運送業の事業計画書のテンプレートと書き方の見本 実例サンプル付

運送業の事業計画書のテンプレートと書き方の見本 実例サンプル付
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

運送業の方向けに、どのようにビジネスを進めていくかをまとめた資料の「事業計画書」の書き方についてご紹介します。

事業計画書は経営に必要なお金を集めるときや、経営をあらためて見直したいときに活用し、創業や事業拡大に重要な資料となります。

この記事では、運送業の事業計画書の書き方と、テンプレートに記入した実例をご紹介します。

運送業経営に必要な事業計画書とは

運送業の事業計画書のテンプレートと書き方の見本 実例サンプル付

出典:PIXTA

事業計画書が必要になるタイミング

事業計画書とは、どのようにビジネスを進めていくかを表現した資料です。

一般的に、事業計画書が一番必要なタイミングは、資金を集めるときです。日本政策金融公庫や信用金庫などの金融機関から融資を受けるときや、知人から応援してもらうとき、今の経営状況や今後の計画について、事業計画書を見せて、わかりやすく伝えます。

創業前・創業後のお金を集める資金調達のタイミングだけでなく、資金調達以外の創業や事業拡大のタイミングでも事業計画書は必要になるため、運送業で必要な許認可などの準備と並行して進めましょう。

「準備」については、本記事の後項目の「運送業で必要な許認可の取得状況・予定を忘れずに書こう」でも詳しくお伝えします。

説明する相手に伝えるべき事業計画書の重要ポイント3つ

事業計画書は、必要な情報をまとめる「作成」だけでなく、相手に伝えるポイントを押さえた「説明」も重要です。

例えば、金融機関からの融資を受けるなどの資金調達するときは、金融機関の担当者との面談があり、事業計画書を見せながら根拠を提示しての說明が求められます。一方、知人に応援してもらうときは、事業計画書に沿った内容で、心を動かす説明を心がけることになるでしょう。

どのケースでも共通して、相手に伝えるべき事業計画書の重要ポイントが3つあります。

  1. 勤務時代の実績・強み
  2. 競合他社との差別化要素
  3. 事業の収支についての理解

この3つは、安定して利益を出すことができ、事業が順調にすすむことをアピールするのに最適な事業計画書の核です。ビジネスがうまくいく根拠として、「1.勤務時代の実績・強み、2.競合他社との差別化要素、3.事業の収支についての理解」をわかりやすく伝えましょう。

また、重要な3つとあわせて、大切なのは「どのような場合でも、説明する相手の利益や関心について考えて伝える」ということです。例えば、銀行から融資を受ける場合、銀行の関心は「貸したお金がきちんと返済されるか」にあります。また、知人に応援してもらうとき、応援してくれる方は「事業が順調にいくか」に関心があるはずです。それぞれの相手にひびく表現を選ばないと、相手を動かすことは難しいでしょう。

運送業の日本政策金融公庫からの融資事例

実際に、運送業の開業でお金を借りるのに成功した融資事例をご紹介します。

公的な金融機関の日本政策金融公庫でお金を借りるとき、経営状況などの説明によっては融資に失敗する可能性もあるため、「同業者がどういう条件で融資を受けることができたのか」を、あらかじめ知っておくことは大切です。

軽運送2期目で300万円借りることに成功した事例です。

【運送業の創業融資】運送業で300万円の融資成功事例 | 融資のことで悩んだら【資金調達ノート】

スムーズに資金調達したい方は、既存事業者・創業者問わず、融資支援実績の多い、株式会社SoLabo(ソラボ)までぜひお問い合わせください。

日本政策金融公庫の融資受けられる?
無料で診断する>

電話で無料相談する(平日9時~19時)

事業計画書のテンプレート・入手方法

お金を集める方法によって事業計画書のテンプレートがあったり、書式自由だったりといろいろです。事業計画書を作る前に、提出先が指定するテンプレートがないか確認しましょう。

金融機関によっても、テンプレートは変わりますが、事業計画書として求められる要素は似通っています。

ここでは、代表例として日本政策金融公庫の融資のテンプレートをご紹介します。

テンプレートは下のURLからダウンロードできます。

各種書式ダウンロード|国民生活事業|日本政策金融公庫

*利用する融資制度によって事業計画書のテンプレートは異なります。また、借りる状況によって利用する融資制度は変わります。

事業計画書の共通項として9つあるので、次で書き方のコツ・実例とともに見ていきましょう。

運送業の事業計画書の書き方の9つのコツと実例

運送業の事業計画書のテンプレートと書き方の見本 実例サンプル付

出典:PIXTA

運送業の事業計画書の書き方と実例をご紹介します。事業計画書に必要なのは、次の9点の要素です。

  1. 創業動機:情熱やコンセプトを伝える
  2. 経歴・実績:自身の強み・信頼性を伝える
  3. サービス内容:自社の強み・競合との差別化要素を伝える
  4. 顧客情報・販売戦略:売上があがることを伝える
  5. 競合・市場の状況:競合との差別化要素・自社の優位性を伝える
  6. 取引先情報:安定して仕入ができることを伝える
  7. 従業員情報:安定した運営ができることを伝える
  8. 事業に必要な資金額:金額の根拠・資金繰りの計画を伝える
  9. 収支計画:短期・長期の事業計画を伝える

それぞれ解説します。

①創業動機:情熱やコンセプトを伝える

事業計画書に必要な要素の1点目は創業動機です。「どれだけ前からコツコツと準備していたか」「どのコンセプトのお店にしたいか」を書き、情熱やコンセプトを伝えましょう。

例えば、次の文章です。

これまで運送業に9年従事してきました。時間を厳守し迅速にお荷物をお届けすることでお客様から引き合いをいただいております。また、倉庫内の業務についても下地があるため、業務依頼がしやすいと信頼していただいています。これまで業務委託として案件を頂いておりましたが、直接契約で案件をいただけることとなったため、創業を決意いたしました。

日本政策金融公庫で開業のときに使うテンプレート「創業計画書」の「1創業の動機」でも創業動機を記入する欄があります。具体的に「何年前から」「どの準備をしていたか」を記入しましょう。

既に開業されている方も、創業動機を伝えることで、ストーリーとしてこれまでの事業の流れを伝えることができます。

②経歴・実績:自身の強み・信頼性を伝える

事業計画書に必要な要素の2つめは経歴・実績です。「年数」と「内容」、「実績」を具体的に記入し、自身の強み・信頼性をアピールしましょう。

例えば、次のように表現します。

◯年◯月〇〇高校卒業
◯年◯月「〇〇倉庫」に入社(3年)フォークリフトで積み下ろし業務
◯年◯月「〇〇運送」に入社(6年)運転手業務
◯年◯月独立して「〇〇運送」を創業

既に開業されている方も「どんな経歴があるか」を記入することで実力を示しやすいです。

また、事業計画書とは別に資格の証明書や、社内での表彰状などがあれば合わせて準備することで実績をアピールできます。

運送業で必要な許認可の取得状況・予定を忘れずに書こう

運送業は許認可がないと営業が出来ない場合があります。創業の場合はもちろんのこと、事業拡大で配送する車を増やす場合も許認可の申請が必要になるため、確認しましょう。

許認可が必要かどうかについて詳しく知りたい方は次の記事を参考にしてください。

また、許認可の申請は各地域の運輸局から申し込みができます。各運輸局は次のリンクから探せます。

地方運輸局 |国土交通省

日本政策金融公庫で開業のときに使うテンプレート「創業計画書」の「2 経営者の略歴」でも経歴を記入する欄があります。他のテンプレートも、経営者自身の強み・信頼性を表現すべき欄がほぼ確実にあるので、アピールにつながるようにしっかり記入しましょう。

③サービス内容:自社の強みを伝える

事業計画書に必要な要素の3つめはサービス内容です。「わかりやすく具体的に」サービスの内容を伝え、自社の強みをアピールしましょう。

例えば、次の文章です。

サービスは、軽貨物の運送をしています。(料金は別紙を参照)

最近は、通販サイトで購入された商品の宅配がメインとなっています。現在、〇〇社から案件をいただいています。地域に根ざしたルートのため、地の利を活かした効率のよい配送が可能です。

また、事業計画書とは別に、運送時の料金表をあわせて準備すると、サービス内容をわかりやすく説明できます。自社の強みがわかるよう、他社の料金表とサービスの比較もしておきましょう。

日本政策金融公庫で開業のときに使うテンプレート「創業計画書」の「3 取扱商品・サービス」にも記入する欄があります。他のテンプレートも、自社の強みを表現する欄は必ずあるので、しっかり記入しましょう。

④顧客情報・販売戦略:売上があがることを伝える

事業計画書に必要な要素の4つめは顧客情報・販売戦略です。

「なぜ売上がたつか」の理由・根拠を記入しましょう。すでに引き合いがある場合は、どれくらいのニーズがあるのかも「具体的」に記入しましょう。

例えば、次の文章です。

〇〇社が主要な顧客です。現在、動けば動くだけ、案件をいただける状態です。倉庫内での流れを把握し、スムーズな積み下ろしを心がけ、効率よく配送し、より多くの案件をいただいていたところ、紹介で他社からも案件をいただけることになりました。1件1件丁寧に取り組み、直接契約を増やしていきます。

「顧客からどのように案件を獲得できるか」、「既にお客さまがどれくらいついているか」など、より具体的に売上がたつ理由を記入しましょう。

また、事業計画書とは別に契約内容の分かる書類などがあれば、あわせて準備することで説明しやすくなります。

日本政策金融公庫で開業のときに使うテンプレート「創業計画書」の「3 取扱商品・サービス」にも記入する欄があります。他のテンプレートも、売上根拠を表現する欄は必ずあるので、しっかり記入しましょう。

⑤競合・市場の状況:競合との差別化要素・自社の優位性を伝える

事業計画書に必要な要素の5つめは競合・市場の状況です。
「他社よりもよい」理由や、「業界の成長性」を記入し、競合との差別化要素・自社の優位性をアピールしましょう。

例えば、次の文章です。

インターネットでの物販が盛んになり、運送業の需要は日毎に増し、人材不足が謳われるようにもなりました。案件は豊富にある状態で、今後も需要が伸びることが予想されます。さらにコロナの影響で「置き配」指定が一般的になり、再送が少なくなり、配送の効率も上がって参りました。他の業者よりも効率よく回ることで売上を伸ばしていこうと考えております。

日本政策金融公庫で開業のときに使うテンプレート「創業計画書」の「3 取扱商品・サービス」にも記入する欄があります。他のテンプレートも、競合との差別化要素・自社の優位性を表現する欄は必ずあるので、しっかり記入しましょう。

⑥取引先情報:安定して仕入ができることを伝える

事業計画書に必要な要素の6つめは取引先情報の状況です。ここで安定して仕入ができることを伝えます。
運送業での仕入はガソリンがメインです。他のもので定期的に仕入れる必要があれば、安定的に仕入れできることを伝えましょう。

例えば、次の文章です。

取引先〇〇社月末〆翌月回収
仕入先ガソリンスタンド即日〆即日払い
外注先

日本政策金融公庫で開業のときに使うテンプレート「創業計画書」の「4 取引先・取引関係情報等」にも記入する欄があります。他のテンプレートも、記入欄は必ずあるので、仕入の安定感をアピールしましょう。

⑦従業員情報:安定した運営ができること体制を伝える

事業計画書に必要な要素の7つめは従業員情報の状況です。ここで安定した運営ができること体制で準備していることを伝えましょう。

例えば、次の文章です。

名前経験雇用形態
Aさん経理パート雇用

運送業の場合、1人で経営する場合もあります。その場合は記入なしで大丈夫です。

日本政策金融公庫で開業のときに使うテンプレート「創業計画書」の「5 従業員」にも記入する欄があります。他のテンプレートも、記入欄は必ずあるので、運営の安定感をアピールしましょう。

⑧事業に必要な資金額:金額の根拠・資金繰りの計画を伝える

事業計画書に必要な要素の8つめは事業に必要な資金額です。「何に使用するか」を明確に記入し、事業に必要な資金額を伝えましょう。

例えば、次のように表現します。

必要な資金見積先金額(万円)
設備資金車両購入費

簡易倉庫

スマホ・PC・印刷機購入費

〇〇car’s

〇〇商店

◯◯電機

150万円

20万円

29万円

運転資金人件費(3ヶ月分)

地代家賃(3ヶ月分)

旅費交通費(3ヶ月分)

通信費(3ヶ月分)

消耗品費(3ヶ月分)

18万円

6万円

15万円

3万円

9万円

合計350万円

* 個人事業主の場合は、経営者自身の給与は人件費として計上しません。
そのためパート(3~4時間、週2勤務)1名分で計上しています。

必要な資金は、設備資金で299万円、運転資金で51万円の合計350万円です。

設備資金とは、事業に必要な車や倉庫などの設備を購入するための費用です。融資で資金を集める場合には、予め見積もりを取る必要があります。

運転資金とは、事業を運営するために必要な費用です。融資では一般的に3ヶ月分で考えます。

事業に必要な資金が明確になったら、次はどこからどのように調達するか明確にします。

例えば、次のように表現します。

調達の方法金額(万円)
自己資金50万円
金融機関からの借入300万円
親族、友人等からの借入0円
合計350万円

自己資金とは、自分でコツコツ貯めたお金です。詳しく知りたい方は次の記事をご覧ください。

金融機関からの借入とは、日本政策金融公庫や信用金庫をはじめとする金融機関から借入して集める予定のお金です。

ポイントは、「事業に必要な資金額」と「調達する額」が同額になっていることです。今回の場合は必要な額と調達する額が合計350万円で同額です。

日本政策金融公庫で開業のときに使うテンプレート「創業計画書」の「7 必要な資金と調達方法」にも記入する欄があります。他のテンプレートも、記入欄は必ずあるので、しっかり金額の根拠・資金繰りの計画を表現しましょう。

⑨収支計画:短期・長期の事業計画を伝える

事業計画書に必要な要素の9つめは収支計画です。ここで短期・長期の事業計画を伝えましょう。

既に開業している場合は、現在の経営実績が分かる試算表や確定申告書・決算書を提出します。加えてこれからの計画として、融資を受けてどのように売上が上がったり、経費が削減できたりするのか、具体的な収支計画を伝えましょう。
創業の場合、収支計画を書くコツは「利益をきちんと出せる収支計画」を記入することです。

まずは短期的な収支計画で説明します。今回は1ヶ月で計算をしました。

①    売上高55万円
②    仕入費(原価)0万円
③    経費(ア~エの合計)22万円
ア)人件費*16万円
イ)家賃*22万円
ウ)支払利息1万円
エ)その他(水道光熱費、消耗品費、広告宣伝費、通信費、支払手数料など)13万円
④    利益(①―②―③)33万円

*1 個人事業主の場合は、経営者自身の給与は人件費として計上しません。そのためパート1名分で計上しています。
*2自宅兼事務所の想定のため家賃は2万円で計算しています。(自宅兼事務所の場合、家賃の全額を計上出来ない場合があります。)

売上は、根拠を明確にして計算します。今回は次のように計算しました。

【1ヶ月間の売上】

営業日:22日×1日の売上平均2.5万=55万

売上は、数字に根拠をもって手堅く考えることが大切です。

例えば、今まで業務委託で1日あたり3万円の売上平均だったとします。直接契約になっても、このままのペースで売上をたてられるという根拠を契約の内容などから説明できるとよいでしょう。

創業の場合は不測の事態に陥りがちです。手堅く考えたほうがよいため、今回は平均売上を2.5万円で計算しました。

売上から仕入費と経費を引くと利益が出ます。個人事業主の場合は自分の生活費は経費に含まれないため、生活と返済ができるだけの利益を出せいているかを見られます。法人の場合は経営者の人件費も経費に含まれるため、利益から返済ができるかを見られます。

このように1ヶ月という短期的な収支計画を説明することで、どれくらいの売上でどれくらいの利益が出るか分かるため、経営のイメージが具体的になります。

あわせて、長期的な収支計画を説明することで、見通しが立ちやすくなります。長期的な収支計画は3カ年分を作成するとよいでしょう。
今回は省略して、1カ年分の記入例をご紹介します。2,3年目は徐々に売上が伸びる想定で作成してみてください。

長期的な収支計画の例(万円)

1234567月*89101112合計
①    売上高555555555555858585858585840
②    仕入費(原価)0000000000000
③    経費(ア~コの合計)222222222222484848484848420
ア)人件費666666242424242424180
イ)家賃22222222222224
ウ)支払利息11111111111112
エ)水道光熱費0000000000000
オ)消耗品費33333333333336
カ)広告宣伝費0000000000000
キ)通信費11111122222218
ク)支払手数料33333333333336
ケ)旅費交通費55555510101010101090
コ)接待交際費11111133333324
④    利益(①―②―③)333333333333373737373737420

*半年後から案件数が増えた分、ドライバーを正社員で雇用。移動にかかる交通費も微増。

3カ年の長期で見ることで、従業員の雇用増加など長い目で計画することができます。

日本政策金融公庫で開業のときに使うテンプレート「創業計画書」の「8 事業の見通し(月平均)」にも記入する欄があります。他のテンプレートも、記入欄は必ずあるので、短期・長期の事業計画をアピールしましょう。記入欄だけで表現が難しい場合は、別紙の資料を作りましょう。

まとめ

ここまで、運送業の事業計画書の書き方とテンプレートに記入した実例を中心に解説しました。

事業計画書は主に資金調達のタイミングで必要になる書類です。金銭の支援をしてくれる相手にあわせて、事業計画書を作成しましょう。事業計画を立てて、事業計画書という形にまとめることによって、わかりやすく表現できます。

慣れない資料作成で時間がかかったり、うまく説明できなかったりすることもあります。本業に専念するためにも、事業計画書作成を専門家に依頼するのも一つの手です。株式会社SoLabo(ソラボ)は融資をはじめとした経営のサポートをしています。お気軽にご相談ください。

株式会社SoLabo(ソラボ)が
あなたの融資をサポートします!

株式会社SoLabo(ソラボ)は
中小企業庁が認める
認定支援機関です。

これまでの融資支援実績は
4,500件以上となりました。

  • 「独立するための資金を調達したい」
  • 「金融機関から開業資金の融資を受けたい」
  • 「手元資金が足りず、資金繰りに困っている」
  • 「独立するための資金を調達したい」
  • 「金融機関から開業資金の融資を受けたい」
  • 「手元資金が足りず、資金繰りに困っている」

といったお悩みのある方は、まずは無料相談ダイヤルに
お電話ください。
融資支援の専門家が
対応させていただきます(全国対応可能)。

SoLabo(ソラボ)のできること

SoLabo(ソラボ)のできること

  • ・新規創業・開業の相談受付、融資支援業務
  • ・既存事業者の融資支援業務
    (金融機関のご提案・提出書類の作成・面談に向けたアドバイス・スケジュール調整等)
     
  • ・新規創業・開業の相談受付、融資支援業務
  •  
  • ・既存事業者の融資支援業務
    (金融機関のご提案・提出書類の作成・面談に向けたアドバイス・スケジュール調整等)

融資支援業務の料金

融資支援業務の料金

SoLabo(ソラボ)の融資支援業務は
完全成功報酬です。
融資審査に落ちた場合は、
請求いたしません。審査に通過した場合のみ、
15万円+税もしくは融資金額の3%の
いずれか高い方を
請求させていただきます。

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

運送業の事業計画書のテンプレートと書き方の見本 実例サンプル付