据置期間とは?

据置期間とは?
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

日本政策金融公庫や制度融資や教育ローンについて調べていると、「据置期間2年」などの表記をたびたび目にすることがあります。

据置期間とは一体何の期間のことなのでしょうか?

1. 据置期間は元本を返済せず利子だけ返済する期間

融資の世界で据置期間と書かれていたら、それはその期間に元本の支払いをしなくてもよい期間という意味になります。元本の支払いはありませんが、利子については支払わなければいけません。

【元本300万円で7年返済・年利2.3%の場合のシミュレーション】

据置期間とは?

上記は、日本政策金融公庫で300万円の融資を受けた場合の返済シミュレーションです。据置期間があると、据置期間中(だいたい2年が多い)の支払いは金利のみなので破格に安く、2年経過後の返済が大きくなります。

これに対し、据置期間なしの場合では1回目から最終の返済までほぼ同額で返済することになります。(最終回は1円ぐらい帳尻合わせで変わります)

2.なぜ据置期間があるのか?

据置期間があってもなくても、利息の支払い分が減るわけではありません。事業で売上が着こめる場合は、据置期間はない方が元本は早く減ります。

では、なぜ据置期間があるのでしょうか。事業をする上で、1か月目から売上を回収できないタイプの事業があるからです。小売業であればまず店舗を作り、仕入れをして、宣伝をして、お客様が買ってくれて初めて売上があります。クレジットカード払いは締め日から1か月後にカード会社から振り込まれますので、1か月以上入金がないことも考えられます。

また、同じ様に法人相手の事業であれば通常は請求書を郵送してからの入金になるため、やはり1か月目からすぐに売上を現金として手にするのは難しいのです。

そのため、据置期間がないと事業ができないという場合は据置期間を設定した方がいいですが、売上が見込める時期には据置期間はない方が良いでしょう。2回目の融資(追加融資)にも元本が少ない時点での審査となり融資に通りやすくなります。

3. 据置期間はオトクなのか?

では、据置期間はあった方がいいのか、ない方がいいのかというと、これは事業者の借り入れ状況によります。例えば、既に創業融資で借り入れがあり、追加融資としてお金を借りる場合がありますが、据置期間を利用しないと1回目の融資と2回目の融資という2重の返済をしていかなければいけないですよね。

しかし、据置期間中は利子のみを支払えばいいので、創業融資があと2年ぐらいで返済できそう、という事業主の方は据置期間を使って資金調達すればメリットを受けられます。

据置期間があるからと言って、支払わなくてはいけない総額が減る訳ではありません。リボ払いと仕組みは違いますが、支払いを遅らせるという意味では似ています。据置期間は設定すべきかよく考えてから契約しましょう。

4.据置期間は契約時に自分から申し出ないといけないオプション

融資を紹介するページに据置期間という文字があるからといって、自動的に適用されるわけではありません。融資担当者に相談する際、また、正式に契約書を記入する際に据置期間がどうなっているかをきちんと確認しましょう。

まとめ

据置期間は日本政策金融公庫や自治体などの制度融資でお金を借りす際に利用できるオプションサービスです。

事業でしっかりと利益を出せるのであれば、現在一度目の融資を返済中の方にはメリットがあります。

 

中小企業庁が認める認定支援機関の専門家があなたをサポートします!

~日本政策金融公庫からの融資実績700件以上~

  • 独立をするための資金が必要
  • 創業7年以内で資金調達を検討している
  • 低金利で融資を受けたい
  • 多額の資金を借入したい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

NEWSTVに取材して頂きました!

幻冬舎で資金調達の本を出版させて頂きました。

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

融資額を増やすための方法を解説

据置期間とは?