創業融資を成功させるための創業計画書|事業の見通しの書き方

創業計画書の「事業の見通し」の項目は、経営者として、適正な見通しが立てられるのかどうかを確認するための項目です。

自身が行おうとしている事業をどれだけ理解し、現実を見て、利益向上の為にどのような計画を持ち、進めていくのかを問われる可能性もあります。

今回の記事では、創業計画書における「事業の見通し」を解説します。

創業計画書の「事業の見通し」とは

創業計画書実物の記載欄表示

事業の見通しとは、創業してから軌道に乗るまでの売上高や売上原価、経費を記入する欄です。

記入する項目は、

▪月平均の「創業当初」と「軌道に乗った後」の

①売上高②売上原価(仕入高)③経費(人件費・家賃・支払利息・その他)④利益 

▪①~③の計算の根拠(創業当初・軌道に乗った後の各項目の計算方法)

また、別途書類としてエクセルで作成した1年分の事業の見通し(損益計算表)を用意しましょう。創業当初~軌道に乗るまでの売上高などの流れを説明する資料になります。

作成時の注意点と各項目の計算方法

各項目の計算で大切なことは、根拠に基づいていることと、実現可能性があるということです。

特に軌道に乗った後の項目では、ご自身の経験などを参考にし、根拠のない数字を書かないように気を付けてください。

〔悪い例〕

創業当初100万円だった月売上高が、もしかしたらお店が爆発的に人気になって軌道に乗った1年後には1000万円になると思うので記入。

➡創業から1年後の売上高が10倍になるのは、通常ではあり得ません!

売上高

売上高は業種によって、計算の仕方が違います。

また別途書類で1~12月の各月の売上高を計算する場合、季節による売上の増減・営業日数の増減なども踏まえて計算しましょう。

【コンビニエンスストアなどの販売業】

1㎡または1坪あたりの売上高×売り場面積
〔例〕

《コンビニエンスストアを例に・・・》

▪1㎡あたりの月売上高:20万円

▪売り場面積:50㎡  の場合

 

月の売上高は、20万円×50㎡=1000万円

【飲食業・理容美容業などのサービス関係業】

客単価×設備単位数(座席数など)×回転数×月の稼働日数
〔例〕

《美容業を例に・・・》

▪客単価:5000円

▪設備単位数(椅子):3台

▪1日椅子1台当たりの回転数:3.5回転

▪月の稼働日数:25日  の場合

 

月の売上は、5000円×3台×3.5回転×25日=131万2500円

【自動車販売・化粧品販売などの、人間による労働力の業務の割合が大きい業種】

従業員一人当たりの売上高×従業員数
〔例〕

《自転車販売業を例に・・・》

▪従業員一人当たりの月売上高:250万円

▪従業員数:5名 の場合

 

月の売上高は250万円×5名=1250万円

【部品加工・印刷業などの、設備に依存する面が大きい業種】

1つ当たりの加工賃×1台当たりの設備の生産能力×設備数×月の稼働日数
〔例〕

《部品加工業を例に・・・》

▪1つ当たりの加工賃:50円

▪1台当たりの生産能力:1日8時間稼働で500個

▪施盤:3台

▪月の稼働日数:25日  の場合

 

月の売上高は、50円×500個×3台×25日=187万5千円

売上原価(仕入原価)

売上原価は、売上原価=売上高×原価率で計算しましょう。

経費

人件費

正社員を雇う場合→月給額、法人の場合は自分の役員報酬も計算

アルバイト・バイトを雇う場合→想定される労働時間×時給で計算

個人事業主で創業する場合→人件費は計算しません

家賃

契約している・契約予定物件の月の家賃金額を記入しましょう。

管理費や積立金もある場合は、月の家賃金額+管理費・積立金を計算して記入。

支払利息

借入予定額・金利の年間の支払額を月割にして、計算しましょう。

〔例〕

借入額600万円、金利3%の場合

年間支払利息は、600万円×3%=18万円

よって、月の支払利息は18万円÷12ヵ月=1万5千円

その他

運営に必要な経費(水道光熱費、交通費、通信費、消耗品、広告費など)を、経費ごとに計算して記入しましょう。

利益

利益は、利益=売上高ー(売上原価+経費)で計算しましょう。

ポイント!事後湯の見通しに記入する数字には、【根拠があり現実味がある・達成できそうなもの】にすることを頭に入れておきましょう。

まとめ

根拠に基づき、かつ実現可能性のある事業の見通しを作成することが重要です。

もしどうしても自分で作成することが難しい場合、お近くの税理士や認定支援機関などの、融資に詳しい専門家に相談するのも選択肢のひとつです。

 

株式会社SoLabo(ソラボ)があなたの融資をサポートします!

株式会社SoLabo(ソラボ)は中小企業庁が認める認定支援機関です。

これまでの融資支援実績は4,500件以上となりました。

「独立するための資金を調達したい」
「金融機関から開業資金の融資を受けたい」
「手元資金が足りず、資金繰りに困っている」
といったお悩みのある方は、
まずは無料相談ダイヤルにお電話ください。
融資支援の専門家が対応させていただきます全国対応可能)。

SoLabo(ソラボ)のできること

     

・新規創業・開業の相談受付、融資支援業務
・既存事業者の融資支援業務
(金融機関のご提案・提出書類の作成支援・面談に向けたアドバイス・スケジュール調整等)

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております