公的融資は起業する際におすすめのか?

起業を目指している人の中には、民間融資を受けることを検討中の人もいますよね。その際、公的融資は民間融資よりも金利が低くなる可能性があるため、選択肢のひとつとして公的融資から融資を受けることも検討してみてください。

当記事では、「公的融資は起業する際におすすめなのか?」というテーマのもと解説していきます。起業する際に民間融資を受けることを検討中の人は、ぜひ参考にしてみてください。

民間融資以外の方法を利用できない人も公的融資を検討してみる

銀行や信用金庫などの民間融資以外の方法を利用できない人も同様、公的融資を検討してみてください。「家族や友人からお金を借りる」「銀行や信用金庫などの民間融資を利用する」「エンジェル投資家やベンチャーキャピタルに依頼する」など、資金調達する際にはいくつかの方法がありますが、公的融資を受けることも選択肢のひとつです。

クレジットカードのキャッシングやビジネスローンを利用することも選択肢のひとつですが、公的融資よりも金利が高い傾向があるため、金利による利息が不安な人は、公的融資を利用することも検討してみましょう。

審査に通過した実績が他の金融機関の評価につながる可能性がある

日本政策金融公庫などの公的融資の審査に通過した実績があれば、他の金融機関の審査を受けた際に考慮される可能性があります。金融機関は審査の際に申込者の信用情報を確認しているためです。

信用情報とは、信用取引の利用情報のことです。具体的には、契約内容や契約状況、返済状況や借入残高といった情報が該当します。

金融機関が融資を行う場合、申込者の信用情報の確認が義務付けられているため、審査担当者は申込者の借入先も確認することになります。公的融資を受けている事実や公的融資による借入金を完済した事実が確認できれば、一定の実績があると判断され、審査の際に考慮される可能性があります。

ただし、金融機関の審査基準は非公開となるため、あくまでも推測のひとつとなります。また、借入残高が多ければ多いほど、返済不能に陥るリスクも高くなるため、反対に審査が不利になることも考えられます。

確かなことはわからないため、審査に通過した実績が他の金融機関の評価につながるかどうかは、可能性のひとつとして考えておきましょう。

補助金や助成金を利用できるのは自己資金がある人

補助金や助成金の特性上、利用できるのは自己資金がある人です。補助金や助成金は既存事業を行っている際に支払っている経費をキャッシュバックする仕組みとなるため、補助率の金額は1/2となる傾向があります。

また、創業補助金という手段もありますが、補助額は50万円以上100万円以内となる傾向があるため、希望する金額に達せないおそれもあります。

まとめ

起業を検討中の人は、民間融資に加え、公的融資を利用することも検討してみてください。民間融資と同様、融資を受けるには審査に通る必要がありますが、民間融資よりも低い金利により融資を受けられる可能性があります。

株式会社SoLabo(ソラボ)があなたの融資をサポートします!

株式会社SoLabo(ソラボ)は中小企業庁が認める認定支援機関です。

これまでの融資支援実績は4,500件以上となりました。

「独立するための資金を調達したい」
「金融機関から開業資金の融資を受けたい」
「手元資金が足りず、資金繰りに困っている」
といったお悩みのある方は、
まずは無料相談ダイヤルにお電話ください。
融資支援の専門家が対応させていただきます全国対応可能)。

SoLabo(ソラボ)のできること

     

・新規創業・開業の相談受付、融資支援業務
・既存事業者の融資支援業務
(金融機関のご提案・提出書類の作成支援・面談に向けたアドバイス・スケジュール調整等)

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております