正しく使っている?言葉の使い分け ~『創業』と『開業』の違い~

正しく使っている?言葉の使い分け ~『創業』と『開業』の違い~
株式会社SoLabo 代表取締役 田原広一
この記事の監修
株式会社SoLabo 代表取締役 / 税理士有資格者
資格の学校TACで財務諸表論の講師を5年行う。税理士事務所勤務を経て、平成23年より個人で融資サポート業務をスタート。
平成27年12月、株式会社SoLabo立ち上げ。
融資支援業務に力を注ぎ、現在では400件以上の融資支援を行っている。

『創業』や『開業』など、普段何気なく・同じような意味として会話で使っていることが多いと思います。しかし、実はそれぞれ意味が違うことはご存じでしょうか?今回は『創業』『開業』の違いを解説します!

『創業』とは…

正しく使っている?言葉の使い分け ~『創業』と『開業』の違い~

創業は、新しく事業を始めたタイミングを指します。主に「創業10周年になります」「2010年に創業しました」など、過去のことを話す場面で使用することが多いです。(「いつか創業したい」という言い方は、実はあまりよろしくはありません)

どんな形であっても『新しく事業を始めた』という事実があれば、「創業」と言うことができます。

『開業』とは…

正しく使っている?言葉の使い分け ~『創業』と『開業』の違い~

開業は、商売のような事業を個人で新しく始めることです。厳密に言うと、個人事業主が新しく事業を始める際、税務署に「個人事業の開業・廃業等届出書(開業届)」を提出すると「開業」と言うことができます。

番外編:『起業』とは

正しく使っている?言葉の使い分け ~『創業』と『開業』の違い~

起業とは、新しく事業を始めることです。「創業」と意味がとても似ていますが、「起業」は「起業することを目指しています」など、未来のことを話す場面で使用することが多いです。

まとめ

『創業』と『開業』のように似たような言葉であっても、それぞれ意味やニュアンスに微妙な違いがあります。これらの言葉を正しく使い分けると、相手にスマートな印象を与えるだけではなく、相手との意思疎通がスムーズに取ることもできます!まずは今日から、『創業』と『開業』を使い分けてみましょう!

株式会社SoLabo(ソラボ)が
あなたの融資をサポートします!

株式会社SoLabo(ソラボ)は
中小企業庁が認める
認定支援機関です。

これまでの融資支援実績は
4,500件以上となりました。

  • 「独立するための資金を調達したい」
  • 「金融機関から開業資金の融資を受けたい」
  • 「手元資金が足りず、資金繰りに困っている」
  • 「独立するための資金を調達したい」
  • 「金融機関から開業資金の融資を受けたい」
  • 「手元資金が足りず、資金繰りに困っている」

といったお悩みのある方は、まずは無料相談ダイヤルに
お電話ください。
融資支援の専門家が
対応させていただきます(全国対応可能)。

SoLabo(ソラボ)のできること

SoLabo(ソラボ)のできること

  • ・新規創業・開業の相談受付、融資支援業務
  • ・既存事業者の融資支援業務
    (金融機関のご提案・提出書類の作成・面談に向けたアドバイス・スケジュール調整等)
     
  • ・新規創業・開業の相談受付、融資支援業務
  •  
  • ・既存事業者の融資支援業務
    (金融機関のご提案・提出書類の作成・面談に向けたアドバイス・スケジュール調整等)

融資支援業務の料金

融資支援業務の料金

SoLabo(ソラボ)の融資支援業務は
完全成功報酬です。
融資審査に落ちた場合は、
請求いたしません。審査に通過した場合のみ、
15万円+税もしくは融資金額の3%の
いずれか高い方を
請求させていただきます。

サポートさせて頂いたお客様をご紹介しております

正しく使っている?言葉の使い分け ~『創業』と『開業』の違い~