仕入れ資金が不足している場合、どのように資金調達すべき?オススメの調達方法とは?

仕入れ資金が不足している場合、どのように資金調達すべき?オススメの調達方法とは?

売掛金の入金が遅く、仕入れ資金が不足しがちという会社も多いのではないでしょうか?

今回は、このような方にオススメの2つの資金調達方法をご紹介していきます。

1、仕入れ資金が不足と予想できるのであれば、早めに日本政策金融公庫で借り入れを!

日本政策金融公庫で融資を受ける場合には、借りるまでに約1か月の時間がかかります。

そのため、仕入れ資金が1カ月以上後に不足すると予想できている場合には、日本政策金融公庫からの借入をオススメします。

日本政策金融公庫は、中小企業に対する融資を得意としております。

そのため、初回の融資としては、2,000万円以下になるとお考えください。

日本政策金融公庫の初回融資の基本的な上限

創業7年以内の方であれば、中小企業経営力強化資金という制度を利用することによって、担保なしで、かつ、保証人も不要で融資を受けることができます。

担保なしで保証人不要にもかかわらず、金利も2%以下で借りられるので、最もよいオススメな資金調達方法といえるでしょう。

中小企業経営力強化資金制度の詳細は、下記サイトをご参照ください。

中小企業経営力強化資金を利用して、金利を安く融資を受けよう!

日本政策金融公庫について詳しく知りたいという方は、下記サイトにすべてを記載しておりますので、是非ご参照ください。

日本政策金融公庫で融資を受けるために必要な38のノウハウ

2、いますぐ仕入れ資金が必要な方は、ファクタリングを検討すべき?

ファクタリングを今まで知らなかった方も多いかと思います。ファクタリングとは、売掛金を売却して、現金化するものです。

土地を担保に借入するのは一般的な考え方ですが、ファクタリングは、売掛金を担保にお金を借りるイメージです。

ファクタリング説明

ファクタリングについての詳細は、下記サイトをご参照ください。

ファクタリングって何?3分でわかるファクタリングの基礎知識

では、いますぐ仕入れ資金が必要な方にファクタリングがオススメな理由をご紹介致します。ファクタリングは、売掛金がある会社であれば、早ければ翌日に現金化することができます。

すぐに現金化できてしまうため、手数料が高いのですが、仕入れ資金を確保できれば将来の売り上げが見込めるのであれば、その手数料分、利益率は下がってしまいますが、ファクタリングの手数料を払ってでも利益がでるのであれば、ファクタリングを利用しても全く問題ないでしょう。

例えば、仕入れが500万円で、この仕入れ資金を調達できれば、売上が1,000万円計上できるとします。仮にファクタリングの手数料が100万円だった場合、

 

ファクタリングの考え方

上記の例のように手数料を払ってでも仕入れをした方が得な状況がありますので、このような状況であるのであれば、絶対にファクタリングを利用して資金調達をして、仕入れするべきでしょう。

資金調達のポイント

★ファクタリングを利用した際のメリット

①売掛金があれば、すぐに現金化できる

②売掛先が倒産しても、自分の会社には支払義務は生じない。

③売掛金の売却であるため、信用情報に傷がつかない

④金融機関の融資に通らなかった方でも利用できる可能性がある

【補足】ファクタリングとビジネスローンはどっちがお得?

ファクタリングは、売掛金を売却しているだけで借り入れではないので、将来の返済義務はありません。

ビジネスローンは、借入ですので、返済義務が生じます。

長年に渡って借りる場合には、ビジネスローンでは多くの利息を取られてしまいますので、ファクタリングが有利になるケースが多いでしょう。

まとめ

仕入資金が不足している場合、今すぐお金が必要であれば、ファクタリング。お金を用意するまでに時間がある場合には、日本政策金融公庫からの借入がオススメでしょう。

仕入れ資金が不足している場合、どのように資金調達すべき?オススメの調達方法とは?ファクタリングの無料診断ご希望の方はこちらをご覧ください

お知らせ

仕入れ資金が不足している場合、どのように資金調達すべき?オススメの調達方法とは?