創業融資を成功させるための創業計画書|経営者の略歴等の書き方

日本政策金融公庫で借入を申込み、創業融資を受ける上で、「創業計画書」を提出することが求められます。今回の記事では、創業計画書の「経営者の略歴等」という項目にどのような内容を書くのが適切かを解説します。

経営者の略歴等とは

「経営者の略歴等」とは、事業主がこれまでどんな仕事をしてきたか・どんな経験・実績を積んできたかを書く項目です。

「経営者の略歴等」も、日本政策金融公庫が『この人は、しっかり事業を行うことができるか』と、融資をどうするかを決める重要な判断材料になります。

融資を受けるためには、説得力のある経歴・実績を全て・細かく書いていくことが大切です。

創業計画書の「経営者の略歴等」に書く内容

「創業計画書」の「経営者の略歴等」の欄には下表の内容を記載します。

記載欄名内容
略歴(年月・内容)入社した年月/勤務した会社名/担当業務 等
過去の事業経験今まで事業経営したことがあるかどうか等、事業に関する経験
取得資格資格名と取得年月
知的財産権等特許権、意匠権、商標権、著作権等の知的財産権

事業に関する経歴・実績は、日本政策金融公庫に対して、予定している事業内容で問題なく経営を進められることのアピールになります。記載内容はうそ偽りなく、細かく書いていきましょう。

「経営者の略歴等」に記載する文章の具体例

例えば、次のように具体的な経歴を記載しましょう。当然ですが、経歴は嘘偽りなく、証明できることのみ記載してください。

学歴・職歴

〔例〕

・平成〇年〇月 調理師専門学校卒業

・平成〇年〇月 株式会社○○入社 ○○部所属

平成△年△月から レストラン△△ □□店舗の店長となる

資格

〔例〕

調理師免許取得(平成〇年〇月取得)

受賞歴(過去の勤務先の社内表彰も書いても良い)

〔例〕

・第11回○○料理コンテスト受賞

・平成△年度レストラン△△最優秀店長賞受賞

なかには『自分は経歴・実績について書くことが少ない』と感じる方もいるでしょう。

その場合は、経歴・実績についてどんなことをしたのか、なにを学んだのかを書きましょう。

〔例〕

平成〇年〇月 株式会社○○ 営業部所属

営業の仕事を通じて、顧客とのコミュニケーションの取り方や

提案・情報収集の方法を学んだ。

まとめ

創業計画書の「経営者の略歴等」の項目では、これまでの経歴を具体的に記載し、あなたの経歴・実績を積極的にアピールしましょう。

自分の過去を振り返り、これから創業する事業に生かせる経験がないかどうか、見直してみるのが良いでしょう。

株式会社SoLabo(ソラボ)があなたの融資をサポートします!

株式会社SoLabo(ソラボ)は中小企業庁が認める認定支援機関です。

これまでの融資支援実績は4,500件以上となりました。

「独立するための資金を調達したい」
「金融機関から開業資金の融資を受けたい」
「手元資金が足りず、資金繰りに困っている」
といったお悩みのある方は、
まずは無料相談ダイヤルにお電話ください。
融資支援の専門家が対応させていただきます全国対応可能)。

SoLabo(ソラボ)のできること

     

・新規創業・開業の相談受付、融資支援業務
・既存事業者の融資支援業務
(金融機関のご提案・提出書類の作成支援・面談に向けたアドバイス・スケジュール調整等)

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております