プロパー融資と信用保証協会の信用保証付き融資って何が違うの?借入の基礎知識

プロパー融資と信用保証協会の信用保証付き融資って何が違うの?借入の基礎知識

1.2つの借入方法を知る

銀行融資には、主要なものとして「信用保証協会の信用保証付き融資」と「プロパー融資」の2種類の方法に分けられます。

「信用保証協会の信用保証付き融資」とは、保証を公的保証人である信用保証協会が行う融資です。

この場合、公的保証人を得られることとなるため、銀行はお金を貸しやすくなります。

「プロパー融資」とは、銀行の内部によってお金を貸せるかどうかの可否を決定する仕組みとなっております。

日本政策金融公庫からの借入は、プロパー融資に該当します。

また、ビジネスローンなどもプロパー融資の一種にあたります。

ビジネスローンの場合は比較的借入が容易であり、「無担保・連帯保証人なし」の場合、新規の取引であっても、最大で500万円程度の銀行融資を利用することが出来ます。

信用金庫や、地方銀行、都市銀行は、創業して数年での融資であれば、基本的には、信用保証協会の信用保証付き融資となります。

信用金庫や、地方銀行、都市銀行からの融資でも、企業に実績がついた場合には、プロパー融資を利用することも可能になりますのが、開業して、数年以内にプロパー融資を利用できる会社はほとんどないといえるでしょう。

2.信用保証付き融資の場合には、信用保証料が取られる?

信用保証協会に保証してもらうためには、手数料を払う必要があります。

この手数料を信用保証料と呼びます。

信用保証料は、借りた際に、一括で払わなければなりません。

例えば1,000万円を借りた場合には、約50万円程度の信用保証料を一括で払う必要があります。

プロパー融資の場合には、信用保証料を払う必要がないため、トータルの費用が安くなることが多いです。

日本政策金融公庫と信用金庫の費用総額で比較すると、基本的に日本政策金融公庫の方が安くなります。

3.銀行借入形態には4つある

1)手形貸付

手形を担保とすることで、銀行に融資して貰う方法です。

銀行を受取人とした手形を会社が出し、額面の金額を貸してもらう仕組みで、運転資金(在庫資金や掛売代金、賞与資金や税金のこと)など短期資金の借入に使用されます。

2)手形割引

満期前の手形を銀行に買い取ってもらうことで資金調達を行う融資方法です。

手形の場合、満期日になることでようやく支払いが実行されますが、この方法であれば満期前に資金を調達することが出来ます。

この場合、銀行は満期分の利息分と手数料を差し引いた金額が支払われます。

手形がなければ1と2については、利用することはできないでしょう。

最近では手形取引が少なくなっているため、馴染みがない方も多いかもしれません。

3)証書貸付

借入金額や返済期間、返済方法や金利などが記入された「金銭消費貸借契約書」という証書に基いて長期的な融資を受ける方法です。署名捺印(実印)が必要です。

日本政策金融公庫の例でご説明すれば、まずは、借入の申し込みをし、その後、資料を集めて面談をし、借りられることが確定した場合には、『金銭消費貸借契約書』が郵送されてきます。

この『金銭消費貸借契約書』に記載して、提出することで、融資を受けることで融資を受けることができます。

4)当座貸越

当座勘定を用いた融資方法で、一定の限度額まで自由に借入れをすることが出来る方法です。

一定の限度額には極度額も含まれる上、返済期間を設定しない融資制度であるため、銀行融資形態の中でも最も条件が厳しく、よほど大きな信用を得られていない限り当座貸越の設定をしてもらえないため、実行は非常に難しい方法だと言えるでしょう。

また、最近開業された方は、銀行口座が普通預金だと思います。当座貸越を利用することができるのは、当座預金口座を保有している方です。

 

お知らせ

プロパー融資と信用保証協会の信用保証付き融資って何が違うの?借入の基礎知識