経営革新計画って?承認率はどのくらい?

経営革新計画って?承認率はどのくらい?
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

新たに事業を開始する際には、利用した方が良いとされている「経営革新計画」ですが、具体的な内容をご存知でしょうか?

また、申請するからには、承認をもらいたいと誰もが思うことでもあります。

では、その承認率はどのくらいなのか、気になるところです。

今回は、新規事業を開始する際には、覚えておいてほしい、「経営革新計画」の事について、詳しくお話ししていきます。

1.「経営革新計画」って?

経営革新計画って?承認率はどのくらい?

「経営革新計画」とは、現在、中小企業が行っている事業があるとして、その事業とは別に新しく事業を開始する為に作成される、「中期的な計画」の事を指します。

これを作成することにより、会社全体での経営の向上を目指す目的があります。

作成した計画を管轄の都道府県へ提出し、都道府県側は提出された計画を見て、実行していくかどうかの審査を行います。

提出した計画の審査が通り、承認を受けると、中小企業側はいくつかの事業支援を受けることができるため、積極的に計画を作成し、申請を行った方が良いということが分かります。

 

2.受けられる事業支援とは?

都道府県からの承認を受けた計画は、以下のような支援を受けることができます。

経営革新計画って?承認率はどのくらい?

各都道府県で、受けられる支援が変わってくるため、利用する際は、前もって受けられる支援を調べておくと良いでしょう。

 

3.「経営革新計画」の承認率とはどのくらい?

「東京都産業労働局」のHPから、申請を行うことができる中小企業の条件というのが

経営革新計画って?承認率はどのくらい?

と示されています。

この条件に値する企業というのが、各都道府県で数多く存在し、「経営革新計画」を知っている企業ももちろん多く存在します。

申請をしたからと言って、必ず承認されるわけではありません。

申請があった「経営革新計画」の中から、審査が行われ、対象となる企業が決定されていきますが、その承認率がどのくらいなのか、気になるところかと思います。

明確な数字があるわけではありませんが、だいたい、10%の確率で承認されていると言われています。

東京都を例にお話しすると、2017年の月々の承認件数は、最低で22件、最高で42件、平均約30件という数字が出ています。

これは、承認をされた企業数になる為、実際に申請を行っている企業というのは、月々約300社以上もの企業が申請を行っているということになります。

これを見ると、数多くの企業が「経営革新計画」に興味を持つ一方で、承認率は極めて低いということが分かるかと思います。

 

4.承認を得るためには?

上記でご説明した通り、申請件数に対しての承認件数は極めて低いことが分かりましたが、その低い確率の中で、承認を得るためには、どうしたらいいのか、ポイントを押さえておきましょう。

経営革新計画って?承認率はどのくらい?

そもそも「経営革新計画」の意味というのは、既に行っている事業とは別に、新しい事業を発展させるために作られる計画である為、事業内容に新規性・革新性がなければいけません。

事業内容を見た審査担当者に、”新しい“”今まで見たことのない“というような気持ちを思ってもらえる計画を作ることが大切です。

また、申請をするからには、その事業を確実に実現できる可能性も示すことが大切です。

承認後に事業を進めていく計画が曖昧では、どんなに新規性のある事業でも承認が下りることは難しいでしょう。

事業を進めていく計画を、明確に提示できることで、より承認を得られる可能性も高くなるということが言えます。

経営革新計画って?承認率はどのくらい?

 

まとめ

今まさに、新しい事業を計画しようとしている企業があれば、進めていく前に、「経営革新計画」の申請を行うことをオススメします。

申請を行うことによって、承認を受けることができれば、企業にとっても有難い支援を受けることが可能となり、もしも審査に落ちてしまっても、新たに新事業を見直すきっかけになることにも繋がります。

今後の経営向上に向けて、利用できる計画や制度をしっかりと理解することは、企業の将来にも関わる大切なことと言えるでしょう。

中小企業庁が認める認定支援機関の専門家があなたをサポートします!

~日本政策金融公庫からの融資実績600件以上~

  • 独立をするための資金が必要
  • 創業7年以内で資金調達を検討している
  • 低金利で融資を受けたい
  • 多額の資金を借入したい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

NEWS TVに取材して頂きました

SoLaboの融資成功事例

-飲食業界の成功事例-

インマインド・システムズ株式会社/野口代表
日本料理梅本/梅本代表
カジュアルイタリアン「リリーアン」/岡野オーナー
徳島ラーメン「ぱどる」/坂井オーナー
牛タン居酒屋「たんたん」/伊藤オーナー
株式会社加根古商店「かまベジ」/金子代表
錦福 香港美食/鞏オーナー
SAKR Bar 縁 enishi/吉沢代表
韓国屋台「ホンデポチャ」/金 代表
まつば屋 心平/石田オーナー
バル417/石塚オーナー
釜揚げうどん専門店『もと』/小倉代表
串揚げ「三平」/芦野代表
oh!BarDrive/森代表
韓国料理サムギョプサル「どにどに」/林オーナー
日乃屋カレー京急蒲田店/大久保オーナー

-接骨院・介護・福祉・医療業界の成功事例-

さがみ野こころ整骨院/山口院長
Life Conditioning Care 寺尾鍼灸接骨院/寺尾院長
からだ元気治療院(古河・猿山店)/玉橋代表
からだ元気治療院(流山店)/伊藤代表
ウィル鍼灸整骨院/菊池代表

style up lab mot/市川代表

-美容業界の成功事例-

Hangout misato/三浦代表
Elilume/和野代表

-制作・デザイン関係の成功事例-

動画制作等:株式会社BAUM/大谷代表
住宅・店舗設計等:オヘソファクトリー株式会社/藤江代表
イベント展示装飾デザイン等:株式会社シンクタス/阿部代表

-その他業種での成功事例-

株式会社オピアン/大津代表

株式会社SSC/長塚代表

株式会社in the house/佐々木代表

融資を受けやすくする方法とは?

経営革新計画って?承認率はどのくらい?