JBAとは?

JBAとは?
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

JBAと聞いて日本バスケット協会をイメージした方はバスケ好きな方ですね!クレジットカード滞納経験者や、事業融資をお考えの方はJBAと聞けば「信用情報御三家の1つのJBAね」と考えるはずです。

今回の記事では、日本の指定信用情報機関の1つであるJBAについて解説します。これから融資を受けたい方は、信用情報も審査基準の一つですのでぜひご覧ください。

1. JBAは銀行系の信用情報機関

信用情報機関とは、個人の信用情報を保持・運営する機関です。信用情報とは、お金の貸し借りに関わる情報のことです。

JBAは銀行などの金融機関が集まってできた信用情報機関ですが、他にはJICC(消費者金融系の信用情報機関)とCIC(クレジットカード系信用情報機関)の2つが国(内閣総理大臣)から認められた指定信用情報機関です。

※よろしければ、当サイトの以下既存記事もあわせてご覧ください。

JICCとは?

CICとは?

2.指定信用情報機関は賃金法で定められている

JBAとは?

指定信用情報機関は賃金業法という法律により定められています。賃金業法って、関係者出ない限りはあまりなじみがないと思われる方も多いのではないでしょうか。

賃金業法で有名な規則として、総量規制があります。銀行系の金融機関からは年収の1/3以上は借りられないという取り決めです。また、平成22年の賃金業法の改正により、多重債務や破産者を減らすべく、消費者金融でも信用情報のチェックは必ずするようにとの指導がされるようになりました。

3. 信用情報には普通の情報とマイナス要素のある情報の2つがある

JBAとは?

では、信用情報とは一体なんでしょうか?簡単に言うと、

「(金融機関が貸す相手を)信用(してもよいかを判断するための)情報

と言えるでしょう。具体的にどのような情報が信用情報なのかと言うと、例えば

・Aさんが□年〇月△日新宿ミロードのネ・ネットに寄り、ミロードカードで57,000円分の買い物をした

・Bさんがマイル欲しさに□年〇月△日、WebサイトからJALカードの申し込みをした

こんな情報も、信用情報として扱われます。「な~んだ、そんな情報なら人に知られても別に気にしない~」という方もいるかもしれません。では、こちらの信用情報はどうでしょうか。

・Cさんが□年〇月△日に銀行口座から引き落とされるカード利用代金を入れられず滞納してしまった

・Dさんが〇カード会社に連絡して□日以内にカード利用代金を振り込むと約束したが、実際に返済したのは30日後だった

どうですか?Cさん、Dさんのような滞納履歴だけでなく、任意整理(弁護士などを通して、返しやすいように残債を整理すること)や自己破産(裁判所に申し立てて面積許可を得て全ての借金をゼロにすること)などの情報も信用情報機関は持っています。できれば、他人に知られたくない情報ですよね。

4. JBAの特徴

①気になる信用情報の保持期間は?

信用情報は申込みが6か月。それ以外はだいたい5~10年保持されます。JBAは比較的長めの保持期間で、自己破産と個人再生については10年の保持期間となっています。

延滞情報 自己破産 個人再生 任意整理 申込 特定調停
延滞解消から

5

10 10 5 6か月 5

申込み情報の何が悪いの?と思われる方もいるかもしれません。多重申込は信用情報ブラックに含まれます。何十枚ものカードを申し込む場合、この人は返済に困り次々とカード申込を繰り返しているのかも、という評価を下されます。

②本人開示は郵送しかない

JBAとは?

JBAにどのような自分の信用情報が登録されているのだろうか?銀行のローンや日本政策金融公庫の融資を受ける前には、正直この点は気になる方も非常に多いです。

CICやJICC同様に本人による信用情報の開示請求はできますが、他と比べて手続きのバリエーションは少ないです。郵送のみ対応となっています。

③JBAのカード使い過ぎライオンがカワイイ

余談ですが、JBAではカードの使い過ぎ防止キャンペーンで交通広告を出しました。そのライオンのイラストがとてもカワイイのです。

JBAのカードライオン画像はこちら♪

※上記URLをクリックすると、JBAの公式ぺージにリンクします

まとめ

信用情報機関の一つであるJBAについてご説明しました。銀行系カードローンの申し込みや事業融資の際には信用情報をみられます。

できるだけクリーンな信用情報の状態で、新規の申し込みに臨みましょう。

中小企業庁が認める認定支援機関の専門家があなたをサポートします!

~日本政策金融公庫からの融資実績700件以上~

  • 独立をするための資金が必要
  • 創業7年以内で資金調達を検討している
  • 低金利で融資を受けたい
  • 多額の資金を借入したい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

NEWSTVに取材して頂きました!

幻冬舎で資金調達の本を出版させて頂きました。

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

融資額を増やすための方法を解説

JBAとは?