資本性ローンとは?メリットデメリットも解説

資本性ローンとは?メリットデメリットも解説
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

「資本性ローン」は有用な融資制度(資金調達方法)として、近年よく聞くようになってきました。

この「資本性ローン」とは、具体的にどのような制度なのでしょうか?

今回は「資本性ローン」について解説していきます。

1.資本性ローンとは?

(1)資本とみなすことができる借入金

「資本性ローン」は「資本性借入金」とも呼ばれる金融機関の融資形態の一つで、金融機関が融資を行う際の審査において、負債ではなく資本とみなされる借入金のことを指します。

資本とみなされるのはあくまで金融機関が融資を行う際の審査においてのみで、会計上は負債扱いになるので、完全に資本として扱うことができるわけではない点には気を付けましょう。

(2)資本性ローンの特徴

資本性ローンは前述の通り「金融機関が融資を行う際の審査において、負債ではなく資本とみなされる」という点が最大の特徴です。

金融機関の融資審査では借入人の返済能力を想定するため、基本的に自己資本の額が高いほど融資を受けやすくなります。

自己資本の金額によって融資可能な額の多寡も決まってくるので、融資を受ける際は自己資本が高いほどハードルが低くなるのです。

そのため、資本性ローンによって資本を増やすことでさらなる追加融資を受けやすくなり、経営と資金繰りを安定させることができます。

ちなみに日本政策金融公庫の「挑戦支援資本強化特例制度」を「資本性ローン」と呼ぶことが多く、その制度イメージが強いため「無担保無保証人」であると説明されることも多いですが、資本性ローンは必ずしも無担保無保証人にする必要がないため、「挑戦支援資本強化特例制度」以外では担保や保証人が必要な場合もあるので注意しましょう。

(3)元金は一括返済のみ

資本性ローンは基本的に「期限一括償還」となるため、定期的な返済は金利のみで、期間内は元金の返済はたとえ資金に余裕があってもすることができません。

逆に言えば期限内は金利のみの返済で済むので、月々の負担はかなり低くなります。

また、金利も業績に連動して変動する金融商品となっている場合が多く、業績が上向いていない場合は金利が低下するため、資金繰りへの負担も小さくなることが多くなるのもポイントです。

2.資本性ローンが資本とみなされる理由

(1)資本性ローンの仕組み

資本性ローンが金融機関の審査上、負債ではなく資本とみなされる仕組みは、資本性ローンの返済方法にあります。

資本性ローンは先述の通り「期限一括償還」となるため利息のみを支払っていけばよく、経営を圧迫しにくいというのがポイント。

金融機関の融資審査では借入人の返済能力を想定するため、資金繰りを圧迫しない資本性ローンは問題点として考える必要性が少ないのです。

また、資本性ローンの借入期間も5年以上の長期で設定されるので、他の融資の返済期間より長くなるケースが多いです。

そのため新たな融資の返済終了までの間に資本性ローンの返済期限が来て経営が圧迫される、といったことが起きにくいので、新たな融資の返済確率はむしろ上がるため、資本として扱われるのです。

(2)劣後性

大半の資本性ローンは、「劣後」性を兼ね備えている場合が多く、こちらも資本性ローンが自己資本扱いになる一助となっています。

ローンの「劣後」とは、「ローンの返済優先度が他の負債よりも劣る」ことを指す言葉です。

どういうことかというと、仮に資本性ローンを借り入れた企業が倒産した場合、まず他の融資や税金、従業員の給与や担保などの優先度の高い債権を回収した後、最後に資本性ローンの回収が行われます。

当然、そのころには資本が残っていない可能性が高く、実質的に資本性ローンは「回収できる確率が低い債権」として扱われることが多いのです。

逆に言えば、他の融資と併用した場合、新たな融資の負債を回収する際に邪魔になることがほぼないので、金融機関が新たな融資をしやすくなります。

こういった劣後性を持つ債権を「劣後債」または「劣後ローン」と呼びます。

劣後ローンについての詳細はこちら

3.資本性ローンのメリットとデメリット

(1)資本性ローンのメリット

①追加融資を受けやすい

金融機関の融資審査では、自己資本の額が審査に大きく影響し、当然自己資本が多いほど審査を通りやすくなります。

資本性ローンは金融機関の融資審査時に負債として扱われず自己資本として扱われるので、融資審査において融資のハードルを低くすることができるのです。

②月々の返済が楽

利子だけは定期的に返済する必要がありますが、元本を返済する必要がないので、月々の負担は非常に少なく、経営を圧迫しにくいのも利点です。

資本性ローンの場合、赤字であれば利息自体も低くなるので、経営者にとってはかなり負担の優しい融資と言えます。

そのため安定して資金繰りを改善することができるのです。

(2)資本性ローンのデメリット

①利子が重い

資本性ローンは回収できる可能性が低いリスクの高い商品となるため、月々の負担は少なめとはいえ、最終的には利子の額が大きく膨れてしまいやすくなります。

また、赤字の時の負担が低くリスクは低めの代わりに、黒字の時は金利も高くなるため負担が大きくなる点にも注意。

特に10年を超える長期の借り入れで黒字の場合は、利率が5%から6%近くに跳ね上がることもあり、利子が非常に重くなってしまう可能性があります。

②元金は分割で減らせない

一括償還が基本となるため、元金は分割支払いで減らすことができません。

これにより、元金を減らすことで利子の分母を減らすこともできず、返済時に一括で返済するということは一気に手元の資金が減るということでもあるため、返済時に大きな出費が出てしまい、返済によって資金繰りが悪化してしまう、という本末転倒な事態が起きてしまう可能性もあります。

まとめ

資本性ローンは金融機関の融資審査において自己資本として扱われるため、追加融資を考えている場合には非常にありがたく、リスクも低めと非常に有用な制度です。

しかし、しっかりと事業計画を立てて返済を行っていかなければ、大きな損害につながる危険性も秘めています。

利用時には資本性ローンのメリットやデメリット、自身の事業計画と手足し合わせて、計画的な利用を進めていきましょう。

株式会社SoLaboがあなたの融資をサポートします!







NEWSTVに取材して頂きました!

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

資本性ローンとは?メリットデメリットも解説