日本政策金融公庫から500万円の資金調達!未経験でアプリ開発事業を開始した事例

日本政策金融公庫から500万円の資金調達!未経験でアプリ開発事業を開始した事例
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

今回はご紹介するMさんは、未経験でアプリ開発事業を開始するための資金調達として、日本政策金融公庫から500万円の融資を受けた事例をご紹介しています。

Mさんの状況

融資の申し込みについて相談して頂いた当初、Mさんは初心者ながらにアプリを運用する会社を創業していました。

当初、運転資金として1000万の借入をご希望でした。

しかし、今回は融資希望金額の見直しを行い、500万円で申込をしたことで、融資審査に通り、500万円の資金調達に成功しました。

アプリ開発やソフトウェアの開発をする場合、開発できるまでの運転資金や開発後、軌道にのるまでの運転資金が必要になるでしょう。

IT分野での開業を目指している方は、今回のMさんの事例を参考にしれ融資を申込んでみてください。

1.融資成功のポイント1:新サービス開始のために早めの融資申込み

Mさんは今回既存のサービスではなく、過去に例のないサービスでの融資をご希望でした。

日本政策金融公庫の融資を申し込む場合、既存サービス・新規サービスのどちらを開始するかによって審査に通る可能性が大きく変わります。

これまでに実績や例がある既存サービスを開始する場合、日本政策金融公庫の中でも実績があることが多く、審査がしやすく融資を受けられる確率が高くなります。

しかし、これまでに例があまりない新規事業を開始する場合、サービスの例が少ないので融資を受けた後に事業が失敗してしまう可能性が高いと判断されてしまういので、融資審査に落ちてしまう確率が高くなってしまうでしょう。

過去に例のない新規事業を開始するための融資を申し込んだ場合、実際に事業を開始して売上が安定してからじゃないとお金を貸すことができません、と言われてしまうこともあります。過去に例がない状況で事業が確実に売上を立てることができると合理的に融資担当者に説明することは非常に難しいのです。

 

新規サービスを開始するための融資を申し込むにあたって、toC向けのサービスであった場合、toB向けのサービスを開始する場合よりも融資が難しくなります。

新規サービスであっても、toB向けの事業の場合で契約先が既に決まっていたり、見込み先のリストがあったりすると、融資担当者に事業の売上見込みについて根拠のある説明をすることができ融資が成功する確率が高くなるでしょう。

しかし今回MさんはtoC向けのサービスを展開しようとしており、法人と契約を結ぶ新規サービスではなかったので、事業開始後の売上見込みについて根拠を立てて説明することが簡単ではありませんでした。

 

さらに、Mさんはアプリ開発事業での経験が全くなく、これまでの業界経験が重要視される日本政策金融公庫の融資ではとても不利な状況です。

 

業界の経験がなく、toC向けの新規サービスを開始するための融資を受けるためは、通常の融資を受けるケースよりも更に慎重に準備をする必要があるため、事業開始までの期間に余裕を持って融資の申し込みをすることが大切です。

 

2.融資成功のポイント2:十分な自己資金と計画の見直し

Mさんは今回の事業を開始するまで別業界で経営者として活躍していました。

しかし、今回の事業を開始するにあたって、これまで経営していた会社の経営権を7売却していたため、売却益として自己資金が700万円ありました。

また、経営権を売却して獲得した資金を利用して、今回リリースするアプリの開発をほぼ最終段階まで進めていたため、融資を受けて事業を開始してから売上を立てるまでの期間を短くすることができる、という説明をすることができました。

また、Mさんは1000万円の融資を希望していましたが、弊社にご相談して頂き、事業計画の見直しをしたことで、融資希望額を500万円までひきさげました。

希望額1000万円のまま融資を申込んでいた場合、事業の計画性があまりないと判断され審査に落ちてしまっていたかもしれません。

 

日本政策金融公庫の融資を申し込む場合、自己資金を十分に準備しておくことで新規サービスであっても審査に通る可能性が高くなります。

また、事業計画は綿密に作成し、必要な額で融資を申し込むようにしましょう。

開始する事業に対して融資希望額がおおきすぎる場合、事業の計画性がなく返済してくれないかもしれない、と判断されて審査に落ちてしまうかもしれません。

 

3.融資成功のポイント3:前年までの確定申告を提出して経営能力をアピール

Mさんはこれまで経営者として活躍していました。

融資を申し込む前に会社の経営権を売却していましたが、融資審査では前職の確定申告書を提出する必要がありました。

Mさんの場合、確定申告書を提出して前職できちんと利益を出しており、経営者としての能力があることをアピールすることができました。

 

4.融資成功のポイント4:メディアへの掲載実績

Mさんは融資を申し込む際にすでにアプリをリリースする直前まで開発を進めていました。

リリースする直前であったため、アプリを紹介するサイトへの掲載実績もあり、今後テレビで取り上げられる予定もあるということでしたので、メディアへの掲載実績やこれからの掲載予定をリスト化して資料として面談の際に提出しました。

 

事業が注目されているということを融資担当者へアピールすることは、新規サービス開始のための融資を受ける際にとても大切です。

 

5.融資成功のポイント5:実際にアプリを使用して説明した

Mさんが開発するアプリは、リリースの直前まで開発されていたので、融資面談の際に実際に使用してみせることでアプリのメリットや他のサービスとのちがいを、融資担当者に実感してもらうことができました。

実際に事業内容を理解してもらうことは融資審査を通過するために非常に大切です。

 

まとめ

今回は未経験の業種にも関わらず500万円の資金調達に成功した事例をご紹介しました。

Mさんのように、未経験かつ新規サービスを開始する場合、事業が成功するかどうかをきちんと融資担当者に説明して納得してもらうことが大切です。

新サービスの内容はもちろん、十分な自己資金を準備しておくこと、現実的な事業計画を作成していること、事業計画の内容にあった融資額を希望していることなど、融資をうけるまでの準備を抜かりなくしておくようにしましょう。

融資の専門家である認定支援機関に相談することで、融資のアドバイスはもちろん、資料作成のサポートや開業後のサポートまでを実施してくれます。

これから新規サービス展開のための融資をうけようと検討されている方は、一度お近くの認定支援帰化に相談してみてはいかがでしょうか?

 

中小企業庁が認める認定支援機関の専門家があなたをサポートします!

~日本政策金融公庫からの融資実績700件以上~

  • 独立をするための資金が必要
  • 創業7年以内で資金調達を検討している
  • 低金利で融資を受けたい
  • 多額の資金を借入したい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

NEWSTVに取材して頂きました!

幻冬舎で資金調達の本を出版させて頂きました。

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

融資額を増やすための方法を解説

日本政策金融公庫から500万円の資金調達!未経験でアプリ開発事業を開始した事例