ファクタリング(売掛債権を現金化)を利用するまでの流れをご紹介

ファクタリング(売掛債権を現金化)を利用するまでの流れをご紹介

従業員の給与が払えない、一時的に資金がショートしてしまいそうだ!という方で、ファクタリングの利用を検討している方は多いのではないでしょうか?今回は、ファクタリングを利用するまでの流れをご紹介していきます。

1、そもそもファクタリングって何?

ファクタリングとは、簡単に説明すれば、個人事業や会社にある売掛金を業者に売却し、現金化することです。

詳しくは下記サイトをご参照ください。

ファクタリングって何?3分でわかるファクタリングの基礎知識

 

2、ファクタリング業者を選択する

ファスティング業者を比較しながら、利用したい業者を選択していきます。

≪ファクタリングを利用する際の注意点≫

ファクタリングは、資金調達をするためのツールとなりますので、融資や借入をイメージする方をいらっしゃるのですが、融資や借入とは異なり、売掛債権(売掛金)を売却して現金化するものとなります。

詳しくは、下記をご参照ください。

融資とファクタリングって何が違うの?比較してみました!

そのため、個人事業主や、会社での利用が前提となります。

 

ファクタリング業者を見つける際に、業者選びを失敗しないためにも数社を比較すべきです。

比較し、自分にとって最もよい業者を選ぶためにも、簡単な診断をしてもらい紹介してもらうことをお勧め致します。

診断は、下記サイトで10秒で簡単に行うことができますので、是非ご利用してみてください。

ファクタリング(売掛債権を現金化)を利用するまでの流れをご紹介

3、紹介してもらったファクタリング業者の中から1社を選ぶ

比較できるように、ファクタリング会社を数社(3社~5社)紹介してもらいますが、その数社の中から、もっとも条件がよいファクタリング業者を選んでください。

・いつまでに入金してもらえるのか

・手数料はいくら取られるのか

・サービス内容の詳細はどうなっているのか

などをチェックし、一番よいと思った会社を選びましょう。

4、選んだファクタリング業者に売掛金を売却し資金を受け取る

選んだファクタリング業者に、売掛金を買い取ってもらいます。

買い取ってもらう際に、手数料を支払います。

手続きが終了した後に、資金が入金されます。

※業者によっては、手数料のほかに着手金が発生する業者もあります。

ファクタリングの手数料の詳細は、下記をご参照ください。

初めてファクタリングを利用する場合、ファクタリング会社に支払う手数料はいくらなの?

≪ポイント≫

少しでも早く入金してほしいという方は、手続きを早く行ってくれる業者を選びましょう。お客様の声を見てみると、参考になりますよ!

 

5、補足事項1

ファクタリングは、事業を行っており、売掛金を保有している方でなければ利用することはできません。

そのため、事業資金が一時的に不足しているから、売掛金を現金化したいという方、向けのものとなります。

6、補足事項2

以下に該当しても、要件を満たしていれば、ファクタリングを利用することは可能です。

・銀行融資を断られた

・ビジネスローンを断られた

・金融機関への追加融資を断られた

・銀行返済の条件変更中(リスケジュール)

・赤字決算

・債務超過

・担保不動産なし

・保証人なし

・税金滞納中

・信用情報に問題あり(クレジットブラックなど)

・金融機関にばれることなく資金調達したい

・取引先にばれることなく資金調達したい

 

こちらをご覧頂くと、ファクタリングは利用しやすいと感じて頂けるのではないでしょうか。

まとめ

ファクタリングの流れがイメージできたでしょうか?

もっとも大事なことは、ファクタリング業者を比較することです。

比較することで、後悔することなくファクタリングを利用することができるでしょう。

ファクタリング(売掛債権を現金化)を利用するまでの流れをご紹介

 

NEWTVに取材して頂きました

お知らせ

【リリースノート】 2017年11月27日(月)
NewsTVに取り上げられました!

【セミナーのお知らせ】 2017年10月23日(月)
埼玉県内の飲食開業者&会計事務所向け 飲食店開業にまつわるお金講座開催のお知らせ

【セミナーのお知らせ】 2017年10月18日(水)
創業融資のプロが語るセミナー開催のお知らせ

【セミナーのお知らせ】 2017年10月17日(火)
士業事務所の職員様向け 会計事務所ができるベストなサポートセミナー開催のお知らせ

【セミナーのお知らせ】 2017年09月21日(木)
会計事務所向け 融資セミナー開催のお知らせ

ファクタリング(売掛債権を現金化)を利用するまでの流れをご紹介