企業概要書とは何か??

企業概要書とは何か??

日本政策金融公庫と初めて取引をする際に、「企業概要書」の提出を求められることがあるかと思います。

この「企業概要書」はどういうものなのか、また、どんな内容を書いたらいいのか、分からない方も多いのではないでしょうか?

今回は、この「企業概要書」について詳しくお話していきます。

1.企業概要書って?

「企業概要書」というのは、創業融資や企業に関わる融資、国の教育ローンなどを行っている、政府系金融機関である日本政策金融公庫と、初めて取引をする際に必要になってくる書類の一つです。

「企業概要書」に記入する内容は以下の通りです。

企業概要書とは何か??

 

2.創業計画書との違いは?

「企業概要書」を見た時に、「創業計画書」と似ているな、と感じた方も多いのではないでしょうか?

「創業計画書」というのは、まだ事業が始まっていなく、これから進めていく段階で創業融資を申込む際に必要になってくる書類です。

一方、「企業概要書」は、事業を開始している段階で1期目の決算を終了し、融資を申込む際に必要になってくる書類になります。

また、1期目の決算を終了していることで、決算書の提出も必要になってくるので覚えておきましょう。

日本政策金融公庫との取引が、創業前なのか創業後なのかで、準備する書類は違うということが分かります。

企業概要書とは何か??

 

3.企業概要書の重要性とは?

融資を申込む際に「企業概要書」を提出する意味はどこにあるのか、という所ですが、「企業概要書」はいわば、会社のプロフィールであり、会社をアピールするのに最も重要な書類なのです。

融資担当者は、「企業概要書」を見て、“どんな会社なのか”“どのくらいの利益があるのか”“返済の見込みはあるのか”等、融資に関わる重要なことを判断していきます。

「企業概要書」一枚で、融資を受けられなくなってしまうことも珍しくありません。

その為記入の際には、会社の紹介を分かりやすく書くことはもちろん、返済についても説得力のある文章で、また、将来性のある会社だということを伝えられるように記入することが望ましいと言えます。

企業概要書とは何か??

 

まとめ

今回は、日本政策金融公庫と深い関わりがある「企業概要書」についてお話ししました。

「企業概要書」一つで、融資が通るのか通らないのか決まってくる重要な書類だということが分かります。

また、面談で聞かれたときに、書類と偽りがあっては、意味がありませんので、「企業概要書」の内容を、言葉でも説明できるようにしておくと良いでしょう。

中小企業庁が認める認定支援機関の専門家があなたをサポートします!

~日本政策金融公庫からの融資実績400件以上~

  • 独立をするための資金が必要
  • 創業7年以内で資金調達を検討している
  • 低金利で融資を受けたい
  • 多額の資金を借入したい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

NEWS TVに取材して頂きました

SoLaboの融資成功事例

融資を受けやすくする方法とは?

お知らせ

【セミナーのお知らせ】 2018年03月22日(木) / 04月03日(火) / 04月10日(火) / 04月18日(水)
創業融資のプロが語る「今の時代を生き残る士業になる為の武器とは!?」

【リリースノート】 2017年11月27日(月)
NewsTVに取り上げられました!

【セミナーのお知らせ】 2017年10月23日(月)
埼玉県内の飲食開業者&会計事務所向け 飲食店開業にまつわるお金講座開催のお知らせ

【セミナーのお知らせ】 2017年10月18日(水)
創業融資のプロが語るセミナー開催のお知らせ

【セミナーのお知らせ】 2017年10月17日(火)
士業事務所の職員様向け 会計事務所ができるベストなサポートセミナー開催のお知らせ

【セミナーのお知らせ】 2017年09月21日(木)
会計事務所向け 融資セミナー開催のお知らせ

企業概要書とは何か??