事業復活支援金の申請はいつから開始する?

事業復活支援金の申請はいつから開始する?
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
お客様の融資支援実績は、累計4,500件以上(2021年7月末現在)
自身も株式会社SoLaboで創業6年目までに3億円以上の融資を受けることに成功。

事業復活支援金の活用を考えている人の中には、いつから申請開始するのか気になる人もいますよね。

当記事では、事業復活支援金の申請はいつからできるのかを解説します。事前確認や申請特例についても解説するので、事業復活支援金の申請を考えている人は参考にしてみてください。

申請期間は2022年1月31日から5月31日まで

事業復活支援金の申請期間は2022年1月31日~2022年5月31日までです。事業復活支援金の申請受付は事業復活支援金公式サイトから原則、電子申請でおこなえます。

電子申請の方法がわからない場合、申請サポート会場で補助員に電子申請のサポートをしてもらうことができます。申請サポート会場で申請する場合、事業復活支援金公式サイトから事前に訪問予約が必要です。

なお、電子申請には、事業復活支援金公式サイトで申請IDの発番が必要です。

ただし、一時支援金または月次支援金を受給したことがある場合、そのときに受け取った申請IDを使用できます。申請IDを忘れてしまった場合は、再度申請IDの発番からおこなう必要があります。

また、一時支援金または月次支援金を受給したあとに、法人成りや事業承継などを行った場合、新たに申請IDを発番する必要があるので留意しましょう。

事業復活支援金の申請前に事前確認を受ける必要がある

登録確認機関とは事業復活支援金事務局が認めた事前確認をおこなう機関のことで、事業復活支援金公式サイト「登録確認機関を検索する」から検索できます。

事前確認の申請受付は2022年1月27日から開始されています。事前確認では、給付条件や必要書類の確認がおこなわれるので覚えておきましょう。

なお、事業復活支援金の事前確認の申請方法や準備が必要について詳しく知りたい人は、「事業復活支援金の事前確認の申請方法と必要書類を解説」を参考にしてみてください。

事業復活支援金の申請特例の受付開始時期は公式サイトで確認できる

申請特例の受付開始時期は公式サイトで確認でき、現時点で2022年2月18日の予定になっています。事業復活支援金の申請特例とは、通常の給付要件では受給が難しい事業者向けの申請要件のことです。

事業復活支援金公式サイト「よくある質問」によれば「2019年~2021年10月に新規開業した事業者」「売上に季節性のある事業者」「連結納税を行っている事業者」などを対象とした特例が講じられる予定です。

なお、申請特例を活用する場合、一時支援金や月次支援金の特例を参考にすると、通常書類に加えて開業届や青色申告承認申請書の控えなどの提出を求められる可能性があります。

申請特例は随時情報が追加されるので最新の情報は、事業復活支援金公式サイトを確認しましょう。

申請の対象者は対象月の売上が30%以上減少している人

事業復活支援金の対象者は、「基準期間のいずれかの月」と「対象月(2021年11月から2022年3月までのいずれかの月)」を比較した際の売上が、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて30%以上減少している人です。

基準期間は「2018年11月から2019年3月まで」「2019年11月から2020年3月まで」「2020年11月から2021年3月まで」の3つの期間に分かれています。

事業復活支援金公式サイト「事業復活支援金シミュレーション」に該当期間の事業収入を入力することで、給付対象か確認できるので活用してみましょう。

事業復活支援金の申請前に必要書類を準備しておく

事業復活支援金を申請する人は、事業復活支援金の申請前に必要書類を揃えておく必要があります。申請者が給付条件を満たしているのか、給付額はどの程度になるかを事業復活支援金事務局が審査するために必要だからです。

事業復活支援金の申請までに用意が必要な書類は次の通りです。

  • 確定申告書の控え
  • 対象月の売上台帳
  • 振込先の通帳
  • 本人確認書類の写し
  • 宣誓・同意書
  • 基準月の売上台帳
  • 基準月の売上に係る通帳
  • 基準月の売上に係る1取引分の請求書・領収書

なお、必要書類の提出は電子データを添付する形式でおこなうので、事前に書類をスキャンまたは撮影が必要です。書類のデータは、PDF、JPG、PNGのいずれかの形式で保存しましょう。

また、電子データにした書類の文字が小さい、光が反射しているなどの理由で読み取れない場合、書類不備とみなされ受給までに時間がかかってしまう可能性があるので注意しましょう。

まとめ

事業復活支援金の申請受付は2022年1月31日から開始しています。申請前に事業復活支援金公式サイトでアカウント登録をしましょう

また、申請前に登録確認機関から事前確認を受ける必要があります。登録確認機関は事業復活支援金公式サイトから検索できます。

申請特例については、2022年2月18日以降に申請受付が開始される予定です。

事業復活支援金に関してわからないことがあれば、事業復活支援金公式サイト「お問い合わせ」から連絡してみましょう。

株式会社SoLabo(ソラボ)が
あなたの融資をサポートします!

株式会社SoLabo(ソラボ)は
中小企業庁が認める
認定支援機関です。

これまでの融資支援実績は
4,500件以上となりました。

  • 「独立するための資金を調達したい」
  • 「金融機関から開業資金の融資を受けたい」
  • 「手元資金が足りず、資金繰りに困っている」
  • 「独立するための資金を調達したい」
  • 「金融機関から開業資金の融資を受けたい」
  • 「手元資金が足りず、資金繰りに困っている」

といったお悩みのある方は、まずは無料相談ダイヤルに
お電話ください。
融資支援の専門家が
対応させていただきます(全国対応可能)。

SoLabo(ソラボ)のできること

SoLabo(ソラボ)のできること

  • ・新規創業・開業の相談受付、融資支援業務
  • ・既存事業者の融資支援業務
    (金融機関のご提案・提出書類の作成・面談に向けたアドバイス・スケジュール調整等)
     
  • ・新規創業・開業の相談受付、融資支援業務
  •  
  • ・既存事業者の融資支援業務
    (金融機関のご提案・提出書類の作成・面談に向けたアドバイス・スケジュール調整等)

融資支援業務の料金

融資支援業務の料金

SoLabo(ソラボ)の融資支援業務は
完全成功報酬です。
融資審査に落ちた場合は、
請求いたしません。審査に通過した場合のみ、
15万円+税もしくは融資金額の3%の
いずれか高い方を
請求させていただきます。

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

事業復活支援金の申請はいつから開始する?