公的融資がこれから起業する人に最もオススメの理由とは?

公的融資がこれから起業する人に最もオススメの理由とは?
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

公的融資を選ぶ方の多くは、「金利が安いから」という理由で資金調達する方が多いようです。私立大学よりも国公立大学を選ぶような感覚ですよね。

実際には、金利が低い以外にも公的融資で資金調達をすべき理由はたくさんあります。今回の記事では、これから起業する方がなぜ公的融資で資金調達すべきなのかを解説します。

1.【理由1】エンジェル投資家・VC・プロパー融資はハードルが高すぎるから

資金調達にはいくつかの方法があります。家族からお金を借りる。これが一番簡単ですね。(心理的には難しいですが)「お金貸して」「いいよ」と貸してくれれば、あとは借用書を交わすだけで一応手続きは終了します。

2番目に簡単と思われる資金調達法は、キャッシングやカードローンなどからお金を借りる(融資を受ける)ことです。これらは利率によっては審査が厳しいところもありますが、とにかく「すぐ着金します!」というスピーディさを売りにしていますその代わり、最低でも10%以上とかなりの高金利です。ヒトケタの金利で借りたいなら、かなりの金額を借りないとその金利は実現しません。

公的融資がこれから起業する人に最もオススメの理由とは?

上記の図をご覧ください。資金調達について調べていると、エンジェル投資家やらベンチャーキャピタルやら、シリコンバレーやら仮想通貨やら、イマドキの言葉がズラリ並んでいます。それらを否定する訳ではありませんが、非常に限定的なパターンです。一部の成功者やかなりスペックの高い方にのみ該当するため、大多数にはあまり現実的とは言えません

公的融資にはシリコンバレーのようなオシャレさはありませんが、堅実です。あなたが条件をクリアし準備をしっかりり行えば、融資に通る可能性は十分あります。

2.【理由2】公的融資の審査に通ったという実績が他金融機関の評価につながるから

日本政策金融公庫や制度融資といった公的融資の審査に通ったという実績があれば、その実績は武器になります。次の段階として、信用金庫や銀行などの金融機関からのプロパー融資(直接融資)に通る可能性が出てきます。

プロパー融資は、商工会議所や信用保証協会を通すより融資可能額が平均して高くなります。加えて、信用保証料などの手数料が必要ありません。初めての融資でプロパー融資に通る方はほとんどいませんので、まずは公的融資の審査に通ってから次のレベルの融資を目指しすのがおすすめです。

3.【理由3】公的融資を完済したという実績が他金融機関の評価につながるから

公的融資がこれから起業する人に最もオススメの理由とは?

クレジットカードでもそうですが、「完済した」という事実は金融商品において非常に評価されます。融資って結局借金ですが、借金を完済したことのあるAさんと完済経験のないBさんがいたら、あなたはどちらに融資をしたいですか?完済経験のある方の方が信頼できるのは言うまでもありません。

4.【理由4】公的融資の目的は社会・経済をより良くするためだから

資金調達系の多くのネット記事は常に意図が含まれています。仮想通貨業者であれば仮想通貨を使った資金調達のメリットをアピールしますし、カードローン会社では「公的融資は手続きが大変だからわが社でお金を借りた方がいいよ」、とアピールします。

では、公的融資は何の利益があってあなたにお金を貸すのでしょうか。公的融資の資金源はあなたも日々支払っている税金から成り立っています。税金は基本的に日本社会を良くするために使われています。(不正受給を除く)あなたが事業を始め成功することを応援するために審査をしていますので、あなたの足をひっぱる存在でも否定する存在でもありません。ただ、事業が成功しそうかどうか、きちんと返済できる人物かどうかをメインに審査しています。

4.【理由5】補助金・助成金は資金調達のメインではなくあくまでサブ要素であるから

起業に助成金・補助金は向いていません。なぜなら、キャッシュバックだからです。元々ある程度の資金がないと、事業はスタートできません。

補助金・助成金はあなたが既に行っている事業で支払った経費をキャッシュバックするというシステムです。創業補助金もありますが、補助率は1/2で全てではありません。また、補助される額も50万円以上100万円以内(外部資金調達がない場合)と非常に少額です。

創業補助金で50万円もらうには、まずは事業をスタートしなければいけません。卵がないとヒヨコが生まれないように、まずは事業をするお金がないと、そして事業を行わないと、補助金はもらえません。元手が0円で事業をしたいから補助金を狙う、という方は非常に多いのですが、助成金・補助金100%で事業を成功させるのは不可能です

まとめ

公的融資が起業に向いている理由は、まず低金利であること。しっかりとした準備や条件をクリアすれば万人に開かれた門戸であることが挙げられます。

補助金・助成金ももらった方がいいですが、起業時にはメインではなくサブとなる資金調達法です。まずは事業を回すためのお金をしっかり融資で調達するのが正攻法です。

中小企業庁が認める認定支援機関の専門家があなたをサポートします!

~日本政策金融公庫からの融資実績700件以上~

  • 独立をするための資金が必要
  • 創業7年以内で資金調達を検討している
  • 低金利で融資を受けたい
  • 多額の資金を借入したい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

NEWSTVに取材して頂きました!

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

融資額を増やすための方法を解説

公的融資がこれから起業する人に最もオススメの理由とは?