初めて日本政策金融公庫で融資を受ける場合、いくら借りられる?

初めて日本政策金融公庫で融資を受ける場合、いくら借りられる?
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
お客様の融資支援実績は、累計4,500件以上(2021年7月末現在)
自身も株式会社SoLaboで創業6年目までに3億円以上の融資を受けることに成功。

創業時に初めて日本政策金融公庫からお金を借りる場合、いくら借りられるのか気になっている方も多いのではないでしょうか? 今回は、初めて日本政策金融公庫に借入を申し込む場合、いくら借りられるのかを解説します。

創業融資で1,200万円の融資を受けた事例

当社のお客様で、日本政策金融公庫と初回の取引で1,200万円借りられた方の事例を紹介します。

(1)整骨院開業 自己資金300万円 借入額1,200万円

整骨院の場合、店舗取得費、内外装費など、何にお金を使うのかの資金使途が明確で、金融機関に対して根拠を提示できるので、お金を借りやすい傾向です。

当社の見解では、整骨院開業の場合、自己資金で200万円以上あれば、1,200万円借りられる場合があります。

※2020年3月末日までは中小企業経営力強化資金を使うことで、創業時に1,000万円を超える融資が実行されていましたが、2020年4月から、1,000万円を越える融資が創業融資で受けられる可能性が著しく低くなりました。そのため、過去の事例では上記のような融資事例がありましたが、仮に今同じ条件で融資を受ける場合、日本政策金融公庫のみで考えると1,000万円以下で融資決定される可能性が高いです。

日本政策金融公庫の借入に申込み、融資を受けたい方で、準備方法が分からないという方は、認定支援機関である当社株式会社SoLabo(ソラボ)にお問い合わせください。豊富な過去実績に基づき、融資の専門家がアドバイスさせていただきます。

初めて日本政策金融公庫で融資を受ける場合、いくら借りられる? 初めて日本政策金融公庫で融資を受ける場合、いくら借りられる?

(2)飲食店開業 自己資金400万円 借入額1,000万円

飲食店も整骨院と同様、店舗取得費、内外装費など、何にお金を使うのかの資金使途が明確で、根拠を提示しやすい業種です。 これらの業種以外にも、美容室を開業する方など、何にいくらお金を使うのかが明確であれば、1,000万円借りることができるケースもあります。 もちろん自己資金や過去の実績も必要になりますので、ご注意ください。

飲食店開業時の融資の平均額についてはこちらの記事でも解説していますので、興味のある方はご覧ください。

創業融資で500万円の融資を受けた事例

創業時に500万円借りた事例をご紹介します。

広告代理店 自己資金100万円 借入額500万円

広告代理店を創業するにあたって、基本的に設備投資をする必要がないため、整骨院や飲食店と違って創業するためにお金があまりかからないケースが多いです。そのため、自己資金がたくさんあっても、多額の融資を受けるのは難しいです。初回の取引で500万円程度借りて、実績をつけたあとであれば、追加で多くの金額を借りることができるでしょう。

当社実績では、初めての借入の場合、300万円~500万円が目安になります。資金使途が明確にできなければ、多くのお金は借りられないと考えておきましょう。

広告代理業の事例はこちらで詳しく解説しているので、あわせてご覧ください。

まとめ

日本政策金融公庫からの借入平均は、1社あたり600万円から700万円です。設備投資をしない方は、この平均の金額以上借りるのは難しい傾向です。

日本政策金融公庫への融資支援実績が豊富な会社に相談し、サポートを依頼するのも選択肢のひとつです。当社株式会社SoLaboも国に認められた認定支援機関として、これまでに4,500件以上の融資サポートを支援してきた実績があります。相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせください。

株式会社SoLabo(ソラボ)が
あなたの融資をサポートします!

株式会社SoLabo(ソラボ)は
中小企業庁が認める
認定支援機関です。

これまでの融資支援実績は
4,500件以上となりました。

  • 「独立するための資金を調達したい」
  • 「金融機関から開業資金の融資を受けたい」
  • 「手元資金が足りず、資金繰りに困っている」
  • 「独立するための資金を調達したい」
  • 「金融機関から開業資金の融資を受けたい」
  • 「手元資金が足りず、資金繰りに困っている」

といったお悩みのある方は、まずは無料相談ダイヤルに
お電話ください。
融資支援の専門家が
対応させていただきます(全国対応可能)。

SoLabo(ソラボ)のできること

SoLabo(ソラボ)のできること

  • ・新規創業・開業の相談受付、融資支援業務
  • ・既存事業者の融資支援業務
    (金融機関のご提案・提出書類の作成・面談に向けたアドバイス・スケジュール調整等)
     
  • ・新規創業・開業の相談受付、融資支援業務
  •  
  • ・既存事業者の融資支援業務
    (金融機関のご提案・提出書類の作成・面談に向けたアドバイス・スケジュール調整等)

融資支援業務の料金

融資支援業務の料金

SoLabo(ソラボ)の融資支援業務は
完全成功報酬です。
融資審査に落ちた場合は、
請求いたしません。審査に通過した場合のみ、
15万円+税もしくは融資金額の3%の
いずれか高い方を
請求させていただきます。

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

初めて日本政策金融公庫で融資を受ける場合、いくら借りられる?