結果連絡がくるまでの間、事業に集中できるでしょう。

当記事では、銀行融資の審査機関と審査結果を解説します。銀行融資に申し込む予定の人や、審査結果を待っている人は参考にしてみてください。

審査期間はプロパー融資か保証付き融資かで異なる

銀行融資の審査期間はプロパー融資と保証付き融資かで異なる傾向があります。銀行から直接融資を受けるプロパー融資と、信用保証協会の保証を受ける保証付き融資では、融資を受ける際の流れが違うためです。

具体的には、プロパー融資と保証付き融資は次のような流れで審査を進めます。

【保証付き融資とプロパー融資の審査の流れ】
保証付き融資の審査の流れプロパー融資の審査の流れ
1. 銀行に融資を申し込む1. 銀行の融資担当者に決算書、試算表、資金繰り表などの資料を提出する
2.銀行経由で信用保証協会の保証に申し込む2.融資担当者は資料をもとに融資を実行するかどうか検討する
3.信用保証協会で保証審査を行う(初回利用の場合面談を実施)3.融資審査に通過できれば、着金となる
4.保証が承諾されると、後日銀行から「信用保証書」が銀行に届く
5.借入金が指定口座に着金する

プロパー融資は保証付き融資に比べると、審査の手順が短縮されているので、審査期間も保証付き融資より短くなる傾向があります。

なお、銀行融資の審査期間は、申込者が法人か個人事業主かの事業形態で変わることはありません。プロパー融資、保証付き融資、事業用フリーローンのいずれも同様です。

ただし、利用対象者を法人のみとしている融資サービスの場合、個人事業主は融資を受けることができません。融資を利用する際は利用条件を確認するようにしましょう。

プロパー融資と保証付き融資のどちらに申し込むべきかや、銀行融資の審査に通過できるかどうか不安な人は、当社株式会社SoLabo(ソラボ)の簡易診断を利用してお問い合わせください。

金融機関から融資を受けられる?
無料で診断する>

電話で無料相談する(平日9時~19時)

プロパー融資の審査期間は状況によって変動する

銀行から直接融資を受ける「プロパー融資」の審査期間は、銀行によって異なる上、申込者の状況や銀行の審査部の繫忙具合によって変動する傾向があります。「審査期間が●日間かかる」というように具体的な期間が決まっているわけではありません。

たとえば、メガバンク3行にプロパー融資の審査期間について電話で質問したところ、次のような回答が得られました。

【メガバンクのプロパー融資の審査機関の例】
銀行名回答
三井住友銀行プロパー融資の商品「ビジネスセレクトローン」の場合、ご新規の方の審査期間は1か月半から2か月程度かかります。仮審査はありませんが、予め利用資格を設けているので、申し込めるのは資格に該当する方のみとなっています。
三菱UFJ銀行プロパー融資の商品「オンライン融資サービスBiz Lending」の場合、既に当行とお取引があることを前提にすれば、審査期間は最短2日から3日程度です。なお、オンラインサービスのため、審査期間中に確認事項が生じた場合はチャットにて質問する場合があります。
みずほ銀行非公開

ただし、ここで取り上げたプロパー融資はあくまで一例のため、同じ銀行内であっても商品や申込者の状況によって審査期間が異なる場合があるので、注意が必要です。

なお、当社で融資支援した事例では、資金ショートを回避するために「いつまでに資金が必要か」という具体的な期日を融資担当者に伝えたことで、数日程度で融資が実行されたケースもありました。

実際のところ、プロパー融資は銀行が単独で融資を実行するので、信用保証協会の審査が必要な「保証付き融資」よりも柔軟に対応してもらえる可能性があります。

銀行にプロパー融資を申し込む場合は、資金を用意する必要がある具体的な期日を融資担当者に伝え、審査期間を相談するのがよいでしょう。

保証付き融資の審査期間は1週間から1か月程度

信用保証協会から保証の承諾を受ける「保証付き融資」の審査期間は1週間から最大で1か月程度です。

保証付き融資の場合、銀行と信用保証協会の2機関の審査を通過する必要があるので、プロパー融資よりも審査期間が長くなる傾向があります。

具体的には、保証付き融資の場合、銀行経由で信用保証協会の保証に申し込み、初回利用の人は信用保証協会で面談を実施するので、面談の日程調整や準備に時間を要します。

なお、既に保証付き融資に申し込んだにも関わらず1か月以上経過しても審査結果の連絡がこなかった場合は、金融機関に問い合わせてみましょう。

信用保証協会の審査について詳しく知りたい人は「信用保証協会の審査期間と審査結果を解説」も参考にしてみましょう。

銀行の事業者向けフリーローンの審査は数日から1週間かかる

銀行が提供している事業者向けフリーローンの審査は数日から1週間程度かかる傾向があります。

銀行の事業者向けフリーローンは決算書や確定申告書などの業績に関する資料の提出が不要なので、プロパー融資や保証付き融資に比べると審査日数が短くなります。

銀行の事業者向けフリーローンの審査期間を調査したところ、次のように仮審査が1日~数日程度、本審査が1週間程度で完了することが分かります。

【銀行の事業者向けフリーローンの審査期間の例】
銀行名・商品名審査期間
三十三銀行 事業者向けフリーローン
  • 仮審査が1~5日程度
  • 本審査が1週間程度
横浜銀行 ビジネスフリーローン(個人事業主向け)
  • 仮審査が1~数日程度
  • 本審査が1週間程度
中京銀行 事業者向けフリーローン「はやわざ-α」
  • 仮審査が3日間程度
  • 本審査が1週間程度

事業者向けフリーローンの場合、申し込んだ当日中に融資を受けられることはなく、着金までに1週間から10日間程度かかる傾向があります。

事業者向けフリーローンの利用を検討している人は、資金繰りに間に合うかどうかのスケジュールを確認するようにしましょう。

銀行融資の審査結果は銀行から連絡が来る

銀行融資の審査結果は銀行から直接連絡が来ます。プロパー融資、保証付き融資、事業者向けフリーローンのいずれの銀行融資でも、融資担当者から審査結果を伝える流れです。

審査結果の連絡手段は銀行の融資担当者によって異なり、電話かメールのいずれかで連絡が来る傾向があります。

たとえば、金融機関の担当者との日頃の連絡手段が電話であれば、結果の報告も電話連絡になる可能性があります。

なお、プロパー融資や保証付き融資の場合、審査に落ちた場合でも結果の連絡があり、落ちた理由を説明してくれるので、銀行のプロパー融資や保証付き融資に申し込んだ人は、融資担当者からの連絡を待ちましょう。

まとめ

銀行融資の審査期間はプロパー融資と保証付き融資かで異なります。プロパー融資の審査期間は銀行によって異なるので、利用する銀行に確認するのがよいでしょう。「保証付き融資」の審査期間は1週間から最大で1か月程度の傾向があります。

また、銀行が提供している事業者向けフリーローンの審査は数日から1週間程度かかる傾向があります。フリーローンの場合、決算書や確定申告書類が不要なので、審査期間が短縮されると考えられます。

融資審査の結果は、電話かメールのいずれかで連絡があります。融資担当者との日頃のやり取りが電話なら電話、メールならメールで連絡が来る傾向があるので、結果連絡を待っている人は参考にしてみましょう。

株式会社SoLabo(ソラボ)があなたの融資をサポートします!

株式会社SoLabo(ソラボ)は中小企業庁が認める認定支援機関です。

これまでの融資支援実績は4,500件以上となりました。

「独立するための資金を調達したい」
「金融機関から開業資金の融資を受けたい」
「手元資金が足りず、資金繰りに困っている」
といったお悩みのある方は、
まずは無料相談ダイヤルにお電話ください。
融資支援の専門家が対応させていただきます全国対応可能)。

SoLabo(ソラボ)のできること

     

・新規創業・開業の相談受付、融資支援業務
・既存事業者の融資支援業務
(金融機関のご提案・提出書類の作成支援・面談に向けたアドバイス・スケジュール調整等)

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております