会社設立のサポートと言えば税理士!?税理士の会社設立サポートが必要な場合とは?

会社設立のサポートと言えば税理士!?税理士の会社設立サポートが必要な場合とは?
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

会社を設立する際、一人で設立の準備をすることは難しいですよね。多くの事業主の方は、税理士に会社設立のサポートを依頼すると思います。

しかし、中には「会社設立のサポートは、なんとなく税理士に頼んでいた。」という方もいるのではないでしょうか?

今回は、会社設立の際、税理士はどんなことを行うのか、また税理士のサポートが必要な場合とそうではない場合について解説します。

1.そもそも税理士はどんな人か?

税理士は税に関するスペシャリストとして活躍します。

主な業務として、

会社設立のサポートと言えば税理士!?税理士の会社設立サポートが必要な場合とは?

などがあります。

また税理士の中にも、「認定支援機関」として中小企業の経営サポートを行う方も多くいます。

 

2.税理士はどんな会社設立サポートを行う?

税理士が行う主な会社設立サポートとして

設立時の税務に関する書類作成・提出の代行

▪節税などのアドバイスする

▪創業融資のサポート(創業計画書の作成や、融資を通すためのアドバイス)

などがあります。

会社設立サポートの報酬相場は5万円程度と、司法書士などと比べ報酬相場は安いです。しかし、税理士は会社設立後のサポートも行うことが多いため、報酬を安く引き受けることが多いです。

 

3.税理士は会社設立後もサポートしてくれる!

税理士は会社設立時だけでなく、設立後のサポートも行うことが多いです。

設立後の主なサポートとして以下の表をご覧ください。

会社設立のサポートと言えば税理士!?税理士の会社設立サポートが必要な場合とは?

 

4.本当に税理士の会社設立サポートが必要??

ここまで税理士による会社設立サポートを紹介してきましたが、税理士による会社設立サポートを受けた方が良い場合とそうではない場合があります。

税理士による会社設立サポートを受けた方が良い場合は、会社設立後も「目次3」でご紹介したようなサポートしてもらいたいと考えている場合です。

対して、税理士による会社設立サポートを受けなくてもよい場合は、純粋な会社設立のみのサポートでも良い場合です。この場合は税理士よりも、会社設立に関する手続き代理を主に行う司法書士にサポートを依頼する方が良いでしょう。個人事業であれば、白色申告ではなく、青色申告を行っていく。

 

まとめ

会社設立のサポートは税理士だけでなく、司法書士や行政書士などの士業も行っていいます。士業の会社設立サポートには得意分野・不得意分野を持っています。まずはそれらをよく調べ理解することから始めましょう。それから税理士のサポートが本当に必要かどうかを考えてから依頼しましょう!

中小企業庁が認める認定支援機関の専門家があなたをサポートします!

~日本政策金融公庫からの融資実績700件以上~

  • 独立をするための資金が必要
  • 創業7年以内で資金調達を検討している
  • 低金利で融資を受けたい
  • 多額の資金を借入したい

上記のようなご希望をお持ちの方、認定支援機関に相談してみませんか?
まずは下記から無料でご相談ください

NEWSTVに取材して頂きました!

幻冬舎で資金調達の本を出版させて頂きました。

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

融資額を増やすための方法を解説

会社設立のサポートと言えば税理士!?税理士の会社設立サポートが必要な場合とは?