信用保証協会の融資は借り換えできる?借り換え融資を使うポイント

信用保証協会の融資は借り換えできる?借り換え融資を使うポイント
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

借り換え融資は、すでに受けている融資を別の融資として借りなおすことで条件を再設定し返済しやすくする融資です。

信用保証協会の保証付き融資では金融機関と信用保証協会が絡むほか、信用保証料なども複雑に絡みますが借り換えはできるのでしょうか?

今回は信用保証協会融資の借り換えについて解説します。

1.信用保証協会の保証付き融資の借り換え

(1)信用保証協会の融資は借り換えができる

保証協会の信用保証付き融資は借り換えに利用することができます。

信用保証付き融資であれば、その種類は問わず借り換えの対象とすることができるのです。

セーフティネット保証等の別枠保証と一般保証の区別なく借り換えでまとめることができるので、利用可能な幅は広く、複数の融資を同時に受けている場合には非常に頼りになる融資制度といえます。

また、単純に借り換えるだけでなく、追加融資を行って資金繰り自体を向上させることもできるのがポイント。

総じて資金繰りを楽にしてくれる非常に助かる制度です。

(2)プロパー融資の借り換えはできない

信用保証協会の絡まないプロパー融資を保証付き融資では借り換えできません。

保証付き融資で得た資金をすでに受けている銀行融資の返済に充てることを「旧債振替」といい、事前に信用保証協会が許可を出した一部の例外を除き基本的に禁止されています。

「旧債振替」の場合、本来中小企業の資金調達を支援する信用保証協会の目的と乖離してしまうためです。

プロパー融資を併用している場合は注意しましょう。

2.保証協会の借り換えシステム

(1)借換保証

保証付き融資を別の保証付き融資で借り換えることができる制度です。

保証付き融資が複数ある場合に一本化することで返済期間を長く、月々の返済金額を減らすなどして負担を軽減することができます。

また、借り換えるだけでなく、追加融資を同時に申請することもできるのがポイントです。

追加融資を同時に申請する場合は、借り換え後の毎月の返済金額が現在の毎月の返済金額より大きくならない範囲で考えるといいでしょう。

借換によって利率が上昇して企業側が不利になる場合など、保証制度の種類によっては借り換えすることができない場合があります。

まずは制度利用前に信用保証協会に相談をしてみましょう。

(2)特別借換

セーフティネット保証を利用した融資制度の一つに「特別借換」があります。

基本的には借り換え保証融資と同じなのですが、セーフティネット保証制度を利用することで信用保証料率が低くなったり融資期間が長めに取れるなどのメリットがあるため、利用できるならこちらを利用するのがいいでしょう。

セーフティネット保証の対象にならなければ利用できないため、まずは自分の事業がセーフティネット保証の対象かどうかを調べる必要があります。

セーフティネット保証に関してはこちら

3.保証協会の借り換え融資を利用する方法

(1)借り換え融資を利用できる条件

借り換え融資を利用できるのは、二種類以上の保証付き融資を一本にまとめるとき、または外的要因で資金繰りが悪化したときに利用できるセーフティネット保証や危機関連保証など、より条件のいい保証付き融資制度が利用できるときです。

また利用条件は、信用保証協会の保証付き融資を受け、その残高がまだ残っていることと、事業計画を立てて資金繰りの安定化や経営改善に取り組んでいること。

事業者の返済を緩和するための制度ではありますが、事業者自身がきちんと業務改善をしていなければ、保証協会も手を貸してくれません。

借り換え融資を受けたい場合は、まず借り換えが利用できる状況か、利用することで本当に返済が楽になるか考えるためにも、まずは信用保証協会に相談をしてみるのが一番です。

(2)借り換え融資を受ける手順

1.保証付き融資を受けている場合、その残高がまだ残っていることを確認する
2.金融機関の窓口で借換融資について相談する
3.セーフティネット保証を利用する場合は市区町村での認定書を発行してもらう
4.金融機関が納得してくれたら、融資と保証の申請を行う
5.融資実行時に信用保証料を支払う
6.信用保証料の返戻を受ける

借り換え融資の場合、信用保証料は借り換え時に新たに契約した借り換え融資にかかる信用保証料を払います。以前受けていた保証付き融資の信用保証料は、通常当初実行時に借入期間分を既に支払っているので、借り換え時の残りの期間に応じた信用保証料が後日返戻されます。

信用保証料は基本的に融資金額と保証期間に対して係数をかけることで決まるため、基本的に借り換え後の方が信用保証料は高くなります。

信用保証料についてはこちら

(3)借り換え融資を受ける場合に必要な書類

・法人の場合

信用保証委託申込書
信用保証委託契約書
申込人(企業)概要
個人情報の取扱いに関する同意書
印鑑証明書(申込人及び連帯保証人のもの)
商業登記簿謄本
確定申告書または決算書の写し(原則直近2期分)
納税証明書(法人税または事業税)
事業計画書
セーフティネット保証認定書

 

・個人事業主の場合

信用保証委託申込書
信用保証委託契約書
申込人(企業)概要
個人情報の取扱いに関する同意書
印鑑証明書(申込人及び連帯保証人のもの)
所得税の確定申告書の写し(原則直近2期分)
納税証明書(所得税<その1>又は事業税)
事業計画書
セーフティネット保証認定書

その他、決算期から6ヶ月以上が経過している場合は残高試算表、許認可が、必要な事業を行っている場合には許認可証等も必要となりますので、信用保証協会へ確認するのがいいでしょう。

まとめ

信用保証協会の借り換え融資は、保証付き融資の返済を緩やかにしたり、より良い融資条件に入れ替える場合に利用できる融資制度です。

借り換え時に追加融資を受けることもできるので、うまく使えば資金繰りの安定度を大きく上げることができます。

現在の保証付き融資に不安がある場合は、まず信用保証協会や融資に強い認定支援機関に相談してみるといいでしょう。

創業融資ガイドを運営する株式会社SoLaboは認定支援機関です。

信用保証協会の借り換え融資について気になることがある場合は、ぜひ一度ご相談ください。

株式会社SoLabo(ソラボ)が
あなたの融資をサポートします!

株式会社SoLabo(ソラボ)は
中小企業庁が認める
認定支援機関です。

これまでの融資支援実績は
4,500件以上となりました。

  • 「独立するための資金を調達したい」
  • 「金融機関から開業資金の融資を受けたい」
  • 「手元資金が足りず、資金繰りに困っている」
  • 「独立するための資金を調達したい」
  • 「金融機関から開業資金の融資を受けたい」
  • 「手元資金が足りず、資金繰りに困っている」

といったお悩みのある方は、まずは無料相談ダイヤルに
お電話ください。
融資支援の専門家が
対応させていただきます(全国対応可能)。

SoLabo(ソラボ)のできること

SoLabo(ソラボ)のできること

  • ・新規創業・開業の相談受付、融資支援業務
  • ・既存事業者の融資支援業務
    (金融機関のご提案・提出書類の作成・面談に向けたアドバイス・スケジュール調整等)
     
  • ・新規創業・開業の相談受付、融資支援業務
  •  
  • ・既存事業者の融資支援業務
    (金融機関のご提案・提出書類の作成・面談に向けたアドバイス・スケジュール調整等)

融資支援業務の料金

融資支援業務の料金

SoLabo(ソラボ)の融資支援業務は
完全成功報酬です。
融資審査に落ちた場合は、
請求いたしません。審査に通過した場合のみ、
15万円+税もしくは融資金額の3%の
いずれか高い方を
請求させていただきます。

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

信用保証協会の融資は借り換えできる?借り換え融資を使うポイント