日本政策金融公庫の融資に失敗する方の特徴とは?

日本政策金融公庫の融資に失敗する方の特徴とは?
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

日本政策金融公庫に借入の申し込みをしたにもかかわらず、融資審査に通過しなかった場合、審査に落ちた履歴が残ってしまいます。

一度審査落ちの履歴が残ってしまうと、その後借入に申し込む際に、履歴を確認され、融資が受けにくくなる傾向があります。

今回の記事では、融資審査に落ちてしまう状況を回避するために、失敗する方の特徴を解説します。

日本政策金融公庫の融資に失敗しやすい方の特徴

開業する分野で過去に勤務経験がない方

例えば、飲食店を開業したい方が、日本政策金融公庫の借入に申し込む場合、過去に飲食店での勤務経験がある方が多い傾向です。

このように、過去の経験を活かして独立したいので融資を受けたい、という流れで借入に申し込む場合、過去の経験があることが金融機関の担当者から一定の評価を受けやすいため、融資審査に通過しやすい傾向があります。反対に、勤務経験がない場合、知識やノウハウが不足し、結果として事業が立ち行かなのではと判断される傾向があります。

但し、例外として、フランチャイズに加盟して事業を行う場合、未経験者でもできるように業務を仕組み化しているため、業務経験がない方でも融資を受けられるケースが当社ではありました。

自己資金がない方

自己資金が全くない、もしくはほぼないという方は、金融機関の担当者から準備不足とみなされるため、融資を受けられる可能性は低い傾向です。

但し、ご両親や親族にお金を出資してもらえる場合、融資を受けられるケースもあります。

家族に出資してもらったとしても、申込者自身が用意した自己資金が少ない場合、評価が低くなる傾向です。まずは、自己資金として最低でも100万円程度を貯めておくのが良いでしょう。

事業計画に計画性が見られない方

なんとなく開業してみたいという、開業の動機が曖昧な方は、借入に申し込んでも審査に通過するのが難しい傾向です。開業理由を明確にした事業計画を立てた上で、借入に申し込むのがよいでしょう。

事業計画に計画性が見られないと、開業後の事業も行き当たりばったりになるのではと見られてしまいます。売上の見込みや商品の仕入れルートなど、数字を提示した上で、金融機関の担当者が納得できる事業計画を立てるのが重要です。

信用情報がブラックの方

信用情報ブラックとは、異動情報や債務整理など、信用情報に欠点があり借入が難しい状態を表す造語です。

例えば、携帯料金の支払いが毎月遅延している方や、過去に金融事故を起こしている方の場合、信用情報に傷が付いていると考えられますので、融資審査に通過するのは困難です。

但し、過去に金融事故などを起こしていても、一定の時間が経過しており、直近でクレジットカードが作成することができている状況であれば、審査に通過する可能性はあります。

信用情報に不安がある方は、まずご自身の信用情報を確認するようにしましょう。

過去に税金の未納や水道光熱費・家賃の支払いを滞納したことがある方

日本政策金融公庫は政府から100%の出資を受けて運営している公的金融機関であり、税金等の未納がある方へ融資は原則実行されません。

水道光熱費や家賃の支払いを滞納したことがある場合も、融資を受けにくくなります。金融機関の担当者が、借入金の返済も遅れるのではないかと考えるからです。

自己資金が見せ金の方

見せ金とは、取引相手の信用を得るために用意する見せかけのお金のことです。審査の際に見せ金を用意し、審査が終わった後に返却するというやり方を取る方がいますが、日本政策金融公庫で借入に申し込む場合、見せ金は通用しません。

日本政策金融公庫の担当者に見せ金と判断された時点で、今後借りられなくなる可能性もありますので、姑息な手段を使うのはやめましょう。

日本政策金融公庫で融資を受けられなかった場合、日本政策金融公庫に申込情報や否決理由などの履歴が残り、しばらく融資を受けられない可能性もありますのでご注意ください。

融資を受ける際は、金融機関担当者から、通帳の入出金を過去半年ほどチェックされます。半年以内の間に、急にお金が増えている場合には、出所が証明できない限り見せ金として疑われる可能性が高いので注意しましょう。

自己資金についてはこちらの記事もあわせて一読をおすすめします。

他の金融機関からお金を借りている方

消費者金融やカードローン、キャッシングを利用しており、現在も返済中の場合、融資審査に通過することが難しい傾向です・

例えば、通帳残高が20万円で、カードローンが100万円という状況の場合、通帳残高と借入が相殺して見なされ、自己資金はゼロと判定されてしまいます。

このように債務超過(借入のほうが多い)の場合、融資審査に通過することは難しいと考えるのが無難です。まずは、返済中のお金を全て返済してから再度検討するのがよいでしょう。

まとめ

日本政策金融公庫で融資に失敗してしまう方の特徴を理解することができたでしょうか? 1つでもあてはまるものがあれば要注意ですので、借入に申し込む前に確認しておきましょう。

今回紹介した特徴に当てはまっているからといって、必ず融資を受けられないとは限りませんので、まずは一度当社株式会社SoLabo(ソラボ)にご相談ください。

株式会社SoLabo(ソラボ)が
あなたの融資をサポートします!

株式会社SoLabo(ソラボ)は
中小企業庁が認める
認定支援機関です。

これまでの融資支援実績は
4,500件以上となりました。

  • 「独立するための資金を調達したい」
  • 「金融機関から開業資金の融資を受けたい」
  • 「手元資金が足りず、資金繰りに困っている」
  • 「独立するための資金を調達したい」
  • 「金融機関から開業資金の融資を受けたい」
  • 「手元資金が足りず、資金繰りに困っている」

といったお悩みのある方は、まずは無料相談ダイヤルに
お電話ください。
融資支援の専門家が
対応させていただきます(全国対応可能)。

SoLabo(ソラボ)のできること

SoLabo(ソラボ)のできること

  • ・新規創業・開業の相談受付、融資支援業務
  • ・既存事業者の融資支援業務
    (金融機関のご提案・提出書類の作成・面談に向けたアドバイス・スケジュール調整等)
     
  • ・新規創業・開業の相談受付、融資支援業務
  •  
  • ・既存事業者の融資支援業務
    (金融機関のご提案・提出書類の作成・面談に向けたアドバイス・スケジュール調整等)

融資支援業務の料金

融資支援業務の料金

SoLabo(ソラボ)の融資支援業務は
完全成功報酬です。
融資審査に落ちた場合は、
請求いたしません。審査に通過した場合のみ、
15万円+税もしくは融資金額の3%の
いずれか高い方を
請求させていただきます。

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

日本政策金融公庫の融資に失敗する方の特徴とは?