事業者ローンの審査について知っておいてほしいこと

ローンを組んだり、融資を受けるには審査に通過しなければいけません。

もちろん事業者ローン(ビジネスローン)にも審査があります。

比較的、事業者ローンの審査は甘いとも言われています。審査が甘いというのは本当なのか。

審査の内容から、ポイント・注意点等を詳しくまとめてみました。

1.事業者ローンの審査は甘い?

ビジネスローンという言葉を耳にする方が多いかと思いますが、ビジネスローンと事業者ローンは同じ意味を表します。

「事業者ローンの審査は甘い」と言われるのはある理由があります。

銀行や日本政策金融公庫から融資を受けるには、審査に通らなければならず、審査が通っても融資を受け取るまでには1か月~3か月­かかります。

その反面、事業者ローンは審査を通り融資を受け取るまでの期間は非常に短いです。

申し込んだその日に審査が完了し、融資が受けられるところもあります。

このようなことから、「審査は甘い」と言われています。

その理由として、金利が関係しています。

金利とは、借りたお金を返済する際に、借りたお金の手数料(利息)を決めるための割合を指します。

この割合は%で表され、事業者ローンの金利は最高で15~18%の金利がかかってきます。

金利が大きい分利息も当然高くなります。

この高く設定された金利を返済額と合算し返済できる能力のある人でないと、審査に通ることはできません。

2.審査の基準はどんなところか

どこの金融機関を利用しても審査は厳しいものです。

審査対象となる審査基準・審査項目を知っておきましょう。

審査される上で最も重要となのは次の3つです。

  • 利用者の信用情報
  • 提出書類の不備
  • 事業に関しての実績や将来性・資金計画

3.審査に必要なポイント

審査される上で最も重要な3つのポイントについてそれぞれ解説します。

利用者の信用情報について

信用情報とは、クレジットカードやカードローンの利用において、過去の返済や支払い能力に関係する事柄をまとめた情報です。

契約者自身の信用度を判断するために、金融機関側としては重要な情報です。

この信用情報に、延滞や滞納、税金未納などの履歴が残っていると審査には通りにくくなってしまいます。

提出必要書類に不備等がないか

提出必要書類とは、

  • 本人確認書類
  • 収入証明書
  • 事業関連書類

の3種類があります。

また、提出必要書類が多い場合は、審査でもチェックされることが多いと考えておくといいでしょう。その分慎重にならなくてはいけません。

各金融機関によって必要書類は異なります。利用したい金融機関の情報は前もって調べておきましょう。

事業に関しての実績や将来性・資金計画について

事業の実績が悪く赤字であれば、融資を受けにくくなります。

審査には、今後の事業展開や資金計画も関係してきます。

たとえ現在の事業状態が良好だったとしても、今後の事業が傾く予測をされてしまうと、審査に落ちてしまうこともあります。

5.審査に通らなかった場合

審査に落ち、融資が受けられなかった場合、原因を把握・対処して時間をあけてから別の金融機関をあたりましょう。

短期間で複数回申し込みをすると「現在の状態が危ないのかも…」などと思われてしまう可能性があります。

まとめ

今回は事業者ローンの審査についてご紹介しました。

「甘い」と言われていた事業者ローンですが、審査と言われるくらいですから、当然甘いわけではありません。

契約者情報も非常に厳しくチェックされます。

審査に通るために、必要書類のチェックは忘れずに行いましょう。

株式会社SoLabo(ソラボ)があなたの融資をサポートします!

株式会社SoLabo(ソラボ)は中小企業庁が認める認定支援機関です。

これまでの融資支援実績は4,500件以上となりました。

「独立するための資金を調達したい」
「金融機関から開業資金の融資を受けたい」
「手元資金が足りず、資金繰りに困っている」
といったお悩みのある方は、
まずは無料相談ダイヤルにお電話ください。
融資支援の専門家が対応させていただきます全国対応可能)。

SoLabo(ソラボ)のできること

     

・新規創業・開業の相談受付、融資支援業務
・既存事業者の融資支援業務
(金融機関のご提案・提出書類の作成支援・面談に向けたアドバイス・スケジュール調整等)

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております