詳しく解説!事業者ローン(ビジネスローン)とは?

詳しく解説!事業者ローン(ビジネスローン)とは?

事業者の中で資金繰りの問題を抱えている方は多いのではないでしょうか?

経営するにあたって、何かとお金がかかるのは当然のこと。

今月は支払いが多くて、資金がなくなってしまった…なんてことも経験があるのでは?

そんな事業者にとって強い味方なのが、事業者ローン。

今回は事業者ローンについて詳しく解説します。

1.事業者ローンとは?

よくビジネスローンという言葉も耳にするかと思いますが、このビジネスローンと事業者ローンは同じ意味を表します。

個人的に申込をすることはできず、個人事業主や法人のみが対象となり、申込をすることが出来る専門ローンです。

事業者にとっての資金調達方法の一つとなります。

多くの事業者が利用していて、利用する理由としては、事業を運営していくにあたって必要となる資金や、一時的な資金調達となるつなぎ資金など、事業に関係する資金の融資を目的として利用しています。

詳しく解説!事業者ローン(ビジネスローン)とは?

銀行や公的機関の融資では、審査を通らなければならず、審査基準もなかなか厳しいものです。

そのため、金利が少し高いですが、融資を受けやすい消費者金融等で事業者ローンを申し込む方も少なくありません。

 

2.事業者ローンの特徴

多くの人が利用する事業者ローン。その特徴とはどんなところか、見ていきましょう。

詳しく解説!事業者ローン(ビジネスローン)とは?

銀行融資や公的融資よりも、審査は早く、審査が通りやすいのが何よりも強みではないでしょうか?

特に個人事業者は、収入が安定していないとみられることが多く審査には通りにくいのです。

詳しく解説!事業者ローン(ビジネスローン)とは?

申込のタイミングを分かっていれば、即日融資も可能です。

銀行融資や公的融資は、融資決定から受け取るまでに2~3日かかると言われています。

詳しく解説!事業者ローン(ビジネスローン)とは?

金融会社によって異なりますが、多くの事業者ローンでは、連帯保証人と担保が不要となることがあります。これを無担保ローンと言います。

この場合は、信用が個人や法人のみとなるため、返済が延滞になると、一括で返金を求められる場合があります。

詳しく解説!事業者ローン(ビジネスローン)とは?

総量規制とは各個人が1年で借りられる額が年収の3分の1までと決められている制度のことを言います。

事業者ローンは事業関係への融資になる為、個人が借りたものとはみなされず総量規制の対象にはならないのです。

また総量規制の対象外となる条件も関わっています。

詳しく解説!事業者ローン(ビジネスローン)とは?

銀行や公的機関の融資よりは金利が高く設定されています。

銀行や公的機関での融資、例えば日本政策金融公庫の場合では最高でも3%、事業者ローンでは最高で15%~18%と、大きく変わってきます。

詳しく解説!事業者ローン(ビジネスローン)とは?

事業者ローンの種類によっても異なりますが収入証明書は、ほとんどの金融機関で必要です。

収入証明書の例として、確定申告書・源泉徴収票・所得証明書・課税証明書が該当します。

詳しく解説!事業者ローン(ビジネスローン)とは?

金融機関によっては、事業関連書類が必要になることもあり、申し込む金融機関に話を聞くようにしましょう。

個人と法人によっても提出書類は変わってきます。

また、この事業関連書類は、総量規制にも大きく関わっているのです。

 

3.総量規制との意外な関係

上記で、事業関係への融資となる為、総量規制の対象外とお話ししましたが、もう一つ対象外となる理由があるのです。

その理由は、申込時に提出する書類が関係しています。

 

詳しく解説!事業者ローン(ビジネスローン)とは?

事業者ローンの申込時に提出するものが上記のものとなります。

なぜこれらの書類が総量規制と関係するのか、その理由がこちらです。

詳しく解説!事業者ローン(ビジネスローン)とは?

総量規制を取り扱っているのが消費者金融の為、対象と考えている人が多いですが、事業者ローンは対象外であることを覚えておきましょう。上記全ての条件を満たすことで総量規制の対象外となるのです。

 

4.事業者ローンの選び方

事業者ローンの強みは審査に通りやすく、すぐに融資を受けられること。

その反面金利が高いということは引っかかるところではないかと思います。

まずは一番に何を優先したいのかを考えましょう。

事業者ローンの中でも、銀行と信用金庫の金利は比較的低い設定です。

金利は若干高いが、すぐにでも融資を受けたいならばノンバンク。

すぐに返済できることがあらかじめ決まっているならば金利が高くても支払う利息はそこまで上がりません。

自身が必要としている用途や返済予定なども考えたうえでの選び方をしましょう。

 

まとめ

今回は事業者ローンについて解説しました。

審査が通りやすいといっても、必要書類を元に審査を行い融資が決定していくかどうか決められます。

準備が不十分であれば、当然審査の通過も厳しいでしょう。

審査を通過する為の準備は欠かさずに行いましょう。

また、返済についてもしっかりと計画を立てて申し込みましょう。

NEWTVに取材して頂きました

お知らせ

【リリースノート】 2017年11月27日(月)
NewsTVに取り上げられました!

【セミナーのお知らせ】 2017年10月23日(月)
埼玉県内の飲食開業者&会計事務所向け 飲食店開業にまつわるお金講座開催のお知らせ

【セミナーのお知らせ】 2017年10月18日(水)
創業融資のプロが語るセミナー開催のお知らせ

【セミナーのお知らせ】 2017年10月17日(火)
士業事務所の職員様向け 会計事務所ができるベストなサポートセミナー開催のお知らせ

【セミナーのお知らせ】 2017年09月21日(木)
会計事務所向け 融資セミナー開催のお知らせ

詳しく解説!事業者ローン(ビジネスローン)とは?