JBAとは?全国銀行協会の役割を解説

JBAとは?全国銀行協会の役割を解説
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
お客様の融資支援実績は、累計4,500件以上(2021年7月末現在)
自身も株式会社SoLaboで創業6年目までに3億円以上の融資を受けることに成功。

JBAは一般社団法人である「全国銀行協会」の略称です。日本全国の銀行が加盟しており、銀行業発展のための取り組みなどを行っています。

当記事では、JBAがどのような役割を担っているかを解説します。JBAが設置および運営している全国銀行個人信用情報センターについても解説するので、個人信用情報機関に関する情報が知りたい人は参考にしてみてください。

JBAとは全国銀行協会のこと

JBAとは、「一般社団法人 全国銀行協会」のことです。JBAは英語名の「Japanese Bankers Association」の頭文字をとった略称を指し、全銀協とも呼ばれています。

全国銀行協会は、銀行の健全な発展を通じて日本経済の成長への貢献を目的に設立されました。全国銀行協会の前身となる銀行団体「択善会」は明治10年(1877年)に誕生し、現在の組織名「全国銀行協会」になったのは2011年です。

JBAは銀行業務を円滑化するための調査や企画、政策提言のほか、銀行と消費者の適正な取引を推進するための活動や、決済システムなどの企画や運営、銀行業界全体の社会貢献活動やコンプライアンスの推進に取り組んでいます。

【全国銀行協会(JBA)の活動】
適正な消費者取引の推進消費者保護に関する対応
金融犯罪への対応
多重債務問題への対応
決済システム等の企画・運営全銀システム
手形交換制度
電子債権記録機関
社会貢献活動・コンプライアンスの推進CSR活動の推進
コンプライアンスの推進
調査研究活動
銀行業務の円滑化銀行業務・事務の円滑化
税制改正要望
銀行界関連の法改正への対応

参照:全銀協の果たすべき機能・役割|全国銀行協会

なお、JBAでは、銀行に関するさまざまな相談や意見を受けつける「全国銀行協会相談室」を設けています。銀行取引に関する悩みや銀行とのトラブルなどを相談したい人は、「相談・苦情受付フォーム」に問い合わせてみるとよいでしょう。

JBAには全国の銀行が加盟している

JBAには、日本全国の銀行や銀行持株会社および各地の銀行協会が会員として加盟しています。令和3年9月16日時点の会員数は251(うち114が正会員)です。

正会員には、みずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行などのメガバンクに加え、北海道銀行、青森銀行、横浜銀行などの地方銀行が挙げられます。

【JBA(全銀協)の会員の一例】
会員種別
正会員(114会員)みずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、セブン銀行、北海道銀行、青森銀行など
銀行持株会社会員(3会員)三菱UFJフィナンシャル・グループ、三井住友トラスト・ホールディングス、みずほフィナンシャルグループ
準会員(75会員)PayPay銀行、ソニー銀行、楽天銀行、住信SBIネット銀行、auじぶん銀行、イオン銀行など
特別会員(58会員)札幌銀行協会、青森県銀行協会、埼玉県銀行協会、長野県銀行協会、京都銀行協会、広島県銀行協会、福岡銀行協会など
特例会員(1会員のみ)ゆうちょ銀行

参照:全銀協の会員一覧|一般社団法人全国銀行協会

なお、JBAの会員になれるのは、日本国内で活動する銀行と農林中央金庫、銀行持株会社、全国にある銀行協会のみです。信用金庫や信用組合は会員になることができません。

JBA全国銀行協会の公式サイトにある「全銀協の会員一覧」を確認してみましょう。

JBAは全国銀行個人信用情報センターを運営している

JBAは、信用情報を本人に開示する業務を行っている「全国銀行個人信用情報センター」を運営しています。全国銀行個人信用情報センターはクレジットカードやローンなどの信用取引における信用情報を保有し、銀行や信用金庫などの金融機関に共有しています。

具体的には、契約内容や返済状況に加え、利用残高などの情報を信用情報として保有しています。また、一般消費者から信用情報の開示請求があった場合、全国銀行個人信用情報センターは保有している信用情報を開示しています。

なお、インターネット上では、全国銀行個人信用情報センターを「KSC」という略称で呼んでいる場合もありますが、運営元のJBAはこのような略称を使用していません。実際、「KSCは全国銀行個人信用情報センターのことですか?」と質問したところ、「全銀協ではKSCという略称は名乗っていない」との回答でした。

全国銀行個人信用情報センターに関する情報を調べる際は、「KSC」ではなく、正式名称の「全国銀行個人信用情報センター」で調べるようにしましょう。

まとめ

JBAは、全国の銀行や銀行持株会社および各地の銀行協会が加盟している「全国銀行協会」の略称です。銀行取引上で生じたトラブルや悩みを相談できる「全国銀行協会相談室」を設けるなど、一般消費者に向けた取り組みも行っています。

また、インターネット上では、JBAが運営する個人信用情報機関を「KSC」として解説している記事も見受けられますが、運営元はその略称を名乗っていません。「全国銀行個人信用情報センター」が正式名称なので、信用情報を開示請求する予定の人は覚えておきましょう。

株式会社SoLabo(ソラボ)が
あなたの融資をサポートします!

株式会社SoLabo(ソラボ)は
中小企業庁が認める
認定支援機関です。

これまでの融資支援実績は
4,500件以上となりました。

  • 「独立するための資金を調達したい」
  • 「金融機関から開業資金の融資を受けたい」
  • 「手元資金が足りず、資金繰りに困っている」
  • 「独立するための資金を調達したい」
  • 「金融機関から開業資金の融資を受けたい」
  • 「手元資金が足りず、資金繰りに困っている」

といったお悩みのある方は、まずは無料相談ダイヤルに
お電話ください。
融資支援の専門家が
対応させていただきます(全国対応可能)。

SoLabo(ソラボ)のできること

SoLabo(ソラボ)のできること

  • ・新規創業・開業の相談受付、融資支援業務
  • ・既存事業者の融資支援業務
    (金融機関のご提案・提出書類の作成・面談に向けたアドバイス・スケジュール調整等)
     
  • ・新規創業・開業の相談受付、融資支援業務
  •  
  • ・既存事業者の融資支援業務
    (金融機関のご提案・提出書類の作成・面談に向けたアドバイス・スケジュール調整等)

融資支援業務の料金

融資支援業務の料金

SoLabo(ソラボ)の融資支援業務は
完全成功報酬です。
融資審査に落ちた場合は、
請求いたしません。審査に通過した場合のみ、
15万円+税もしくは融資金額の3%の
いずれか高い方を
請求させていただきます。

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

JBAとは?全国銀行協会の役割を解説