初めて日本政策金融公庫で融資を受ける場合、いくら借りられる?

初めて日本政策金融公庫で融資を受ける場合、いくら借りられる?

創業時に初めて日本政策金融公庫からお金を借りる場合、いくら借りられるのか気になっている方も多いのではないでしょうか? 今回は、初めての取引でいくら借りられるのかをご紹介していきます。

 

■Contents

1.初めての取引で1,200万円借りられた事例
2.初めての取引で500万円借りられた事例
まとめ

1.初めての取引で1,200万円借りられた事例

私のお客様でも日本政策金融公庫と初回の取引で1,200万円借りられた方はたくさんいますが、その中の事例をご紹介します。

(1)整骨院開業 自己資金300万円 借入成功額1,200万円

整骨院の場合、店舗取得費、内外装費など、何にお金を使うのかが明確なので、お金を借りやすいです。整骨院開業時に1,200万円を借りたお客様は多いです。

【ポイント】

整骨院開業の方であれば、自己資金で200万円以上あれば、1,200万円借りられるチャンスはあります。 自己資金が1円でも多いほうが多くのお金を借りやすくなるため自己資金がもっと増やせるのであれば、増やした方が良いでしょう。

(2)飲食店開業 自己資金400万円 借入成功額 1,200万円

飲食店の場合、整骨院と同様に、店舗取得費、内外装費など、何にお金を使うのかが明確なので、多くのお金を借りやすいです。 これらの業種以外にも、美容室を開業する方など、何にいくらお金を使うのかが明確であれば、1,200万円借りることができるケースもあります。 もちろん自己資金や過去の実績も必要になりますので、ご注意ください。

2.初めての取引で500万円借りられた事例

創業時に500万円程度借りるのは、さほど難しいことではありません。創業時に500万円借りた事例をご紹介します。

(1)広告代理店 自己資金100万円 借入成功額 500万円

広告代理店を創業するにあたって、基本的に設備投資をする必要がないため、整骨院や飲食店と違って創業するためにお金があまりかからないケースが多いです。そのため、自己資金がたくさんあっても、多額の融資を受けるのは難しいです。初回の取引で500万円程度借りて、実績をつけたあとであれば、追加で多くの金額を借りることができるでしょう。

 【ポイント】

初めての借入で300万円から500万円であれば、借りやすいです。 広告代理店でも借りられるだけ借りておきたいという方もおりますが、使い道が明確にできなければ、多くのお金は借りられないと考えておきましょう。

まとめ

日本政策金融公庫からの借入平均は、1社あたり600万円から700万円です。設備投資をする方であれば、この平均以上借りられるケースは多いですが、設備投資をしない方は、この平均の金額以上借りるのは少し難しくなります。 もちろん初めて融資を受ける際に、すでに実績がある企業であれば、もっと多くの金額を借りられるケースもあります。

お知らせ

初めて日本政策金融公庫で融資を受ける場合、いくら借りられる?