起業してから、銀行口座は3つあったほうが良い?

起業してから、銀行口座は3つあったほうが良い?

起業してから、銀行の口座開設をすると思いますが、創業時に銀行口座は3つ作るのが理想的だということをご存知でしょうか?今回の記事では、飲食店を例に、創業した際に、なぜ銀行口座を3つ作る必要があるのかをご紹介致します。

1.1つ目の銀行口座は、入金用にすべき!

飲食店を経営する場合、現金売上と、クレジット売上の2種類があるでしょう。この際に、1日分の現金売上を封筒に入れて、定期的に、入金用の口座にお金を入れてください。クレジット売上の入金も入金用の口座に入金されるようにしましょう。 1日分の現金売上を入金したら、通帳に何月何日の売上かがわかるようにメモしてください。

通帳記帳イメージ

 

上記の例のように、金額の横に日付を記載しておくと、通帳を見ただけで、1日の現金売上がいくらあったのかを把握できます。

これを毎日続けていくと、1ヶ月でいくらの入金があったのかを簡単に把握できるでしょう。

2.2つ目の銀行口座は、支出用にすべき!

飲食店を経営する場合には、仕入の支払い、人件費の支払い、広告宣伝費の支払い、借入金の返済など、毎月支出しなければならないものがあるでしょう。この支出は2つ目の銀行口座で行いましょう。

支出用の口座は、支出しかしないため、お金がなくなってしまいませんか?と聞かれますが、入金用の口座から、月に1回から2回決まった金額を振り込むため、お金がなくなることはありません。 支払い先が複数ある場合には、銀行に支払う手数料も高くなるため、支払用の銀行口座は、ネットバンクを利用する方も多いです。

日本政策金融公庫からの借入金の返済は、ネットバンクではできません。そのため、もし、支払用をネットバンクにする場合には、日本政策金融公庫への借入金返済のみは、違う口座から支払うようにしてください。

 

【注意点】

通帳は個人と事業用で分けておきましょう

個人事業主の方は、プライベート用の通帳とごちゃまぜにして使っている方もいますが、事業用の通帳とプライベート用の通帳は絶対に分けるべきでしょう。混ぜてしまうと把握が非常に難しくなります。

3.3つ目の口座は、税金支払い用に!

開業すると、個人であれば、所得税や住民税、法人であれば、法人税等を支払わなければなりません。さらに、個人でも法人でも、売上が1,000万円を超えた年度の2年後からは、消費税も納めなければなりません。

もちろん原則的には、創業してすぐに消費税の負担はありませんが、預かっている消費税を使わなければ営業できないのであれば、価格設定に問題があります。

創業1年目から消費税を全く使わなくても営業することができるように、預かった消費税の全額を別の通帳に入れて、納税資金を貯蓄しておきましょう。 売上の10%を常に、税金支払専用口座に移し、そのお金を使わなくても余裕を持って営業できると理想的でしょう。 税金の詳しい仕組みは、今回は割愛します。

まとめ

創業時に通帳を3つ用意した方がよい理由をご理解頂けたでしょうか?

口座は3つ

管理しやすくするために創業してからすぐに口座は3つ用意しておいたほうがよいでしょう。同じ銀行で通帳を3つ作る場合には、銀行の窓口の方に何のために利用するのですか?と聞かれることがありますが、『入金専用口座』『支払専用口座』『税金を貯めるための口座』で必要です!と回答すれば、通帳も作成することができるはずです。

面倒だから、創業した後、落ち着いたら、通帳を作れば良いや!と考えている方もいるかもしれませんが、途中から変えることは非常に面倒なので、創業してすぐに3つの口座を作ることをオススメします。

お知らせ

起業してから、銀行口座は3つあったほうが良い?