2つの金融機関から融資を受ける協調融資という方法とは?

2つの金融機関から融資を受ける協調融資という方法とは?

少しでも多くお金を借りる場合、1つの金融機関のみでお金を借りるよりも、2つの金融機関からお金を借りる方が、借りられる金額が多くなるケースがあります。今回は、2つの金融機関から融資を受ける協調融資についてご説明致します。

1.協調融資とはなにか?

2つ以上の金融機関から融資を受けることを協調融資と言います。

もし、1つの金融機関から融資を受けられなそうな状況であれば、2つ以上の金融機関を利用して融資をご検討されてみてはいかがでしょうか?

日本政策金融公庫では、2つの金融機関からの融資(協調融資)のノルマがあると言われておりますので、通りやすいケースがあります。 公庫には、業務連携の覚書を締結するなどしており、連携が取りやすい金融機関があります。

例えば横浜支店の日本政策金融国庫では、

  • 湘南信金
  • 西武信金
  • 西京信金
  • 東京シティ信金
  • 東京信用金庫
  • さわやか信金
  • 城北信金
  • 川崎信金

などの信金とは覚書を結んでいるようです。 日本政策金融公庫の多くは、近くの信金と覚書を結んでいるようなので、連携が取りやすい金融機関も存在するようです。 私のお客様でも、実際に2つの金融機関を利用して融資(協調融資)を受けた方がいらっしゃいます。

【事例①】

整骨院を開業する方で、トータル1,400万円を借りたいという方がおりました。創業当初でお金を借りる場合には、1つの銀行から1,400万円借りるのは、非常に難しいです。

2つの金融機関から融資を受ける協調融資という方法とは?

2つの銀行からであれば、借りられる可能性があったため2つの銀行から借りる戦略を立てました。 協調融資の場合少し時間がかかることがあるため 3ヶ月程度時間がかかりましたが、 『横浜信用金庫』と『日本政策金融公庫』の2つから1,400万円の融資を受けられた方がおります。

【事例②】

トータル1,200万円を借りたいという方がおりました。 その方は開業2年目で、既に横浜銀行から借入金が4,000万円ありました。1つの銀行から借りる場合には、800万円程度しか貸せないと言われました。

2つの金融機関から融資を受ける協調融資という方法とは?

そこで1,200万円を借りるために、2つの金融機関から合計1,200万円を借りる方法を採用しました。『川崎信用金庫』と『日本政策金融公庫』の2つから融資を受けた方がいます。このケースのように、1つからだけでは、借りられないので、2つから借りるという方法もありますので、覚えておくといざというときに利用できるのではないでしょうか。

2.協調融資の注意点

2つの金融機関から融資を受ける協調融資という方法とは?

日本政策金融公庫からのみ融資を受ける場合には、一般的には1ヶ月から1ヶ月半で融資を受けることができます。

しかし、協調融資の場合には、2ヶ月から3ヶ月融資を受けるまでに時間が必要な可能性があります。

協調融資で時間がかかる理由は、公庫の融資実行の要件に、もう一つ金融機関の融資が確定したら、日本政策金融公庫も融資をするという要件が加わるためです。

信用金庫や、地方銀行は、信用保証協会の面談などがあるため、一般的に、融資実行までに2ヶ月から3ヶ月かかります。

そのため、協調融資では、信用金庫や地方銀行などの金融機関の結果がでてからでないと日本政策金融公庫からも融資を受けることができないため、融資を受けるまでに時間がかかってしまうのです。

まとめ

融資を受けるまでに時間をかけてもよいという方の選択肢の一つに協調融資という考え方があるでしょう。もし、今後ゆっくり時間をかけてもよいという方は是非利用をご検討ください。協調融資をすくことで、1つの金融機関のみで融資を受けるよりも多くのお金を借りられる可能性があります。

関連記事

開業前に融資を受けるためのチェックリスト

日本政策金融公庫で面談する際の注意点

お知らせ

2つの金融機関から融資を受ける協調融資という方法とは?