【事業拡大向け融資】語学が得意な方必見!翻訳業で300万円の融資に成功した事例

【事業拡大向け融資】語学が得意な方必見!翻訳業で300万円の融資に成功した事例
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

今回の記事では、翻訳業を営むSさんが当社を通じて300万円の融資を受けることができた事例をご紹介しましょう。

◎ある日、SoLaboへSさんから一本の電話が、、

【事業拡大向け融資】語学が得意な方必見!翻訳業で300万円の融資に成功した事例
  • わたし「はい、SoLaboでございます。」
  • Sさん「すみません、ネットを見て相談したいと思ったんですが。元々わたしは個人事業主として翻訳業をしています。その流れで今年、法人を新たに設立して書籍事業やセミナー業をスタートしています。」
  • わたし「ふむふむ。素晴らしいですね。」
  • Sさん「事業拡大のために融資を検討しています。融資は個人事業主と法人、どちらの方が通りやすいんですかね、、?」
  • わたし「なるほど。個人事業主として翻訳業を、その後法人を設立され書籍事業とセミナー事業をやられている、という訳ですね。」

この質問は当社で実によくいただく質問です。創業時に個人事業主として申し込んだ方がいいのか、それとも法人として申し込んだ方がいいのか。以下で詳しく回答致しますので是非ご参考になさってくださいね。

◎個人事業主と法人はどちらでも融資の審査方法は同じ

結論から申し上げますと、創業時には個人事業主でも法人でも基本的に審査は同じです。Sさんの場合、法人を立ち上げる時に個人事業主としてのステータスも法人としてのステータスも両方お持ちなので、悩んでしまったわけですね。

しかし、どちらで申し込む際にも以下の点が審査での基準ポイントとなります。

【創業時の融資の審査基準ポイント】

  • 今までの経験と自己資金がどれだけあるのか(融資希望額に対する自己資金割合)
  • 申込者(代表者)の信用情報(リボ払いの遅延がないか、など)

その事業が法人としてでしか創業できない場合を除き、個人事業主または法人として申し込むかは申込者、つまりあなたの判断に任せられるのです。

次に、既に個人事業主でも法人でも事業を始めている場合には以下の点が審査基準ポイントとなります。

【創業あとの融資の審査基準ポイント】

  • 個人事業主の確定申告書 または
  • 法人の決算書

◎翻訳業と書籍事業・セミナー事業で業種が違っても双方の決算書をチェック

【事業拡大向け融資】語学が得意な方必見!翻訳業で300万円の融資に成功した事例

ここである疑問を持つ方もいると思います。Sさんは最初、個人事業主として翻訳業を、その後に法人をたてて書籍事業とセミナー事業という異なる事業を始められています

しかし、金融機関が融資の審査をする場合には代表者が同じ場合、2つ以上の事業全ての事業内容を確認します。

金融機関融資担当者の言い分

【事業拡大向け融資】語学が得意な方必見!翻訳業で300万円の融資に成功した事例

「2つ以上の事業で確定申告している場合、双方の事業内容の損益をチェックします。だって、せっかく融資をしてもそのうちで赤字事業がある場合、融資した資金が赤字事業の補てんにされてしまう可能性があるじゃないですか。そんなことされたら、返済されないリスクが増えますよね。

そうなのです。金融機関にとって、とにかく融資を通すかどうかの判断は返済されないリスクが低いかどうか、という判断で決定されます。そのため、Sさんのように翻訳業・書籍事業・セミナー事業といった異なる複数の事業を行っている方でも、元をたどればSさん一人でやっている事業(Sさんが代表の事業)です。そのため、Sさん名義のすべての確定申告書を金融機関ではチェックします。

【注意!】翻訳業で借りたお金は書籍事業・セミナー事業で使えば罰則が

【事業拡大向け融資】語学が得意な方必見!翻訳業で300万円の融資に成功した事例

個人事業主として借りたお金は個人事業主としての事業で使うことが融資の大前提です。生活資金や法人事業のお金として使うことが金融機関に知られれば、それは契約違反となってしまいます。全額返済を求められる場合があるため、注意しましょう。

◎個人事業主として翻訳業で300万円の融資に成功したSさんの場合の融資のコツとは?

【事業拡大向け融資】語学が得意な方必見!翻訳業で300万円の融資に成功した事例

まずSさんの融資時の状況をご説明します。Sさんは個人事業主としての翻訳業では700万円の売り上げがある一方、法人としての事業(書籍・セミナー)では残念ながら2期連続で赤字の状況でした。

  • 個人事業主としての売上 700万
  • 法人としての売上 200万(創業以来2期連続赤字)
  • 法人・個人ともに借入なし

Sさんは個人事業主・法人ともに融資を受けられば、というご希望をお持ちでした。しかし、今回の申し込み時には法人では売上がマイナスの状況でしたので、わたしは以下のように打ち合わせでお話をしました。

【事業拡大向け融資】語学が得意な方必見!翻訳業で300万円の融資に成功した事例

わたし「Sさん!法人で今融資を受けても落ちる可能性が高いので、まずは翻訳業のみで申し込みをしましょう。融資を受けた実績と返済履歴がつけば、その後法人として黒字になったタイミングで融資が受けられる可能性が高まります!」

私の説得を受け、Sさんは今回の融資は個人事業主でのみ申し込みをされました。結果として、その判断は当たっていました。まずは個人事業主として融資を受け、今後法人が軌道に乗ったタイミングで法人でも融資を受けることをSさんに提案し、納得していただいたのです。

【注意!】Sさんが複数の法人の代表をやっていたらどうなの?

複数の法人の代表者をやっている方っていらっしゃいますよね。基本的には全ての法人の決算書が審査対象となります。事業が異なるから審査対象外、他の法人だから関係ない、と考える方もいらっしゃいますが、それは間違っています。

「複数法人を持っていても隠せばいいよね?」と考える方もいるかもしれません。しかし、ネットなどで調べて情報が出た場合は融資を受けるのが困難になります。また、担当者に「隠ぺいした事業主」という印象も持たれてしまいます。できるだけ融資担当者には正直に事業状況を申告しましょう。

Sさん「おかげ様で融資に通りました!ありがとうございます。」

【事業拡大向け融資】語学が得意な方必見!翻訳業で300万円の融資に成功した事例

わたし「いやいや~。Sさんの借り入れがなかったこと、また、個人事業主としての売り上げがあったことが大きかったと思いますよ。おめでとうございます!」

認定支援機関の融資担当者としてわたしはSさんの面談前に日本政策金融公庫の融資担当者に個人事業主として以下の点を強調しました。

  • 個人事業主としての資金使途
  • 融資がおりれば個人事業主の売上の増加につながること
  • 法人事業として今後売り上げるための施策と今後の見通し

これらを日本政策金融公庫の担当者に説明し納得してもらえたことで、最終的にSさんへ300万円の融資が決定したのです。

  • まとめ

今回、Sさんは無事に融資を受けることができましたが、法人でも融資を申し込んだ場合は融資を受けられなかった可能性があります。法人をいくつかお持ちの方や、これから創業の方で個人事業主と法人のどちらで申し込むか悩んでいる方は一度専門家に相談し戦略を練ってから              進めることをオススメします。

中小企業庁が認める認定支援機関の専門家があなたをサポートします!

~日本政策金融公庫からの融資実績700件以上~

  • 独立をするための資金が必要
  • 創業7年以内で資金調達を検討している
  • 低金利で融資を受けたい
  • 多額の資金を借入したい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

NEWSTVに取材して頂きました!

幻冬舎で資金調達の本を出版させて頂きました。

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

融資額を増やすための方法を解説

【事業拡大向け融資】語学が得意な方必見!翻訳業で300万円の融資に成功した事例