創業融資を成功させるための創業計画書|事業の見通しの書き方

創業融資を成功させるための創業計画書|事業の見通しの書き方
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

創業計画書における事業の見通しは、融資担当者が興味を持つ部分であり、適正な数字になるように記入することが大切です。

経営者として、適正な見通しが立てられるのかどうかも重要視されます。

自身が行おうとしている事業をどれだけ理解し、現実を見て、利益向上の為にどのような計画を持ち、進めていくのか、ということを問われる可能性もあります。

今回は、創業計画書における「事業の見通し」についてご説明していきます。

1.事業の見通しとは何か

創業融資を成功させるための創業計画書|事業の見通しの書き方

事業の見通しとは、創業してから軌道に乗るまでの売上高や売上原価、経費を記入する欄です。

この欄は、融資をするかどうかを左右する非常に大事な判断材料となります!(事業の見通しで矛盾点があると、融資してくれないと言っても過言ではありません。)

 

2.どんなことを書けば良いのか

記入する項目は、

▪月平均の「創業当初」と「軌道に乗った後」の

創業融資を成功させるための創業計画書|事業の見通しの書き方

▪①~③の計算の根拠(創業当初・軌道に乗った後の各項目の計算方法)

 

また別途書類として、エクセルで作成した1年分の事業の見通し(損益計算表)を用意しましょう。(創業当初~軌道に乗るまでの売上高などの流れを説明する資料となるため)

創業融資を成功させるための創業計画書|事業の見通しの書き方

 

3.作成のコツと各項目の計算方法

各項目の計算で大切なことは、【根拠があり現実味のある・達成できそうなもの】にすることです。

特に軌道に乗った後の項目では、ご自身の経験などを参考にし、根拠のない数字を書かないように気を付けてください。

〔悪い例〕

創業当初100万円だった月売上高が、もしかしたらお店が爆発的に人気になって軌道に乗った1年後には1000万円になると思うので記入。

➡創業から1年後の売上高が10倍になるのは、通常ではあり得ません!

①売上高

売上高は業種によって、計算の仕方が違います。

また別途書類で1~12月の各月の売上高を計算する場合、季節による売上の増減・営業日数の増減なども踏まえて計算しましょう。

 

【コンビニエンスストアなどの販売業】

創業融資を成功させるための創業計画書|事業の見通しの書き方
〔例〕

《コンビニエンスストアを例に・・・》

▪1㎡あたりの月売上高:20万円

▪売り場面積:50㎡  の場合

 

月の売上高は、20万円×50㎡=1000万円

 

【飲食業・理容美容業などのサービス関係業】

創業融資を成功させるための創業計画書|事業の見通しの書き方
〔例〕

《美容業を例に・・・》

▪客単価:5000円

▪設備単位数(椅子):3台

▪1日椅子1台当たりの回転数:3.5回転

▪月の稼働日数:25日  の場合

 

月の売上は、5000円×3台×3.5回転×25日=131万2500円

 

【自動車販売・化粧品販売などの、人間による労働力の業務の割合が大きい業種】

創業融資を成功させるための創業計画書|事業の見通しの書き方
〔例〕

《自転車販売業を例に・・・》

▪従業員一人当たりの月売上高:250万円

▪従業員数:5名 の場合

 

月の売上高は250万円×5名=1250万円

 

【部品加工・印刷業などの、設備に依存する面が大きい業種】

創業融資を成功させるための創業計画書|事業の見通しの書き方
〔例〕

《部品加工業を例に・・・》

▪1つ当たりの加工賃:50円

▪1台当たりの生産能力:1日8時間稼働で500個

▪施盤:3台

▪月の稼働日数:25日  の場合

 

月の売上高は、50円×500個×3台×25日=187万5千円

②売上原価(仕入原価)

売上原価は、創業融資を成功させるための創業計画書|事業の見通しの書き方  で計算しましょう。

③経費

(1)人件費

正社員を雇う場合→月給額、法人の場合は自分の役員報酬も計算

アルバイト・バイトを雇う場合→想定される労働時間×時給で計算

個人事業主で創業する場合→人件費は計算しません

(2)家賃

契約している・契約予定物件の月の家賃金額を記入しましょう。

管理費や積立金もある場合は、月の家賃金額+管理費・積立金を計算して記入。

(3)支払利息

借入予定額・金利の年間の支払額を月割にして、計算しましょう。

〔例〕

借入額600万円、金利3%の場合

年間支払利息は、600万円×3%=18万円

よって、月の支払利息は18万円÷12ヵ月=1万5千円

(4)その他

運営に必要な経費(水道光熱費、交通費、通信費、消耗品、広告費など)を、経費ごとに計算して記入しましょう。

④利益

利益は、創業融資を成功させるための創業計画書|事業の見通しの書き方  で計算しましょう。

創業融資を成功させるための創業計画書|事業の見通しの書き方

 

まとめ

事業の見通しを作成するのはとても大変なことです。

しかし、しっかりと根拠のある事業の見通しを作成できれば融資を受ける確率がぐんと上がります。

まずはご自身で事業の見通しを作成しましょう。

もしどうしても自分で作成することも難しくなったら、お近くの税理士や認定支援機関などの創業のプロフェッショナルに相談しましょう!

 

中小企業庁が認める認定支援機関の専門家があなたをサポートします!

~日本政策金融公庫からの融資実績700件以上~

  • 独立をするための資金が必要
  • 創業7年以内で資金調達を検討している
  • 低金利で融資を受けたい
  • 多額の資金を借入したい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

NEWSTVに取材して頂きました!

幻冬舎で資金調達の本を出版させて頂きました。

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

融資額を増やすための方法を解説

創業融資を成功させるための創業計画書|事業の見通しの書き方